“Tabigraph タビグラフ”

“Tabigraph タビグラフ”

旅とカメラをテーマに、会社員が世界を巡る

まるで海外感に来た気になれる「ホテル&スパアンダリゾート伊豆高原」へ実際に泊まってみた!

さあいよいよ今回の旅の目玉のホテルへ。

私がどうしてもどうしても行きたかったところだけに、かなり楽しみです。

そのホテルは....。

 

「ホテル&スパアンダリゾート伊豆高原」です。

 

 

ホテル&スパアンダリゾート伊豆高原のコンセプトは「バリ」

 

どうしていきたかったかというと、なかなか海外へ旅行が行けなかったからです。

 

そんな中で何か日本国内で、海外を感じれるところがないかと模索してたところ…。

 

 

え?なにここ!

 

 

すごい海外感がある宿を静岡県で発見。

それがこの「ホテル&スパアンダリゾート伊豆高原」でした。

 

このホテルのコンセプトは、ずばりバリ島です。

 

ホテルの外観、お部屋の中、お風呂まですべてバリをイメージとした作りになっています。

 

バリなんて愛知県から行くと、飛行機を使って最低でも3泊4日必要です。

でもここなら静岡県なので1泊2日で行けちゃう!

何て近いバリなんだ!

 

早速ホテルへチェックインからお部屋まで

 

チェックインしたのが、17時半頃。

 

本来であれば早めにホテルへ行きたかったのですが、意外にも寄り道をしてしまい遅くなってしました。

残り1台の駐車場へ車を停めて、チェックイン。

 

チェックインの際に、屋台でよく売っているラムネを頂きました。

暑いのもありましたが、こうしたきめ細やかなサービスに非常に良い印象を感じました。

久しぶりに飲むので、なんだか昔を思い出しました。

 

またちょうど泊まった日には館内でできる期間限定のイベントなどもありました。

※後ほど紹介します。

 

 

そしていよいよお待ちかねのお部屋へ。

 

 

f:id:shinyboy:20190106101928p:image

 

今回予約した部屋は訳ありで、通常のお部屋よりも少し狭め。

 

シングルルームにダブルベットが入ったお部屋です。

見た感じ全然平気!少し大きめのスーツケースなど持ってると狭いだけです。

 

そして何よりお部屋もバリ風な家具で揃えられてました。

各部屋には、外に出れるベランダもありました。

ベランダにはイスとテーブルが置いてあり、外でものんびりできます。

 

 

団欒スペースのフロント横へ遊びに行ってみた

 

とりあえずフロントから持ってきた作務衣に着替えて、フロント横にある団らんスペースへ。

 

ここには嬉しいサービスがいくつかあります。

 

 

・アイスバー無料で食べれる

 

・コーヒーベンダーの飲み物が飲める

 

・テーブルの上にあるお菓子が食べれる

 

・テーブル上のオセロができる

 

・奥のビリヤード台でビリヤードができる

 

 

非常に嬉しいサービスの数々です。

このフードサービスは、非常に宿泊者にとって嬉しい特典です。

ちょっと夕食まで小腹が空いたなってなったら、ここですこしつまめます。

 

また退屈しないように、娯楽のサービスまであります。

私もオセロとビリヤードはやりました。

 

 

その後、フロント横の団欒スペースから外にある足湯へ行ってみます。

 

 

外には、10人程度が足を入れれる足湯があります。

中にはドクターフィッシュもいて、足を入れればたちまち寄って来ます。

 

ほんとこの感触不思議で気持ちいい。

隣にいた中国人は、きゃーきゃーいってました。

 

きちんと足を入れた後のタオルなども置いてありますので、わざわざ部屋からタオルを持って来る必要はありません。

食事前にきちんと汗を流したいのもあったので、大浴場へ。

 

 

大浴場へ行ってみた

 

大浴場へ行ってみました。

 

非常にタイミングもよく、誰もいなくて貸切状態でした。

 

恐らくちょうど1部目の夕食が始まっていたからでしょうか。

もし2部の人が居ましたら、1部目夕食時間帯に行くのがオススメです。

 

 

大浴場でもちょっとしたサービスがありました。

最近一部のホテルや旅館などで見る、シャンプーが選べるサービスがありました。

5種類ほど違う銘柄のシャンプーがあり、自由に使えるという仕組みです。

 

中には自分に馴染みのあるブランドもあるので、使用する側にとってみれば嬉しいです。

 

男性風呂なので、男性専用品があります。

参考にこういったシャンプーが置かれていました。

 

 
 
