FREE TRAVEL 愛用のカメラと共に

一般会社員が愛用のカメラ達と共に自由気ままな旅へ。発見、成長、感動、出会い..。

#11 日本三古泉、道後温泉へ向かう

最高の景色を目に焼き付けた。

こんな綺麗な秘境地へ来れるとは思っていなかったから。

これはみんなが来る理由がわかりました。

また訪れたいなと思わせるこの風貌は真似できません。

 

カメラを使って撮りましたが、心のカメラでもパシャり一枚取り焼き付けた。

さあ今日最後目指す道後温泉へ。

 

ここから約1時間程。

かなり疲れが溜まってきてるものの、ここも昔からずっと行きたかった場所。

飛ばして向かいます。

 

f:id:shinyboy:20180225214133j:plain

 

夕日を見ながら運転していきます。

やっぱりこの綺麗な海にこの夕日、いいマッチです。

ストレスが一気に吹き飛んでいく、それぐらい効果のある景色だなと感じました。

飛ばした効果もあり、8時過ぎぐらいに到着。

既に浴衣を着た男女であふれており、活気にあふれていた。

 

とりあえずチェックインするために駐車場を探すことに。

 

ただこんな時間のせいか、どこも割と埋まっている。

何よりも道路も広くないので、運転もぼちぼち大変。

そこで見つけたのが、「道後温泉駐車場」。

ここで面白いからくりがあり、8時半以降なら泊り料金になり駐車場が安くなると。

 

そんなこともあるんですね。

後15分ぐらい。

私が運転席にいたので、代わりに友人にチェックインしてもらうことに。

 

今回お世話になったのは、楽天トラベルにて予約した

ホテルマックスビジョン道後。

 

なんとか1室空いてて予約できたホテルでした。

何より立地がよく、道後温泉本館も歩いて3分ぐらい

好立地のところでよかった。

 

 

 

 

8時半が過ぎ、駐車場へと入れる。

荷物を降ろし、部屋へ行く。

ホテル自体は、ちょっと通常のホテルとは違う作りなものの、全然問題ない感じ。

ドアがかなり分厚い鉄の扉だったのがかなり印象的。

恐らくビジネスホテルの前はアミューズメントホテルだったのかなという感じだ。

それがどうのこうのというのは全くなかった。

 

荷物を置き、フロントにて浴衣を借りる。

浴衣の色などを選べるし、下駄も選べるので

なんかいい。

ただ無料かと思ってたらまさかの有料

これにはやられました。

 

浴衣に着替え、夜の道後へ狩り出す。

ナンパではありませんよ。(笑)

 

まずはメインのここへ。

 

f:id:shinyboy:20180205223320j:plain

 

道後温泉本館! 

 

やはり人がたくさん!

この時入湯するのに、まさかの長蛇の列ができていました。

日本人、外人入り乱れてました。 

これにはびっくり。

列もできてるし、入るのにも時間がかかりそう。

おなかも減っていたのでとりあえず居酒屋を探すことに。

 

 

  

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 

 


国内ランキング