“Tabigraph タビグラフ”

初めての海外旅行でオススメする3ヶ国の旅行先はここだ(オススメスポット紹介あり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

海外へ飛ぶ飛行機

 

 

海外旅行へ行ったことないな、行ってみたいななんて思っている人いませんでしょうか。

 

しかし海外といわれると、こんなイメージが頭の中でちらつくでしょう。

 

  • 治安が悪い
  • 食事がおいしくない
  • 言葉が通じない
  • 単純に不安

 

 

でも実はそんなことは全くないのです。

なぜなら私も行ったことがあり、全く感じなかったです。

 

この記事では、初心者でも行きやすい3ヶ国をピックアップしています。

 

これを読めば海外旅行を一度も経験ない方でもでも、絶対に海外へ行きたくなるはずです。

 

 

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。  

 

 

海外旅行経験ゼロの初心者にオススメする3ヶ国はどこ?

 

治安が悪い、食事がおいしくない、言葉が通じない、単純に不安

 

こんなイメージを払拭してしまう、3ヶ国を紹介していきます。

 

実施に私も訪れたことのある3ヶ国なので、情報も独自のを紹介していきます。

 

 

台湾 台北

  

【基本情報】

 

正式名称は、中華民国(Republic of China Taiwan) 。

 

台湾の首都は一番観光で訪れる台北です。台湾の玄関口でもあります。

 

 

現地で使われる言語は、「中国語」、「台湾語」、「客家語」、「原住民諸語」の4つを使用しております。

 

ただ観光地化が進んでいますので、もちろん英語もできますし場合によっては日本語もできる人もいます。

 

 

亜熱帯と熱帯の気候の特徴があり、行くのにベストシーズンは3月~5月と10月~12月が過ごしやすいです。

 

暑い時期は、室内及び車内等冷房がガンガン効いております。

 

 

日本とは比べ物にならないぐらい冷えています。

 

冷え性の方寒いのが苦手な方は必ず上着を持って行きましょう。

 

 

台北までのアクセス

 

台北へは玄関口の台湾桃園国際空港へまず飛ぶ必要があります。

 

中部国際空港からは、日本航空、チャイナエアライン、タイガーエア台湾、キャセイパシフィック航空、ジェットスターが主な便として飛んでいます。

 

初めての際は、チャイナエアライン、日本航空、キャセイパシフィック航空などがおすすめです。

 

台北の主な観光地・買い物スポット

 

台北市内にはにはいくつかの観光名所があります。

 

ひとつひとつ解説をしていきます。

 

 

中正紀念堂

 

蒋介石がなくなった際に建てられた建物です。

 

 

シンボルともいえる蒋介石の席座像が置かれている正面中央の本堂では、おなじみの「衛兵交代式」が行われます。

 

兵隊が綺麗な行進をして交代をする姿はかっこいいです。

 

また交代するまでに1時間直立で立っていなくてはいけない為、相当な体力の持ち主だと思います。

 

よくこれらを写真や動画に収められている観光客が多いです。

市民の憩いの場所としても使われているそうです。

 

 

士林夜市

 

f:id:shinyboy:20190124210747j:image

 

台北の夜はここ!台北の夜は楽しむにはもってこいの場所です。

 

グルメを中心に屋台が沢山出ており、台湾飯などが食べれます。

 

グルメは地上だけでなく、地下にもあり地下に行けば飲食店が軒を連ねております。

日本のテレビ番組などでも紹介されたところがある有名地です。

 

 

また地上はグルメ以外だと、ゲームやお土産、雑貨などの屋台があります。

 

ゲームは、射的、便立てゲーム、アーチェリー、ピンポン入れなどがあります。

 

ちょっとした遊園地にあるアーケード街のような感じなので、みんなでワイワイやるのもおすすめです。

 

買い物もしつつ、少しお腹が減ったら食べての繰り返しができるほんといい場所。

 

 

 

台北101

 

台北101

 

世界12番目の高いとされる台北101です。

 

ちなみに世界1番は、ドバイの「ブルジュ・ハリファ」という場所です。

 

昔は1位だったそうですが、次々の高い建物が建ち結果今は12位!

