FREE TRAVEL 愛用のカメラと共に

FREE TRAVEL 愛用のカメラと共に

会社員が愛用のカメラ達と共に自由気ままな旅へ

パスポートいらずの海外旅行へ。目指すは鳥羽水族館。

2017年2月、まだまだ寒い日が続く中私は旅に出た。

 


しかも海外へ!しかもなんと……。

 


パスポートといらずの!

 


どういうことと思われるかもしれませんが、その旅について書いて行きたいと思います。

 

スタートは2月23日。まだまだ寒い愛知です。

田原方面は菜の花が咲き誇っている時期です。

 

f:id:shinyboy:20180520142403j:image

 

※向かう道中で撮りました。

 


今回スタートは豊橋。というのも友人に車を借りれるということでそれで行くことに。

目指すは三重県の志摩市!
そして今回はパスポートいらずの海外。
普段とは違う旅の仕方をしようということで……。


フェリーを使って志摩市を目指すことにしました!

非日常を味わえるのもあります。 

 

フェリーを使用した場合高速道路を使用した場合を比較

スタートは統一して豊橋駅からゴールは鳥羽フェリーターミナルです。

 

フェリーの場合。

 

 
今回2人で、車は軽自動車ワゴンRです。
フェリー料金は、車の全長により変わります。
ワゴンR(種類により異なる場合があります)は3m以上4m以下の為、ドライバー1人と車両代含めて片道5660円。往復は10190円。
(2018年5月現在)
ドライバー以外の乗車している人は、1人片道1550円。往復は2790円。
豊橋駅から伊良湖港フェリーターミナルまでの距離は約44キロ。
リッター14キロの車としまして、約3.14ℓ消費してガソリン1ℓを144円とすると約452円になります。
今回は片道のみ使用したので、7210円+452円の合計7662円です。

 

 

 

高速道路の場合。

 


豊橋駅から鳥羽駅まで豊川インター入口から勢和多気経由で鳥羽フェリーターミナルまで行った場合、ETC料金で4150円。休日は2910円。
キロ数で204キロ。渋滞なしでおおよそ2時間50分です。
リッター14キロの車としまして、約15ℓ消費してガソリン1ℓを144とすると2160円になります。4150円+2160の合計6310円になります。

  

料金自体は高速道路の方が安いです。往復の場合はそこまで差がなくなります。
ただ最大の違いは、楽さと時間の違いになります。
高速道路経由ですと約2時間50分、フェリー経由ですとフェリー1時間、フェリーターミナルまで約1時間と約1時間ほど差が出ます。
なによりも1時間も運転しなくてもいいので、かなり楽です。
少し違った旅もしくは多少楽をしたい方にオススメです。

 

話は戻りまして、フェリーへと乗船します。


今回通常の運賃に加え、さらに非日常へということで特別室を使いました。

1人330円です。
この料金なら全然いいやと思い、使うことに。
感想は…。

下の階とは全然違いました。

 

f:id:shinyboy:20180520134806j:plain

 


それぞれのテーブルおよび椅子の間隔が広く、内装自体も高級感がありました。
なによりも人が少ないので広々と使えたこと。


あと余談ですが、インスタ映えします。
クルーズ乗ってる間は非常に出ます。(笑)


ということで揺られること1時間。
ほんとに道中揺れました。(笑)

鳥羽フェリーターミナルへ到着。

下の階にある車へ向かい車を出します。

すぐ隣に鳥羽水族館があるということでせっかくなので行くことに!

 

入場料は、大人2500円、小中学生1250円、3歳以上630円になります。
結構高いです。(笑)
私もびっくりしました。
年間パスポートは、大人6200円、小中学生3100円、3歳以上1550円になります。
複数回来れるならどこもそうですが、パスポートがおすすめ!

 

入場します。

 

f:id:shinyboy:20180520140302j:plain

 

とぼけ顔が可愛い。

 

f:id:shinyboy:20180520140317j:plain

 

小顔で可愛い。

 

f:id:shinyboy:20180520140351j:plain

 

そんなに同じところに入らなくてもいいのに。

 

 

f:id:shinyboy:20180520140407j:plain

 

ぐっすりお休みの2匹。

 

 愉快な動物たちを見れて心が癒されます。

 

12ゾーンに分かれており、ゾーンに合わせてその地域の動物がいます。

まあなんせ広いし、たくさんいるので半日は余裕でつぶせるぐらい広いです。

詳しい内容は公式ホームページへ。

 

www.aquarium.co.jp

 

 

 そんなこんなで、大変楽しめました。

さあ次は向かうは大本命の場所へ。

 

☆今回の気づき☆

・フェリーは快適+楽しい!非日常が味わえます。

・鳥羽水族館入場料は高いが、それ以上に魅力あり(触れ合えたり複数の動物の食事タイムがみれる)

 

  

 

   

 

 


にほんブログ村