FREE TRAVEL 愛用のカメラと共に

FREE TRAVEL 愛用のカメラと共に

会社員が愛用のカメラ達と共に自由気ままな旅へ

バンコクの飲み屋街は日本とは比べ物にならなかった。

友人の一言から始まった。

 

「せっかくなら昨日見たあの通り行ってみる?」

 

この夜はまだまだ長くなることに。

 

一行は露店散策の流れでナナ駅付近にあるゴーゴーバーへと向かう。

 

ここは東京で言う歌舞伎町、名古屋で言う錦、博多で言う中洲のような感じの通りがある。

似たような感じだが、店が両サイドに並んでおり店自体が充実した通りでもある。

 カオサン通りと似ていてある意味、国際交流ができる通りでもある。

 

その理由として、白人、黒人、アジア人様々な国の人がこの通りに訪れるからだ。

 

もちろん日本人の客もたくさんいる。日本人しかいないような店もちらほらあるらしい。

 

どうやら日本の企業で、リタイアされた方はここを目的に来る人が多い。

※後程ホテルにて遭遇する日本人観光客の人からの情報。

 

いよいよその通りに。

 

写真撮影や動画撮影は、禁止ということで写真はこれだけです。

通りに入る前の写真。

 

f:id:shinyboy:20180719083526j:image

 

とりあえず通りを進んで行くと、両サイドに店が出てくる。

そして店の前にはたくさんの女性が立っている。

皆さん派手な服装をしてらっしゃること。

 

歩いていますと急に女性店員に絡まれる。

私にいたっては腕を掴まれるほど。


いい鴨が来たと思ったのでしょうか、めちゃくちゃ掴まれる。


友人の1人も抱きつかれる状況に。
あとの2人はなぜか店の中へと消えて行く。


えっどういうこと。

 

なぜこんなことに?


なんで俺らをおいて行くのー。


よくわからず4人がバラバラになることに。

以降は皆がホテルに帰った後それぞれの内容を聞いた。

 

結局バラバラになり、店に消えて行った2人は、店に入り飲んでいたという。

しかし飲んでいると、1人がチップ攻めにあってしまったようだ。

それがエスカレートしていき、しまいには財布の中身がほとんど空っぽ状態になってしまったという。

馬鹿正直だった故に起こってしまった出来事だ。

その話を聞いて散々その友人に怒った記憶はある。

 

その時に言うったのは、あえて財布からお金を抜き取ってどこか靴下なりポケットの中なりにしまい、お金がないことをアピールすればチップ攻めはま逃れたかもしれない。

 

もう1人は店内で飲んだが、チップ攻めには合わなかったようだ。

 

そんなこんなでなんだかんだ悲惨な夜になってしまった。

友人の1人は財布がすっからかんの状態だ。

 

そして内容につきましては…。

 

ご想像にお任せ致します。

 

バンコクの夜は、ある意味凄いのその一言に尽きます。

 

 

 

   

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村