“Tabigraph タビグラフ”

“Tabigraph タビグラフ”

カメラを持って世界を巡る会社員

高知で是非行って欲しい郷土料理を食べれる居酒屋を紹介

スポンサーリンク

有名な橋でいろんな写真を撮っていると、太陽もだいぶ傾いてきた。
もうぼちぼち宿へ向かわないと道中暗くなり運転に支障が出るため、佐田沈下橋を後にする。
時間は17時前。ここから怒涛の運転が続きます。

 

本日の宿までドライブ

地図

だいたい2時間半。もうこの距離見てもなんとも思わなくなってきてしまいました。

 

夜になりますと道中の道路も街灯も少なく、周りもあまり見えない状況です。
なんせ夜になると周りに人気がなくなり、車のみが走っているだけです。
交代しながら、ようやく高知市内へ入ることができました。

高知市内に入ると活気があった

街中へ入ると先ほどの静かさが一変、何か活気を感じるようになってきた。
そこで思ったことは2つ。

 

人もいる!街灯ある!

 

こんなことを思ってしまいました。
それぐらいで感動してしまうぐらい、道中は何もなく寂しかったです。

だが人がやけに多く感じる。
いくら市内とはいえ、時間にして20時近い。
高知県でこんなに集まるとは思えない。
※余計なお世話だ。

そう思ってネットで調べましたらどうやらその日は「第64回よさこい祭り」が開催されていました。
ただ残念ながら19時50分頃だったので、もう閉会式的なことをやっておりました。
 ※20時に終了予定。

どうせ高知市内に来るならちょっと見てみたかったなと、少し後悔するのでした。
でも祭りの後というのもあり、お祭りの恰好の人が多いので少し雰囲気には浸れました。
そのまま車でお目当てのごはん屋へ向かいます。 

高知の郷土料理を食す、「居酒屋 大黒堂」

 

本日の夕食は、「居酒屋 大黒堂」さんでお世話になります。

 

大黒堂

食べログ 大黒堂

 

ネットで調べていて高知の郷土料理がここで食べれるというのを見つけたため、今回訪れました。
予約などは全くして今ませんでしたが、何とか入店することができました。

 

2階に案内されますと、掘りごたつ式のテーブルが4か所。
こじんまりとしたスペースではありますが、なかなか雰囲気はよし。
庶民的な感じがみんなが入りやすい感じがします。

 

早速注文!
気さくな店員さんにこちらのお店のおすすめを紹介してもらい、それらを注文します。そして出てきた料理がこちらです。 

カツオの刺身

カツオの刺身!
一般的に食べれるカツオはほとんどがたたきです。
といいますのも鮮度が問題でたたきにしないと傷んでしまうそうです。
それなので刺身は、大変貴重な食品でもあります。

うつぼのから揚げ

うつぼのから揚げ!
まず居酒屋であまり出てこない料理です。
食べたいと思ってもメニューで見ることが少ないですが、ここでは食べることができます。 

よく「よゐこの濱口」さんが無人島生活でうつぼを素焼きにしています。
こちらはきちんと料理された状態なので、安心して食べることができます。 
味は逸品です。

ハマグリの塩焼き

ハマグリの塩焼き!
ハマグリも食べることができますが、ここまで大きなハマグリはあまり見かけたことがありません。
迫力のあまりびっくりしてしまいました。
ただ問題はこの貝殻が全く開かなかったのです。 

そこで店員さんにハマグリは開けてもらい、開けれないことをお姉さんに注意される。
 

「男の子なんだからこれぐらいやってよ!」


あっなんかすみませんと思いながら話していましたら、まさかの出身大学が同じだったのです。
偶然中の偶然です。
全く近くもない県でこうやって同じ大学出身の人と巡り合うのは、何か貴重な縁だなと感じました。

 

大先輩にハマグリを開けてもらう。大変光栄でした。

実際このお店はどの商品もお手頃で、入りやすい価格帯です。
ただ実際の価格は全て忘れてしまいました。
実際行ってみて確かめてみてください。
美味しいご飯も頂き、店員さんとも仲良くなったところでお店を出ます。

本日の宿、「ビジネスホテル空港」へ

時間は20時を過ぎるところです。
ぼちぼち宿へチェックインしなくてはいけない時間なので移動していきます。


今回楽天トラベル にて予約しました「ビジネスホテル空港」にお世話になりました。
価格もお値打ちで、なおかつ桂浜へもとても近いです。
車で約30分で着きます。
お盆期間中ではありましたが、なんとなんと2人で8300円です。
とてもお値打ちに泊まることができました。

 

お部屋の中&ホテル周辺を紹介

フロントにてチェックイン後、部屋へ。
お部屋のタイプは、和室で2人分布団を引いて寝るとわりとぎちぎち。
少し手ざまではありますが、寝るだけなら十分な感じです。
周辺にはコンビニや牛丼チェーン店すき家がありましたが、居酒屋などはありません。

 

少し先程のお店で飲み足りないということもあり、せっかくなので来るまで2軒目に向かいます。
ネットで調べていますと、車で走らせたら行ける距離にあります。
友人に来るまでを出してもらい向かうことに。 

2軒目の居酒屋「八剣伝 南国大みね店」へ行ってみた

八剣伝 南国大そね店
〒783-0004 高知県南国市大そね甲1483-3 マイプラザビル1F

入店すると、地元の人であろう人達でかなり賑わっていました。
座席案内されるまでにそこそこ待たされてから、座席に案内されます。

どうやら心の医療所マルシェグループの一つの居酒屋展開みたいです。
チェーン居酒屋ですが、多少高知の郷土料理も置かれています。

とりあえず飲み物と頼んだ料理がこれ。 

カツオのたたき

カツオのたたき!
魚は海沿いで食べるとやはりおいしいです。
串焼きがメインの店の為、串焼きも少し頼みます。
朝の2時までやっているせいか時間が経とうと、お客さんの数も減りません。 

あまり周辺になかったので、集中しているのでしょうか。
ここもおいしく堪能ができました。
さあホテルへ戻り、明日へ備えます。

 

まとめ

高知市内で飲み歩きをするなら、早めの時間からスタートすることをオススメします。
場所によっては早めに店を閉めてしまうことがあるからです。
チェーン店なら相手いるかもしれませんが、せっかくなら地元の居酒屋を行ってみてみたいですよね

 

もし居酒屋巡りされるならぜひ「居酒屋 大黒堂」へ行かれてはいかがでしょうか。ここなら間違いなく高知料理を堪能できます。
何よりもアットホームな感じがまたいいです。