“Tabigraph タビグラフ”

ホテル・旅館がお客様想いかはアメニティでわかる?!ホテルアメニティ事情についてのまとめ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shinyboy:20190914104207j:plain

皆さんが旅行されると国内ならホテルか旅館へ、海外ならホテルへ泊まられますよね?

 

泊まる時に必ず無料でついてくるのは、歯ブラシ、カミソリ、石鹸、シャンプーと言ったアメニティです。

 

私達はそれらのアメニティを何気なく使っているでしょうが、実はこのアメニティ以外にもお金がかかっているのです。

 

本記事ではそんな宿泊に必ずついてくるアメニティを中心にまとめてみました。

これを読めばそのホテル、旅館がお客様思いなのかわかるはずです。

 

 

そもそもアメニティってなに?

 

f:id:shinyboy:20180911225010j:plain


まずアメニティとはなんぞやという人もいるでしょう。

アメニティとはホテル、旅館の客室にある皆さんが泊まる際に使うであろう物たちです。

 

簡単にいいますと、それらは主だっては浴室にあります。

 

ちなみに上記の写真はマカオのホテル「ホテルリスボア」のアメニティになります。

ここでは外資系ブランド ブルガリが使用されてました。

あまりにも高価なものを使用していたので、びっくりしたのが本音です。

 

具体的に、下記のようなものがアメニティに該当します。

 

・歯ブラシ

・カミソリ

・コーム

・ブラシ

・シャワーキャップ

・シャンプー・コンディショナー・ボディソープ

・ハンドソープ

・入浴剤

・女性用・男性用化粧品

etc.....

 

挙げるとキリがありませんので、これだけにしておきます。 

 

これは国内、海外問わずほとんどの宿泊施設にあります。

 

中には有料で販売しているカプセルホテルやホステルもあります。

しかし基本的には、無償で提供される場合が多いです。

 

ホテル、旅館のアメニティと小売販売の商品は全く違う?

 

アメニティを見ていくと、なんか見たことないものばかりが置いてあるなというのが印象でしょう。

 

実はこれらのアメニティは、宿泊業界専用の物が多いです。 

 

詳しく見ている人ならわかると思いますが、製造元などを見るとどこだろっていう製造メーカーが多いです。

 

しかしこうした商品の中でも、皆さんが馴染みのあるメーカー商品もあります。

 

どういった商品かというと、お風呂場に置いてあるシャンプー類化粧品類です。

実はここには、男性女性問わず聞いたことのあるブランド、例えばポーラコーセー花王などです。

 

今は資生堂商品はメーカー事情でホテル、旅館向けの商品を作らなくなったようですが、それを除くと上記商品があります。

 

しかしこの中の商品のほとんどが小売に置いてある商品とは異なります。

※ほんの一部はあります。

小売商品と差別化をさせるためでもあるようです。

 

アメニティのグレードの違いがある

 

これまでホテル、旅館アメニティとは何か、またアメニティで置かれているのは小売商品とは違うことについて解説してきました。

 

続いてはアメニティのグレードの違いについてです。

 

これらはよっぽどホテル、旅館へ泊まっていない限り、正直そこまでわからないです。

 

私も高いところから安いところまで、国内にて様々泊まってきました。

その中で少しずつ感じていたことのひとつでもありますが、アメニティ一括りにするとわかりません。

 

しかしアイテムごとに見ると、意外にも違いがあることに気がつきました。

 

例えばすごく細かい話になると、歯ブラシの毛束の数の違いです。

暇なときに何気無く数えていましたら、物によって毛束が多かったり少なかったりします。

 

また場合によっては、毛先が細いものなんてのもありました。

 

細かな違いがあり、それらがホテルによって違うというのはある意味面白いです。

 

お客様思いの施設か判別する方法

 

さあここまで、解説をしていきました。

 

正直最終的に気になるのは、このアメニティはいくらぐらいの値段なのかでしょう。

 

そしてこのホテル、旅館はいくらぐらいお金をかけてくれてるのかというところです。

 

あまり詳しく書きますとホテル、旅館側から批判の声も出てしまうかもしれません。

ですのでほんとに軽く触れていきます。

 

一番皆さんが宿泊の際に使われるであろう、アメニティをピックアップ。

それらをグレード順に分けていき、安い順に1、2、3と順番に振ってみました。

 

意外な違いがあることを確かめてみてください。

 

歯ブラシ

 

①日本産以外の歯ブラシ(中国、ベトナム)

②日本産歯ブラシ

③毛束が多めの日本産歯ブラシ

④毛先が細めの日本産歯ブラシ

 

カミソリ(ノーブランド)

 

①2枚刃

②2枚刃スムーサー付首振り付き

③3枚刃スムーサー付首振り付き

④5枚刃スムーサー付首振り付き

 

ブラシ

 

①まっすぐタイプ

②折りたたみタイプ

③コームもついた折りたたみタイプ

④家庭で使うようなゴツいタイプ

 

ポーラ(シャンプー類)

 

①シャワーブレイク

②エステロワイエ

③カラハリ

④アロマエッセゴールド

 

コーセー(シャンプー類)

 

①ナチュリティ

②クエスト

③ジュレーム

④スティーブンノル

 

花王(シャンプー類)

 

①キュー

②フィエスタ

③ラビューティ

④レアーナ

 

上記でまとめたように番号が上がることに商品の内容も上がります。

 

その分もちろん商品自体の価格も上がります。

値段も平等院鳳凰堂コインから桜コインまで様々です。

※かなり表現をぼかしています。

 

 

シャンプー類も、グレードによりピンキリです。

それぞれの価格差は女性なら感じることができるでしょう。

なんせ使用後の使用感が、グレードによってかなり異なるからです。

 

しかし物によっては安いものでも使用感がいいことがあるので、一概には言えません。

 

これらはアイテムは必然的に1人1個、1人1回は必ず使う商品でもあります。

 

そのため宿泊施設で人件費などを除けば、毎日かかってくる費用なのです。

 

細かい話をすれば、いかにこのコストを抑えて利益を出すか

宿泊施設側の考えなくてはいけない部分です。

 

しかしここをコスト優先にすると我々宿泊する消費者側は、安っぽい、なんか使いにくい、品質が悪い。

そう感じてしまうでしょう。

そしてその宿泊施設へは、2度と行かないでしょう。

 

お金かけているお客様想い

 

そう考えてもらって、間違いありません。

利益目線でいくなら、間違いなくアメニティは削ってくるところだからです。

 

私自身男でもありますが、アメニティが充実しているところは、正直またいきたいと思ってしまいます。

そしてそういうところは友人、知人に紹介したくもなります。

 

いかに重要かと言うのをお分りいただけたでしょうか。

 

まとめ

f:id:shinyboy:20190914104212j:plain

再度今回まとめたことについて確認します。

 

アメニティとは何か。

 

ホテル、旅館のアメニティと小売販売の商品の違い。

 

アメニティのグレードの違い。

 

お客様思いの施設か判別する方法。

 

4つの観点からホテル、旅館アメニティについて紹介していきました。

 

あまり注目されることのない点かもしれませんが、その注目していないところで意外なことがわかってくるのです。

特に今後宿泊業界において、最優先にしなくてはいけないのは女性です。

 

女性目線を意識しているホテル、旅館はこれらに配慮する必要があるのです。

そして女性をうまく取り込めたところは今後も生き残っていくのです。

それぐらいお客様想いというのは、重要なのです。