“Tabigraph タビグラフ”

“Tabigraph タビグラフ”

旅とカメラをテーマに、会社員が世界を巡る

時代の改革者、坂本龍馬の銅像がある桂浜へ。想像以上の光景に驚き。

さあいよいよ四国一周の旅を最終日を迎えました。

 
本日の目的地、桂浜へ。
 

 

坂本龍馬が見つける海を見に行ってみた

 
10時前にチェックアウトし、桂浜へと向かいます。
ホテルからは約30分ほどで行ける距離です。
 
今日はたまたまAUの三太郎の日と被っており、ミスドのドーナッツが3つもらえる特典がありました。
愛知のようにどこでもあるかと思っておりましたが、意外に見つからず。
ということでこの日は断念することにします。
 
 
10時20分頃、桂浜の駐車場へ到着。
もう既に車が結構停まっており、ちょっと遠くに停めることになりました。
 
(11時半頃にここを出ましたが、駐車するのに長蛇の列でした。早めに来ることをお勧めします。)
 
桂浜は中学校の教科書で見たことあり坂本龍馬の銅像があることは知っていましたが、正直それ以外何があるか知りません。
ある意味未知で楽しみです。
 

桂浜はどんなところ?何があるの?

桂浜は、高知県高知市浦戸に位置し高知県を代表とする景勝地の1つとして有名です。
 
 
桂浜には、これから見に行く「坂本龍馬の銅像」、「桂浜水族館」、「高知県立坂本龍馬記念館」があります。
 
 
 

坂本龍馬の銅像に会ってみた

 
銅像は駐車場から海沿いに向かって歩いて行きます。
約5分から10分ぐらいかかったでしょうか。
いよいよ坂本竜馬とご対面。
 
 

f:id:shinyboy:20180205230158j:plain

 
思っている以上に、銅像が大きい!
 
そして想定以上に坂本龍馬の銅像が土台の高い上に立っていること。
これには写真を撮るのも一苦労でした。
ちょうど旅行会社のガイドも同じタイミングにあったので、混んでいましたが王道スポットのため人は常時います。
 
その後銅像が置かれている桂浜公園を散策します。
 
 

f:id:shinyboy:20180205230208j:plain

 
高知県から見る海はとても綺麗です。
 
綺麗だからどうしても海に入りたくなりますが、この桂浜の海は潮流がとても速いため遊泳が禁止されています。
連休中ということもあり、警備員が立ちメガホンで立ち入り禁止をひたすら言っておりました。
 
波にさわられたら一瞬で沖に流されるのだと思うと怖いなと感じました。
死にたくないなら絶対近づかないほうがよさそうです。
 
砂浜を経由していくと、桂浜水族館が見えてきます。
唐突に水族館が出てくるので、あまりなじみがありませんが、おもしろいですね。
 
アシカの声が聞こえてきて、行こうか迷ったけど時間がないので今回はパスします。
ゆっくりとするには、ほんといい場所です。
 すがすがしい気分にもなります。
 
その後絶景を見に「竜頭岬」へ行きます。
場所は水族館を右手に見て過ぎていく先にあります。
 
ここから桂浜全体と太平洋を見渡すことができます。
 

f:id:shinyboy:20181208151634j:plain

いかがでしょうか。
天気にも左右されますが、絶景を堪能することができます。
行くならここも寄られると桂浜制覇をできます。
 
多くの観光客が行きますので、行き忘れということはないかと思います。
忘れてしまう前に最初に訪れるのがベストです。
 

桂浜で食事をしてみた

 
朝ご飯も食べていなかったので、早めではありますがお昼ごはんにすることします。
今回お世話になったのはこちらの「加茂屋」さんです。
 

加茂屋

加茂屋

 
既にお客さんもいて、学生さんグループは昼飲み、カップルを食事をしておりました。
昼飲みしたいけど、さすがに昨日友人に運転をお願いしたので今回は断念です。
 
そして私が注文したのがこちらの料理です。
 

f:id:shinyboy:20180324133243j:plain

 
クジラのたたき定食!
 
クジラの刺身なんか食べれるのは、高知ぐらいしかありません。
元々クジラは捕食が制限されているのもあり、なかなか食べれない状況です。
ひと昔日本が取りすぎたってもの関係があるみたいです。
 
実際食べてみます。
 
うまい!まじでおいしい!
 
癖もなく非常に食べやすい味わいです。
魚好きの人なら間違いなく美味しく食べれるでしょう。
 
ちなみに友人はこちらの料理を注文。
 
 
f:id:shinyboy:20180325164534j:image
 
 クジラうどん! 
 
これも迷いましたが、自分は定食で正解でした。
ボリュームを求められるなら定食がベストです。
 
ただうどんもおいしそうだったので、両方頼んでシェアするのがいいかもしれません。
 
定食を完食して、お店を出る。
 せっかくここまで来たので、お土産を見ることにします。
 
桂浜土佐闘犬センター(現 龍馬の浜茶屋)のお土産さんに向かいます。
 
この周辺にあるお土産屋の中だと一番店舗としても広いので、こちらで買うのがベストです。
店内は数多くのお土産があり、見やすい造りになっています。
一番広い店舗なので、人も一番の多くレジが混み合っています。
 
私がここで買ったのがこちらの商品です。
 
 

JAL国内線ファーストクラスの機内食でも出されている「銀不老かりんとう」になります。

ファーストクラスのお菓子ですよ?
こんなこと言われたら食べてみたくなるではないですか!
 
実際食べてみましたが、通常のかりんとうよりもおいしく感じました。
ファーストクラス効果ですかね?
 
あとはこちらも購入。
 
 
 二つの商品を購入し、お土産屋を後にします。
 
 

まとめ

桂浜は思っている以上に綺麗な海でした。
それよりも食事の部分で、クジラが食べれるというのが私にとってとても新鮮でした。
一度も食べたことがない人は、食べられることもおすすめです。
価格もそこまで高くないので、お財布にも優しいです。
 
王道スポットでもありますので、寄るのは必須です。