“Tabigraph タビグラフ”

【宿泊レビュー】ハノイのオリエンタルスイートホテル&スパを紹介 なんとナイトマーケットはホテルの目の前!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shinyboy:20191022225753j:plain

 


ベトナム、ハノイ行くのはいいけどどこに泊まっていいかわからないよー。

 

そんな人いませんか?

 

私も一度も訪れた事なかったので土地感覚が全くありませんでした。

 

しかしこのホテルならあなたの悩みも解決。

 

本記事でご紹介するのは、中心部から近くてなおかつ日本人に優しいそんなアットホーム感もあるホテルをまとめました。

 

そのホテルの名前は「オリエンタルスイートホテル&スパ」です。

 

これを読めばあなたもこのホテルに泊まりたくなるに違いありません。

 

 

 

ハノイにある「オリエンタルスイートホテル&スパ」を選定した方法とは

 

今回初めてベトナムに訪れるということで、全く土地感覚や知識がありませんでした。

 

とりあえず中心部に宿を取れば、その後の移動が楽だという程度しか考えていませんでした。

 

ただ中心部と言ってもかなりのホテルの数。

その中からホテルを絞っていくのにはかなりしんどい作業。

 

そこで以前記事にて紹介しましたこのやり方で絞っていきました。

内容についてはこちらをご覧ください。

 

 

 

www.travelphotolover.com

 


  

 この方法で絞った結果、この「オリエンタルスイートホテル&スパ」へ宿泊することになりました。

 

 

オリエンタルスイートホテル&スパの様子を紹介

 

ここからホテルについて詳しく解説をしていきます。

 

今回宿泊した「オリエンタルスイートホテル&スパ」は、4つ星ホテルの位置づけになります

 

ハノイで4つ星となると、割と高いランクのホテルに分類します。

 

 

場所は中心部に位置し、観光地として有名な「ホアンキエム湖」からわずか 300mの距離です。

観光するにはベストな場所です。

 

治安も良くベトナム初心者、ハノイ初心者にはうってつけです。

女性が一人で出歩いていても活気があるので、全く問題ありません。

 

地図を見ていただくとお分かりですが、かなりの数のホテルが周辺にあります

 

必ず場所を確認をしてからホテルへ向かいましょう。

 

チェックインについて

 

まずホテルへチェックイン。

 

40ルームしかないのでチャックインもそこまで混むことがありません。

 

英語でチェックインを伝えて、パスポートを渡します。

 

手続きするのでちょっと待ってねと言われて、後ろにある椅子に座ってくださいと案内されます。

 

すると別の方がお茶を持ってきてくれます。

これがウェルカムドリンクです。

 

その風景を撮りたかったですが、フロントには何にもいたので撮れず。

 

とりあえず言えるのはおもてなし感がすごい。

 

無事チェックインを終えて、飲み終えてなかったので部屋に持っていきましょうかと聞かれました。

 

でも面白い話なのですが、はいと答えたのに一切お茶が来ることがありませんでした。

 

 

部屋内の様子

 

私が予約したのは、なぜかツインベットの部屋。

 

あなたは1人なの?と聞かれて1人だよというと驚かれました。

たまにですが1人で予約入れたにもかかわらず、2人に予約がなっていることがあります。

※単純に私が予約間違えてるだけかも?

 

f:id:shinyboy:20190930212751j:plain

 

ツインベッドの上には偽物ですが、花が飾られています。

これだけでもなんとなく海外に来た感がありますね。

 

偽物だけど嬉しいし何かリゾート感が感じます。

 

f:id:shinyboy:20190930212710j:plain

 

ベットの間にはテーブル。

この大きさのテーブルがベットの間にあるところは非常に少ないです。

 

ものがたくさん置けるのは非常に嬉しいこと。

 

 

またベッドの奥は、共有スペースの吹き抜けスペースが見えます。

 

見えたところで何も綺麗ではないし、プライバシー的な問題があるのでチェックインがずっとカーテンは閉めていました。

 

f:id:shinyboy:20190922161405j:plain

 

ちなみにその真ん中のスペースがこちらです。

 

上から撮影しているのでなんともいえませんが、電気自体は綺麗ですね。

 

f:id:shinyboy:20190930212723j:plain

 

大きなミラーもあるので全身が見れます。

 

ホテルなら良くあるミラーです。

 

私がずっと旅で愛用しているリュックが写ってしまってますね。

 

f:id:shinyboy:20190930212737j:plain

 

コーヒーセットとテレビです。

海外では珍しいサイズのテレビです。

 

たいてい割と高いテレビが多いですが、ここはスペース上厳しかったんでしょうか。

こじんまりとしたテレビです。

 

f:id:shinyboy:20190930212805j:plain

 

コーヒーセットの近くにお菓子が置かれています。

これはフロントにて説明がありましたが、自由に食べれるお菓子です。

 

足りなければ言ってね、追加するからとも言われました。

今までこんなサービスがなかったので、何だか嬉しいです。

 

f:id:shinyboy:20190930212823j:plain

 

ちなみにコーヒーカップの奥にある水も無料です。

こちらも希望があれば無料で、追加分をもらうことができます。

 