 

12位かなんて思われているあなた、高さ509mもあります。

 

高所恐怖症の方は、ちょっと辛いかもしれません。

 

 

建物の作りが少し変わっておりますが、イメージは「竹」だそうです。

 

そしてくびれが少しありますが、これは8層おきに節があり、節は全部で8つあります。

 

これは「發財」といって、お金がどんどん入ってくる数字と言われる「八」にこだわった結果こうした造りになったようです。

 

f:id:shinyboy:20190124210833j:image

 

そんな建物ではありますが、商業施設になっており中には小籠包で有名な「鼎泰豊  ディンタイフォン」が入っております。

 

f:id:shinyboy:20190124210836j:plain

 

展望台を登り台北を一望してから、小籠包を食べるという贅沢な旅もできちゃいます。

  

九分

 

f:id:shinyboy:20190122221752j:plain

 

ジブリ映画の「千と千尋の神隠し」の舞台として有名になった場所です。

日本人をはじめ海外の多くの方が訪れる観光名称です。

 

夜になれば赤ちょうちんに明かりがつき、一気に千と千尋の神隠しの舞台に様変わりします。

 

夕方から一気に観光客がそれを目当てに増えます。

 

 

また有名店として「阿妹茶酒館」があげられます。

 

ここではお茶を飲むことができ、実際に店員さんがお茶の入れ方をレクチャーしてもらえます。

 

自分もそのやり方見様見真似でお茶を入れる体験もできます。

 

オススメの記事

 

台湾については以下の記事にて紹介しています。

 

これから台湾に行かれる計画をされている人是非下記の記事を見てください。

 

オススメのお店から観光地までたくさんあります。

 

グルメ

 

合わせて読みたい:台北グルメ「天津蔥抓餅」東門駅近くにある超有名なグルメと店舗紹介

 

合わせて読みたい:金錦町JinJinDing 台湾で金箔カステラが食べれるお洒落カフェへ行ってみた

 

 

観光地

 

合わせて読みたい:台北の王道夜市「士林市場」食べて遊んで買い物して満喫しよう 

 

 

合わせて読みたい:台北観光 ネコ好きにはたまらない台湾にある猫村「猴硐 ホウトン」の魅力をふんだんに紹介 

 

 

合わせて読みたい:台湾でランタン飛ばしができる十分(シーフェン)へ 台湾で願い事を書いて叶えよう

 

 

合わせて読みたい:台北観光 中山駅付近のお洒落な店が並ぶ通りをカメラを持って散策してみた

 

 

 

韓国 ソウル

 

【基本情報】

 

正式名称は、大韓民国(Republic of Korea) 。

 

韓国の首都は一番観光で訪れるソウル特別市です。韓国の玄関口でもあります。

 

 

現地で使われる言語は、「韓国語」が主流です。

 

ただ観光地化が進んでいますので、もちろん英語もできます。

 

そして最も日本語を理解されていて、話してもらえる国でもあります。

 

 

日本と同様四季がはっきりしていて、行くのにベストシーズンは3月~5月と9月~11月が過ごしやすいです。

 

冬になればしっかり雪も降るぐらい四季がはっきりしております。

 

 

ただ日本より春及び秋が短く、夏場が長いです。

 

空調もしっかり効いているので、冷え性の方寒いのが苦手な方は必ず上着を持って行きましょう。

 

 

ソウルまでのアクセス

 

ソウルへは玄関口でもある仁川国際空港へ飛ぶ必要があります。

 

中部国際空港からは、日本航空、チェジュ航空、大韓航空、全日空、アシアナ航空が主に飛んでいます。

 

初めての際は、日本航空、大韓航空、全日空などがおすすめです。

 

ソウルの主な観光地・買い物スポット

 

ソウル市内にはいくつかの観光名所があります。

 

ひとつひとつ解説をしていきます。

 

 

明洞

 

f:id:shinyboy:20170917104732j:plain

 

ソウルといえばここ。巨大ショッピング都市として知られている街です。

 

ブランド店、百貨店、コスメショップなどが集まる流行の中心地です。

 

ここで揃わないものはないです。

 

 

「ロッテ百貨店」、「新世界百貨店」、「明洞ミリオレ」などのモールでもショッピングを楽しめます。

 

ファミリーレストラン、ファーストフード店、韓国料理、洋食、和食など多種にわたり飲食店がある為、選びたい放題。

 

また座りながらでなく食べ歩きをしたいという方は、明洞が一番しやすいです。

 

スイーツから主食までたくさんあります。

 

 

北村韓屋村

 

世界遺産『昌徳宮(チャンドックン)』と『景福宮(ギョンボックン)』という王宮の間にある街並みです。

 

「韓屋」と呼ばれる伝統的な造りの民家が多く残る場所でもあります。

 

日本でもお馴染みの「冬のソナタ」のロケ地としても利用されたことのある場所です。

 

日本人には非常に親しみやすい場所でもあるでしょう。

 

 

景福宮・西村マウル

 

ビルが立ち並ぶソウル中心部の一角に、佇む「景福宮(キョンボックン)があります。

 

朝鮮時代(1392~1910)の正宮として、王の政務場、王の生活の場として知られています。

 

その後も多くの宮殿が建てられましたが、こんなに大規模な建物はなく韓国を代表する古宮のひとつとして挙げられます。

 

ロケ地としてもよく利用されているようです。

 

韓国の伝統衣装・韓服(ハンボッ、チマチョゴリなど)を着用すると、入場料が無料になるので周辺の連宅衣装屋で借りていくのも一つの手です。

 