 
細かなことではありますが、こうした気遣いがまた嬉しいです。
 
そんなこんなで満喫したお風呂が終わり、上がって来て早々少し運動をすることにします。
 

アクティビティが館内にある

 
大浴場を出てすぐの場所に、ダーツ1台と卓球1台があります。
 
空いていればやることができ、ちょうど開いていたので待つことなくやれました。
 
なんか卓球だけをする機会がないので、こうした機会にはなぜかしています。
 
久しぶりにやると盛り上がるものです。
案の定プレー中にボールはどっかにいきまく利です。
 
そんな時、台の下に行ってしまった時見つけたのがこの子。
 
f:id:shinyboy:20180503154728j:image
 
かえるちゃん。
 
なんでこんなところにかえると思いながら、夕食の時間が迫っていたので夕食会場へ。 
 
 

お待ちかねの夕食の時間へ

 
 
いよいよお待ちかねの食事処へ到着。
  

f:id:shinyboy:20180501075146j:image

 

今回コース料理となっておりましたが、途中でこんな炎の演出をやってくれたりと

楽しめました。

 

肝心の料理の写真は....。

 

全て撮り忘れました。

 

 

この時、お誕生日や記念日の方も多く、記念ケーキを出す場面も。

ちょっとしたサプライズにもなるので、もらった側は凄いみなさん喜んでいました。

 

非常に満喫した夕食でした

 

この1時間後ぐらいにちょうど夜食タイムがあり、それにも参加する予定でした。

 

しかし思わぬハプニングが発生。

 

夕食で飲んでいたお酒が思ってた以上に度数が強かったのです。

部屋に帰った瞬間、睡魔に襲われていつのまにか寝ておりました。

 

結果夜食タイム参加できず...。

 

非常に残念な結果に終わりました。

 

そして急に23時頃に目が覚めて、急にまたお風呂に行きたくなり貸切風呂へ行くことにします。

 

 

貸切風呂が無料で借りれる⁈

 

このホテルには貸切風呂が4箇所あります。

 

あらかじめフロントにて予約をし、鍵を借りてはいるシステムになっています。

フロントに行って聞いてみて、もし空いていれば無料で借りることができます。

 

時間は40分程ですが、貸切というのもあり非常に楽しみでした。

 

部屋からはタオルなどは持っていく必要がありますので、お忘れなく。

 

ちょうど時間帯的に良く、全部選べたので一番バリっぽい「原生林のお風呂」にしました。 

 

f:id:shinyboy:20180501075211j:image

 

こんな感じに中心にお風呂があり、外側にシャワーがあります。

 

ここも細かな演出ではありますが、バリ感を出すために目の前にかえるのオブジェが置かれています。

 

可愛らしいし細かな演出でおもてなし。

 

またここ以外の貸切露天風呂は以下があります。

 

・竹林のバリ小屋(ガゼボ)

 

・バリ風家族風呂

 

・室内に通常の貸切風呂が

※名前は忘れました。

 

名前がそれぞれありますが、ガゼボ以外忘れました。

 

 

時間制限もあるのでそれに合わせて、お風呂を出ます。

出た後、きちんとフロントへカギを返します。

 

お風呂上り後、フロント横の団欒スペースで本日4本目のアイスバーを食べます。

 

とりあえず1日目終了。

 

アンダリゾート2日目の朝

 

翌朝、昨日の酒がまだ残っていました。

その為、目覚めはイマイチです。

調子に乗ってあんなに飲むのではなかったと、朝からかなり後悔しました。

 

すごく口当たりが良い甘みのあるお酒でしたので、だいぶ油断しました。

まるでカルーアミルクの様に飲みやすかったです。

水分をしっかり取り、朝はバイキングなので朝食会場へ向かいます。

 

 

朝食会場は、昨日夕食を食べたところと一緒の場所です。

着くとすでに家族連れやカップルが沢山。

皆さん起きるの早いですね。

 

私が行ったのは8時過ぎ。

恐らく皆さん早めに食べて目的地に向かう人、館内でくつろぐなど様々でしょう。

 

私はいつもは全く朝を食べませんが、こういうホテルのバイキングとなると異常に取る習慣があります。

旅行あるあるの1つです。

 

もちろんとったのは全く残しません。

これはやはり場所の効果なのでしょうか?

