FREE TRAVEL 愛用のカメラと共に

一般会社員が愛用のカメラ達と共に自由気ままな旅へ。発見、成長、感動、出会い..。

#9 DAY3 ホテルの朝食、行き先決め

地獄の夜から一夜明けた3日目の朝。

 

清々しい気持ちと太陽に照らされながら起きる。

バンコクは何か起きる国。

4人はそれを感じていた。

 

朝食会場にはまた若い女性とおじさんのペア。

もうお馴染みの光景で理由がわかったのでなんも驚かない。

 

今朝はこんな感じ。

f:id:shinyboy:20180717202648j:image

 

お味噌的なもの、チャーハン的なもの、目玉焼き、ベーコン、甘い系のパン、パンケーキだ。

 

無茶苦茶な組み合わせ。(笑)

 

でもこういうの好きなんです。

ホテルの朝食がバイキングだと好きなものを好きなだけ載せれるからいろいろ食べたくなる。

これは日本も変わりありません。

でもこの偏り…。

 

ひどいです。(笑)

そして盛り付けがさらにひどい。

甘いものと主食が同じプレート。

 

朝食後今日何をするか決めることに。

しかし2人は既に眠気にやられており、部屋でぐったり。

仕方ないので私ともう1人でホテル内にあるプールでゆっくりすることに。


f:id:shinyboy:20180717202640j:image

 

こじんまりとしたプール。

衛生的に大丈夫なのかわからず、中に入ることはやめて…。


f:id:shinyboy:20180717202644j:image

 

プールサイドにある椅子に寝そべることに。

朝日に照らされながらゆっくりするのはとても気持ちいいこと。

だらだら過ごしておりました。

※iphoneって意外と写真撮れる。(笑)

 

しかし!私はどちらかといえば動きたい方!

ということで友人を引き連れてホテル周辺を散策することに。

 

と言って外を出て見たものの、大通りに出ずに他の場所を回るも周りに何もない。(笑)

むしろどんどんローカルな感じになっていく。

 

ということでホテルへ帰還。

 

すると2人もようやく動き出していた。

ここで今日何をするか再度検討することに。

既に市内の主要な寺院などは済ませている為、正直市内でやることを限られる。

 

でネットを見ていると市外に出た場所に仏像や寺院的なものがあるではないですか!

しかも像なんかに乗れたりも

 

 

そこの地名はアユタヤ

 

 

遺跡などで有名な地域で観光スポットの1つである。

バンコクからは車で約2時間で着く距離にある。

ちょうど名古屋から下呂温泉に行くぐらいの距離感覚。

※ローカルネタですみません。

 

そこまで行く方法は3つ程ある。

 

①電車で行く。

 

②タクシーで行く。

 

③ツアーに予約していく。

 

①電車の場合格安でどうやら行けるみたいだが、そもそも乗り場を知らない。

後その電車で遺跡周辺まで行けるか怪しい。

時間的にもかなりかかるという情報は手に入った。

後電車の椅子が固いということ。(笑)

 

②タクシーの場合は2時間ちょいというのは調べててわかり、値段は不明。

だが目的地まで乗っていれば着くという利点はある。

 

③最後にツアーはそもそも当日に予約できるのか不明だが、何人かで乗り合わせてバンで行くようなタイプ。

それをどこに頼めばいいかも定かではない。

 

さあどれにしよう。

 

この状況でどうやって行く。

 

とりあえずホテルの外へ出ることに。