FREE TRAVEL 愛用のカメラと共に

一般会社員が愛用のカメラ達と共に自由気ままな旅へ。発見、成長、感動、出会い..。

#2 DAY2 輝くワットプラケオへ

2日目の朝を迎えます。

 

朝食は付いているプランだったため、4人で朝食会場にて食事します。

 

バイキングスタイルになっており、タイ料理をはじめ、洋食、また一部和食もありました。

和食といってもちょっと笑ってしまうような料理ですが。

 

で朝食会場をぐるっと見ていると、もちろん外人もいますがどうやら日本人の方も泊まっているみたいです。

割と年輩の方なんですが、なぜかテーブルに若い女性も一緒に。

なんでなんだろう、どうしてだろうと思っておりましたが、この訳はこの日の夜に知る事になりました。

 

朝食後、部屋で少しゆっくりし行先を決めます。

タイで有名な観光地と言えば、寺院です。

そして日本にない金ぴかの大仏であったり派手な装飾の寺が市内にいくつかあります。

せっかく来たのでそれぞれの寺院巡りをすることにします。

タイで有名な寺院は、ワットポー、ワットアルン、ワットプラケオです。

よくガイドブックでは載っているいわゆる御三家のような存在です。

 

でまたいいことにこの三か所はかなり近い距離にあります。

川をまたいでおりますがものの数分で行き来できます。

という事で向かう事に。

 

サパーンタクシーン駅まで電車で向かいます。

 

ここから御三家に向かうフェリー乗り場があります。

 

フェリーに乗り、寺院へ向かいます。

 

フェリー乗り場まで行く方が必ずいるので、そこまでフェリー乗り場まで行く道中は困らないです。

 

フェリーはそれぞれ止まる停留所が異なる船が複数あり、間違えて乗ってしまうと目的地へ行けないことも。

きちんと行く先を確認し、不安であれば乗務員の人に伝えれば降りる場所を伝えてくれることもあります。

 

お目当てのフェリーへ乗り込むと、降りる場所まで船旅。

f:id:shinyboy:20180704213631j:plain

 

こんな感じで人は割と乗っています。

満員電車よりは気分的に開放感があるのでましですね。

 

ただ肝心の川を見ると......。

 

f:id:shinyboy:20180630130426j:plain

 

汚い!!!

※これは後程乗る船からの写真。同じ川なので汚さは変わらず。

 

こんな中に飛び込んだら大変なことになるでしょうね。

後物を落とした瞬間にアウトですね(笑)

 

割と利用するお客さんも多く、その理由として渋滞などがないので割とスムーズに船が来ます。

 

後は料金も安いのでそこが人気の一つ!

 

フェリー乗り場付近にある観光名所も多く、御三家以外にもここ数年で出来たアジアティークリバーフロントという複合施設なんかもあります。

 

とりえあずワットプラケオ周辺の乗り場に来たところで下船し歩きへ変更。

 

さあ向かいますが、建物が見えているのになかなか中に入れない…。

 

入口はどこにあるんだろうと歩いてたところに、蛇を持った男性が路上に立っておりました。

 

友人は話しかけられ、男性にやられるがままに蛇を首に巻きつけられます。

 

なかなかない体験なので、みんなで写真を撮ってあげます。

 

で蛇を首から降ろしてもらい去ろうとすると、なぜかチップを要求される友人。

 

いわゆる観光客を相手に商売をする男性だったみたいです。

 

しっかり200バーツ程とられてました。

 

初めて行かれる方は、この辺は気を付けられた方がいいかもしれません。

いくら微笑みの国でも、日本とは勝手が違います。

稼げるところは、とことん稼いぐ人々です

ある意味日本人も見習って欲しいところはあるかも。

 

そしてまた歩き始めますが、歩けど全然入口が見つからず。

 

でまた路上で今度はリスが気に入るのを発見。

隣に男性がいるのでおそらく飼い主ではないかと思います。

これも先程のように撮らせるだけとらせて金をとるのではないかと思っておりましたが、まさかのお金は取られませんでした。

 

たぶん自分のリスの自慢?をしたいだけなのではないかと思いました。

ただこの飼い主のおかげで、今までの中で最高に一枚を撮る事が出来ました。

 

f:id:shinyboy:20180630122958j:plain

※これは最高の写真ではありません。(笑)

 

 

 

 

 

そうこうしているとようやく入口を発見。

 

かれこれ20分以上歩きましたが、何とか到着。

 

なぜか無料という意識(日本の神社は参拝の時のみお金を出すから)のあった4人ですが、

きっちりお金は取られました。500バーツ。

 

さあいよいよご対面。

 

f:id:shinyboy:20180630123000j:plain

 

まぶしい!派手!金!

 

日本では考えられないような雰囲気。あたりの建物や置物の大半が金色。

 

こんなにも派手でいいのかといわんばかりの色合いでした。

 

みんなで王宮内のいたるところで写真を撮ります。

 

f:id:shinyboy:20180630122959j:plain

 

もちろん観光客にお願いをして4人の写真も撮ってもらいました。

 

f:id:shinyboy:20180701143200j:plain

 

どこをどう撮ってもほんと綺麗。

絵になります。

 

ただいろんなところに行くのはいいですが、灼熱の太陽に照らされるところばかり。

日陰は同じような考えの人達で埋まってました。

さすがにこんなところに1時間以上いたら干上がってしまいますね。

干物の出来上がりなんてのは避けたいです。

 


給水ポイント的な場所もあり、ペットボトルがあればそこにお水を入れれるような場所になっております。

もちろんそこも取り合いですが。(笑)

 

寺院内の一角にカンボジアの象徴が。

 

f:id:shinyboy:20180701143159j:plain

 

アンコールワット。

 

いくら近いとはいえ、違う国の物を置いていいものか....。(笑)

 

と思って後で調べると、実は昔タイの支配下にあったんだと!

意外な歴史でした。

 

とにかく一番人が多いところなので、すりやひったくりは要注意!

 

ワットプラケオの敷地から出ると、大きな建物が。

 

f:id:shinyboy:20180630123001j:plain

 

どうやら宮殿みたいです。

でもほんと立派。なんとなく入場料の高さがわかりました。

 

これが王宮外からの景色。

 

f:id:shinyboy:20180701143201j:plain

 

存在感がすごいですね。

タイでも1番の観光地なのでにぎわいも半端ないですね。

団体のツアーなんかもひっきりなしに来てました。

タイに来るならここは絶対寄りましょう!

 

 

  

 

travelphotolover.hatenablog.com

 

 

   

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村