“Tabigraph タビグラフ”

“Tabigraph タビグラフ”

旅とカメラをテーマに、会社員が世界を巡る

出国による税金徴収について考える

いつもの旅先の情報とは別枠として旅に関する、近頃感じる変化を触れる回。

 

第2弾は「近頃感じる変化 出国による税金徴収」です。


2019年1月7日から開始の「国際観光旅客税」が施行されることがもう決定していることはご存知でしょうか。


日本から海外へ出国する際に、以前は飛行機代空港使用料燃料費チャージ等しかかかりませんでした。

しかし来年よりそれに加えて、出国に対する税金がとられるようになります。

政府は、この税金を観光関連の政策に使っていくと述べている。


具体的には出入国の手続きの円滑化海外の方を誘致するための宣伝強化地域観光資源の設備などなど掲げています。

しかし果たしてまずあげたものに対して、ちゃんと使われるのか私は疑問を感じます。

観光とは話が逸れてしまうが、現状の政府の税金の使い方はあまりにもずさんなことは最近のニュースを見て感じている人は多いはずです。


今回の案もかなりのスピード決着で可決されたそうです。

政府の考えからすれば、これだけ海外から観光客が来て日本人も海外へ旅行へ行く人が増えているのならば、取れる税はなんでもとってしまおうなんていう甘い考え方ではないでしょうか。

実際きちんと掲げたことに使ってもらうには、なんも問題もありません。

不満を言う方もほとんどいないはずです。

もちろん海外の方にも配慮して、24時間以内の乗り継ぎ等には税はかからないらしいです。

当たり前といってしまえば当たり前かもしれません。

ただ今回の税金徴収に伴い、日本人が海外に行かなくなってしまう可能性も少なからず出てくるのではないかと。

そんな小さな考えの人なら海外へ行くはずがないっと考える人もいます。

でも以前はかからなかったものに対して税金がかかるとなると、意外にも躊躇するものです。

額は大きくなりますが、消費税の増税の時と同じ感覚に陥ります

現在出国による税金を徴収している外国は、お隣の韓国が出国納付金として航空機利用の場合1000円。

オーストラリアは、航空機や船で出国する場合5000円徴収しているそうです。

これもまた初めて知りましたが、物価の高いオーストラリアがそこまで取るのは、なかなかなものだなと感心してしまいました。

1回につき1人1000円。

年間通してみれば、何百億の大金がこの出国税で徴収できるはずです。

それを果たしてきちんと使ってくれるのか、今後の課題となってくるでしょう。


私の考えとしては、玄関口でもある空港の設備強化が第一優先だと考えています。

現段階でよく海外より利用されているのは、新千歳空港羽田空港成田空港中部国際空港関西空港福岡空港

ここの玄関口を強化するとともに、進め次第今度は地方空港の強化が必要です。

主要な空港だけでは、今後賄えきれないことが予想されます。

 

政府の掲げている手続きの簡略化もそうですが、飛行機自体の離着陸数増加などもおいおい必要なってくるでしょう。

その為にはターミナルを増やしたり、滑走路を増やしたりが必要です。


後は各観光地の整備ですが、捉え方によってはし過ぎてしまい景観を損ねたり、地元民の混乱なども懸念されます。

ウェルカムな地域はいいですが、地元民がそこまで誘致に対して賛成ではないところはあまり手を加えすぎるのはよくないでしょう。

いずれにしても課題は山積みであると思うので、徴収するはいいです。

後は具体的な使い道をさらに選定して行く必要があると考えています。

 

また来年以降が見ものです。

 

https://www.instagram.com/p/BkO8wS-gCjn/

バンコク名物の渋滞。でもこう見ると綺麗ですね。客室からの風景。#タイ #バンコク #bangkok #旅 #観光 #旅男 #タビオ #iphone7 #ブログ #旅好きな人と繋がりたい #フォロー募集 #道路 #渋滞 #夕焼け #tailand #aetaslumpini l #ブログも見てね

 

   

 

 


にほんブログ村