海外だと水のペットボトル必須なので嬉しいサービスですね。

私も翌日追加で水をもらいました。

 

f:id:shinyboy:20190930212834j:plain

 

洗面所も清潔感があり、非常に見た目もいいです。

 

f:id:shinyboy:20190930212847j:plain

 

この部屋はシャワールームのみになります。

海外ならこれが割と当たり前なので、別に特別何か感じることはありません。

 

旅慣れていない人ならえーと思うかもしれません。

 

シャワーヘッドと上部から出るシャワー2パターンで使用できます。

 

f:id:shinyboy:20190930212901j:plain

 

タオルも2人での宿泊になっていので2セット分あります。

 

1人で両方使っても別に怒られはしません。

 

f:id:shinyboy:20190930213034j:plain

 

アメニティもきちんとあります。

歯ブラシ、コーム、綿棒など基本的なものは全て揃っているので、わざわざ日本から持ってくる必要はありません。

 

特別自分が使っているものが使いたいという場合だけ、持参する形でいいでしょう。

 

ホテルの朝食

 

今回朝食をついたプランにて予約した為、フロント奥の朝食会場にて食べます。

 

席数はそこまで多くなく、10テーブル程度のこじんまりとした空間です。

ただ

 

f:id:shinyboy:20190930214526j:plain

 

私の雑な盛方の朝食です。

この麺料理は美味しくてリピートしました。

 

その他野菜なども取れるので、野菜不足にはなりませんでした。

 

f:id:shinyboy:20190930214555j:plain

 

2泊目朝にはハンバーガーを注文。

 

これはスタッフさんに注文しないともらえない料理なので、テーブルにあるメニュー表から選んで注文しましょう。

 

常時出ている料理も美味しいですが、せっかくならオーダーして作ってもらえるバーガーやオムレツがオススメです。

 

ここのホテルの宿泊代金はいくら?

 

ここまで紹介してきましたが、気になるこのホテルの値段。

 

今回デラックスツインルームを予約し、2泊しました。

 

気になるお値段は2泊で合計金額が18,481円です。

1泊あたり約9,740円です。

 

ベトナムのハノイの中で言うと、かなり価格帯です。

時期的にも少し高い時期と直前に予約してしまったので、通常より高くなってしまいました。

 

もっと安く泊まれるホテルも多くあります。

 

しかし値段がそれなりにだけあって、スタッフさんの対応やホテル自体の過ごしやすさは格別でした。

 

今回予約はHotels.comより予約をしました。

このサイトの特徴は10泊すれば、10泊してきた宿泊代の平均価格分の金額内なら1泊分が無料で泊まれちゃうんです。

 

もちろん税などは払う必要がありますが、大幅に旅行代を節約できます。

 

是非一度Hotels.comから予約して、10泊分貯めて無料で泊まってみてはみてはいかがでしょうか。

 

ホテルの外は夜になればナイトマーケット⁈

 

実はこのホテルの目の前が「ハノイナイトマーケット」の会場にもなっています。

 

フロントの扉が出て、30歩以内に店があるイメージです。

 

だいたいホテルのフロントから見て左右合わせて1キロぐらいの長さあります。

両方サイドにお店がずらっと並んでいるので、100店舗は超えるでしょう。

 

f:id:shinyboy:20190930214221j:plain

 

20時以降が1番賑わいがあります。

見た感じでこんな人だかり。

 

簡単にここからどんなものが売っているのか、写真で紹介。

 

f:id:shinyboy:20190930214233j:plain

 

まずは雑貨系です。

東南アジア特有の雑貨系ですね。用途がわからないものは割と多いです。

 

f:id:shinyboy:20190930214249j:plain

 

飾り物もありますね。

あまり需要はありそうに見えないですね。

 

f:id:shinyboy:20190930214309j:plain

 

服も売っています。

パロディー版ブランド物も多くあります。

 

もちろん普通の服もありますが、圧倒的にパロディー版が多いです。

 

どうやらベトナムでは特に規制がかかってないようです。

 

このお店は普通の服屋でした。

 

f:id:shinyboy:20190930214327j:plain

 

おっ靴下がまとめて売られている。

これはなかなか良さげだなと思って店に近づいてみます。

 

 

f:id:shinyboy:20190930214415j:plain

 

よくみたら、無印のパロディー版の靴下でした。

海外ではユニクロ無印用品は人気のようです。

 

パロディー版でも売れてました。

単純にタグだけ無印、ユニクロだけにしてるだけです。

 

 

せっかくホテルの目の前なので、時間があれば冷やかし程度に見るのもありです。

見ているだけで楽しい場所です。

 

アジアといえばナイトマーケットのイメージが強いですからね。

 

まとめ

 

今回初めてハノイで宿泊をしていきましたが、中心だとこんなにも夜が賑やかなのかと感じました。

ちょうど土日に当たったからかもしれません。

 

このホテルならその賑やかなところへ徒歩ですぐにでも行けちゃいます。

 

もしどうしてもハノイで泊まるホテルを迷ったら、是非「オリエンタルスイートホテル&スパ」へ泊まってみてはいかがでしょうか。

 

必ずあなたは泊まって良かったと感じるに違いありません。