 

和洋混在であり、非常に種類は豊富でした。

※例によって写真はありません。

 

食後はまた貸切風呂のガゼボへ

 

おいしいご飯を頂いた後は、また貸切風呂へ向かいます。

フロントにて課を借りて今回は、前回紹介したガゼボにします。

 

少し形の異なるこのお風呂もまた魅力の1つ。

 

夏なので朝でも全然いい感じ。風が心地よく感じます。

家ではほとんど湯船につからない私ですが、旅先になるとなぜか湯船に入る。

そして長風呂をする。

 

これ共感できる人いたら嬉しいです。

時間いっぱいまで入り、1度部屋へ帰ります。

 

館内にいるかえるちゃん探しゲームに参加

 

荷物を置き、館内散策します。

前日卓球台に下にいたかえるちゃんの写真を載せました。

 

実は館内にいたる所にいるらしく、そのかえるを探すのが今回イベント中のひとつのゲームになっています。

 

たまたま卓球をしていたら見つけたあの子を含め、どうやら5匹ほどいるらしいです。

友人と共に、館内を散策します。

 

はい、いました。

 

f:id:shinyboy:20190106111208j:image

 

あっこんなところにも。

 

f:id:shinyboy:20190106111231j:image

 

あっちょこっとおはよう。

 

f:id:shinyboy:20190106111255j:image

 

場所はその都度変わるのか、わかりません。

きちんと、かえるを探したい人はここの部分は飛ばしましょう。

 

ただどうしても1匹見つからず、ひたすら徘徊していました。

途中漫画コーナーの誘惑にも負けました。

漫画コーナーおそるべし。

 

テレビゲームの誘惑には勝てました。

 

そしてひょんなところで、最後に1匹を見つけます!

 

すべて見つけるとフロントにて粗品がもらえます。

私の時はオリジナルバッグがもらえました。

これは嬉しいし、楽しいゲームです。

 

全てのかえるを見つけていい時間になったので、チェックアウトします。

 

ただここの嬉しいことはチェックアウト後もある程度は、館内および別館にも

入れるというのが特徴です。

 

ということで昨日行ってない別館へ行ってみました。

 

別館にもアクティビティがたくさんあった

 

f:id:shinyboy:20180415173757j:plain

 

扉付近はあった飾りがかわいい。

 

「別館バトゥール」には、以下のアクティビティが館何にあります。

 

・卓球

 

・テレビゲーム(WII、アーケードゲーム)

 

 

もちろんここでも卓球をしました。

 

夜だろうと、朝だろうと楽しいものは楽しい!

テレビゲームもWiiが置いてあったので、そこはすごいと思いました。

 

館内には海の見えるチャペルもありました。

ここで挙式をあげたら記憶に残るでしょうね。

ちなみに貸切風呂の1つは、ここにあります。

 

 

f:id:shinyboy:20180415173756j:plain

 

そして外には、パターゴルフ場やバトミントンなんかもありました。

夜に雨がざっと降ったので、流石にできませんでした。

ちょうどかえるの後ろがコートです!

 

 

f:id:shinyboy:20180503151205j:plain

 

全体の景色がこんな感じです。

ハンモックもあり楽しめました。

 

 

で今度はお隣の「別館ロンボック」へ。

 

ここは室内には、漫画などが置かれている「コミックライブラリー」、「アンダピック」というアクティビティスペースもあります。

 

内容はビリヤード、アーケードゲーム、室内用ゴルフがあります。

ちょうど私が行った時には、家族連れ6人がが全部いっぺんにやってました。

 

上へ上がると展望台があり、天気がいいと星なんかも見れたりするみたいです。

 

残念ながら昨日は、雨なので全く見れませんでした。

私はちなみに見れる時間帯、爆睡でした。

 

そんなこんなでチェックアウト後も楽しめる施設でした。

何時までいていいのかどうかは正直わかりません。

念のためにスタッフさんへ確認するのはいいでしょう。

 

まとめ

 

今回泊まってみて感じたことは、ほんとに細かいところまで気を使われたホテルだなと感じました。

 

細かいところで行けば無料サービスが多い、アクティビティもたくさん、バリをイメージしたオブジェが多数。

本当にバリに来たような錯覚をする造りになっています。

 

海外行くのはちょっと時間がないな、でも少しでも海外感を味わいたい人には大変オススメできるホテルです。

ホテルからでなくても館内で食事もできるので、一日楽しめます。

 

私が宿泊予約したのは、楽天トラベル からです。

お馴染みなので、すんなりと予約ができます。

 

公式ホームページからの予約特典があるそうなので、特典がほしい場合は公式ホームページからの予約がオススメです。

 

とりあえずまた行きたい、泊まりたいと思える最高のホテルです。

 

 

   

 

 


にほんブログ村