FREE TRAVEL 愛用のカメラと共に

愛用のcanon達と共に旅を日本から世界へ。

#10 絶景の秘境の地下灘駅へ

将来のお金の心配しないようにちゃんとお祈りしました。

これで将来は安泰かな?

 

さあ高台から降りて行きます。

車で行く際は、ほんと気をつけてください。

なんせ急坂と道幅が狭いので。

慣れない方はちょっと厳しいかもしれないです。

ここから目指すは最高の秘境地へ!

 

実は昔から秘境地という響きも好きで、ただ一回も行ったことがなかった。

是非この機会に、有名な秘境地へ行こうと思い立った。

有名な秘境地というと、なんか秘境感があんまなさそうですが…。

 

 

秘境地までは一本道。

片側一車線の追い越し禁止エリア。なかなか過酷でした。

 

運送屋さんが法定速度を守って運転されてたので、渋滞ができてしまった。

ドライバーさんは悪くない!

悪いのはこの法定速度の遅さ!

って国に喧嘩売っちゃあかんですね。(笑)

 

かなりロングドライブになったが、ようやく目的地付近に。

ところがここで問題がまた発生…。

秘境地は目前だが、車の停める場所が見つからない。

というよりそもそも秘境地なんかに駐車場なんてあるのか?

ってあるわけないですよね。

見様見真似で、他の車に合わせて路駐しました。

この路駐がこの後ほんといい選択肢だと思うことに気づくのです。

 

少し歩きながら少しずつ登って行きます。

車が後ろからどんどんきてなかなか危ないですが、避けながら上がることに。

さあゴールは目前。

そして目に入ってきた光景がこちら。

 

f:id:shinyboy:20180307203214j:plain

 

なんということでしょう。

匠はこの人が来ないようなスペースを利用して最高の景色を最高の形で見せてくれたではないですか。

(某番組のパクリ)

 

その駅の名を....。

 

f:id:shinyboy:20180307203213j:plain

 

SHIMONADASTATION! 

 

英語で書いてみました。

私が想像していたりもはるかにきれいな景色でした。

 

 

f:id:shinyboy:20180205223319j:plain

 

そして秘境駅にもかかわらず、お盆ということでこの人だかり。

ミラーを使って全体を撮りましたが、これはほんの一部の人。

 

そして秘境感ゼロです。

秘境にこんなに人がいては秘境と呼べるのだろうか。

ふと考えてしまいました。(笑)

 

ただ景色は最高でした。

 

 

f:id:shinyboy:20180205223314j:plain

 

どんな写真も絵になるものばかり。

ちょうと女性二人組が入りいい感じの絵に。

と思いきやなんか他の人写ってますね。(笑)

 

ともあれこんな景色を見れる日本、やっぱりいい!

海外もいいけど、日本も捨てたもんじゃない。

みんなに自慢できるそんな景色がある日本でした。