FREE TRAVEL 愛用のカメラと共に

一般会社員が愛用のカメラ達と共に自由気ままな旅へ。発見、成長、感動、出会い..。

マカオと言えばカジノ!初心者のためのカジノ徹底解説!基礎的なことからルールまで

これまでにマカオの魅力をいくつか紹介してきました。

世界遺産全制覇、マカオグルメ、ホテルリスボアの部屋の魅力。

さあいよいよお待ちかね、一番有名にして一番これを目的としている、

「カジノ」の紹介です。

 

f:id:shinyboy:20180902112839j:plain

 

カジノといえば昔は「ラスベガス」のイメージが大きかったですが、今ではラスベガスは過去の栄光。

最先端で一番盛り上がっているのはここ「マカオ」です。

数年前から外資系の企業が集まりだし、結果的にあっという間にトップに躍り出たようです。

そんなマカオに来たら行くしかありませんよね、カジノ。

そこで今日は初心者の目線で、初めてのカジノを楽しむための基礎的な事を紹介していきます。

 

マカオカジノへ来るなら事前はこれだけは必ずチェック

 


●マカオのカジノは24時間営業。

マカオのほとんどのホテルに併設されているカジノ。

営業時間はと言いますと、24時間ずっと空いています。

なので時間を気にせず思う存分、好きなだけ遊べるというのが特徴。
入場料などは一切かからず、見学するだけもOK。

雰囲気だけ味わいたいというのも大丈夫です。


●カジノへは各フェリーターミナル及びタクシーで。

私がホテルリスボアへ来たシャトルバスなどは、各フェリーターミナルから出ております。

これらをうまく使えば観光なんかもできます。

もちろん各ホテル行のバスがあるので、バスは間違えないようにしましょう。

わからない方は聞くかもしくはタクシーで行くという方法もあります。


●ドレスコードは特になし!

海外に行くとドレスコードが設けられており、ラフな格好での入場が断られる場合もあります。

ただカジノでは厳密には、そういうのは設けられておりません。

サングラスや帽子など着用で入場は断られるケースがありますが、短パンやサンダル履きで入れます。

※場合によっては止められるかもしれませんが...。

ただカジノ内は大変空調が効いておりますので、寒くないよう防寒具は用意された方がおすすめです。

勝負に熱くなると暑いかもしれませんが、財布がさみしくなると余計寒さを感じるかも...。


●21歳未満はカジノへ入場できません。

ルール上は21歳未満が入場禁止です。

ですが緩いところも中にはあります。

場所によっては必ずパスポートを提示が求められるところもあります。

その為カジノをする際はパスポートを用意したうえで行かれることをお勧めします。

もし求められなければ、今後そこに行く際は不要かもしれません。

後は容姿が若い方は年齢が行っていても提示を求まられる場合がございます。

拒否せずきちんと見せましょう。


●カジノ内の写真撮影は禁止。

スマホなどをはじめ、小型カメラなどは持って入場はできますが写真撮影は禁止です。

外から見て明らかにわかるような一眼レフカメラや三脚などは持ったまま入場を断られるケースがあります。その場合はクロークに預けましょう。

また盛り上がってしまい、つい写真を撮りたくなるケースもありますが注意に来ることがあり最悪の場合追い出されますので撮らないようにしましょう。

 

ここまでが基礎的な知識になります。

 

ではいよいよここからはカジノのやり方をひとつひとつ紹介していきます。

 

カジノをはじめる方法

 
1.ゲームを始める前にお金がなければ始まらない!なければ両替!

カジノのフロア内に両替所があるので、そこで香港ドルに両替してください。

クレジットカードでキャッシングできるカジノもありますが、初心者はまず現金を両替することをお勧めします。

使った日本の額を明確になるためです。

 

2.同じゲームでもテーブルによって、ミニマムベッド(最低賭け金)が全く違います。

各テーブルにはボードにミニマムベッド(MIN)の金額が書かれております。

そこに書かれた金額以上を1回の賭けに出さなくてはいけません。

そこの金額は安いものは、100香港ドルから高いものだと1000香港ドルまであります。

くれぐれも間違えないようにしましょう。


3.やりたいゲームが決まったらそこへ座りましょう!

色々なゲームがカジノには存在しますが、その中で初心者でも簡単にできるゲームで行きますと「ルーレット」が代表格です。

きちんとミニマムベッドを確認した上で座ります。

テーブルに座り(立ちの場合もあり)ましたら、香港ドルをゲームテーブルでディーラー(ゲーム進行役)に渡し、チップ(ゲーム専用のコイン)に替えてもらいます。

現金を渡す際は、直接渡すのではなくテーブルの上に置いてやり取りを行います

日本人からすると少し失礼な感じはするかもしれませんが、それがカジノのルールです。

チップは現金と同じですので、紛失とか壊したりとか取扱には十分注意しましょう。

ちなみにディーラーが就くゲーム以外にも、スロットマシンやゲームセンター感覚の電子ゲームなどもありますがそちらは現金をそのまま使うことができます。


4.いざゲームに参加。交換したコインでベッド!

交換をしましたらいざゲームへ参加。

好きな所へベッドします。ルーレットで行けば、「赤」「黒」など好きなところを選びます。

一度、チップをテーブルに置いてベッドしましたら、自分のチップであっても絶対触ってはいけません。

またディーラーから「No More Bet(ノーモアベット)」と言われましたら、そこでベットもできなくなります。

なので慎重に自分が賭けるところを選びましょう。

 

 

5.ゲームに勝てばそれに応じて掛け金がもらえます。

見事ゲームに勝ちましたら、賭けた金額×倍率分の額がチップで返ってきます。

 

万が一自分が賭けた場所に他の人も賭けている人が多い場合、自分の賭けた場所や金額をよく覚えておきましょう。

もしかしたらディーラーが誰が賭けたチップなのかを忘れたり、計算を間違えして少ない額で渡してくる場合があります。


6.ゲームが終わったら、残ったチップをキャッシャーへ。

ゲームをある程度し持って行き、現金化します。

キャッシャー(Cashier)と呼ばれるところがあります。

渡すことによって香港ドルへ変えてくれます。

また先程あげましたスロットマシンなどをはじめとする電子ゲームの類のものは、ゲームをやめる際は、「Cash Out」というボタンを押すことによってゲームをやめることができます。

その際にレシートが印刷され出てくるので、それを同じキャッシャーもしくはATMのような機械のマシンに読み取らせることによって現金化できます。

 

※番外編 各カジノにてメンバーズカードを作ることができる。

初心者にはそこまで関係がありませんが、そのカジノで使用した金額に応じてポイントが貯まるメンバーカードがあります。

カードはカスタマーサービスセンターでパスポートを提示するだけで、すぐに作れます。

ポイントはギフトグッズに交換できたりレストランでの会計に使えたりします。

初心者ですとそこまでお金を使わないと思うので、あまり気にせずカジノをしましょう。

 

最後になりますがゲームが白熱するケースもあります。

その際は我を忘れずきちんと身の回り品には注意しましょう。

そういった人型を狙うグループもいるみたいです。

 

後は単純にですがお金の使いすぎには注意してください。

 

 

 さらなる自由な旅へ。

  

 

 

www.travelphotolover.com

 

 


旅行・観光ランキング

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村