 

東大門

 

f:id:shinyboy:20190122223236j:plain

 

買い物といえばここも負けてはいません。

1位、2位を争う賑わいを見せるのがここ東大門。

 

日中でもやっておりますが、何といってもここが一番活気があるのは夜

 

夜になるとテントを張りだし、夜市ができたり一歩建物に入れば沢山の店が軒を連ねています。

 

服を買いたいならここが種類も豊富でおすすめです。

 

またここ東大門にはひときわ目立つ建物「東大門デザインプラザ」と呼ばれる複合文化空間施設があります。

 

外見のデザインは、ザハ・ハディッド氏設計を基に行われ、宇宙空間にいるような巨大な流線型の建築が特徴です。

 

各種の展示販売、ファッションショー、新製品発表会などなど色々やっております。

 

オススメの記事

 

韓国については以下の記事にて紹介しています。

 

これから韓国に行かれる計画をされている人是非下記の記事を見てください。

 

オススメのお店から観光地までたくさんあります

 

観光

 

合わせて読みたい:中部国際空港からソウル市内への行き方を徹底調査!大韓航空KE752も合わせて紹介 

 

 

合わせて読みたい:韓国ソウルで買い物!王道&穴場のショッピングスポット合計9ヶ所を紹介 

 

 

グルメ

 

合わせて読みたい:韓国ソウルで絶対外せないソウルフード10選をオススメのお店と一緒に紹介(写真あり)

 

 

 

アメリカ グアム 

 

f:id:shinyboy:20170916203400j:plain

 

【基本情報】

 

正式名称は、グアム(英語名称Guam, チャモロ語: Guåhån)

 

マリアナ諸島の南西端の島国です。

 

現地で使われる言語は、「英語」が主流です。

ただ観光地化が進んでいますので、日本語もできます。

 

観光地で普通に日本語が明記してあるので、非常にわかりやすいです。

 

年間平均気温は26℃と温暖です。

 

一年中ほとんど気温が変わることはありませんが、雨季(7~11月)と乾期(12~6月)があります。

 

 

雨季は雨が降りますが、一日中降ることはなくスコールのように一時的に大量に降り急に上がるというような雨の降り方です。

 

温暖なので非常に過ごしやすい国になります。

 

グアムまでのアクセス

 

グアムへは玄関口でもあるグアム国際空港(正式名称 アントニオ・B・ウォン・パット国際空港)へ飛ぶ必要があります。

 

中部国際空港からは、全日空、ユナイテッド航空が飛んでいます。

 

初めての際は、全日空がおすすめです。

 

グアムの主な観光地・買い物スポット

 

グアムにはにはいくつかの観光名所があります。

 

ひとつひとつ解説をしていきます。

 

 

マイクロネシアモール

 

f:id:shinyboy:20170916202804j:plain

 

120店舗を構える巨大なモールでミクロネシア最大級になります。

 

モール内には専門店はもちろん、映画館、遊園地なんかも入っています。

 

服を買うなら、「ROSS」もしくは「MACY’S」がおすすめです。

 

両店共お得に服を購入することができます。

 

また伸び伸びと買い物できるのもこの2店の特徴です。

 

 

アンダーウォーターワールド

 

グアム唯一の水族館になります。

 

見所はなんといっても全長100mのトンネル式アクアリウムです。

 

まるで自分が海中を歩いているかのような錯覚になり、魚との一体感があります。

 

いろんな水族館が世界にありますが、こちらはまた不思議なつくりから多くの観光客が訪れているようです。

 

 

恋人岬

 

グアムの国旗にも描かれている有名な所です。

 

恋人の聖地でもあるこの場所では、ハート形の南京錠をハートウォールと呼ばれる場所へつけることで「2人は永遠の愛で固く結ばれる」というおまじないがあります。

 

 

ハートウォールの近くには、「恋人たちの鐘」というものがあり、2人で来て一緒にならし3回音がぴったりとなればその2人は幸せになれるというジンクスもあります。

 

 

1人で来た方はこれから恋が訪れたり、恋ができたりという効果があると言われています。

 

 

 

まとめ 初心者にはこの3カ国がオススメ

 

f:id:shinyboy:20190811093542j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

 

オススメするは3ヶ国。

 

  1. 台湾
  2. 韓国
  3. グアム

 

実はどの国も一度私が訪れたことのある場所ですが、どこも海外初心者にオススメできます。

 

たとえ英語が喋れなくても、この3ヶ国ならなんとかなります。

 

 

そして何より海外初心者でも楽しめるスポットが多く点在するからです。

買い物、グルメ、観光地とどれも揃ったこの3ヶ国はどこも逃してはいけません。

 

ぜひあなたの初めての海外旅行を上記3ヶ国のどこかにされてはいかがでしょう。