“Tabigraph タビグラフ”

ベタに九龍島を散策!ガイドブックにも載っている観光スポットを巡ってみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

九龍市内

香港は久しぶりというのもあり一応ガイドブックを購入。

予定では香港とマカオを両方周遊して戻る日程を予定しています。

 

毎度のごとく買うのは、るるぶちゃんです。 

出歩いていた格好は、デニムにポロシャツ。

これが後々後悔するハメになります。

今回事前にどこへ行きたいかという行きたい計画リストを作成しました。

そのリストの内容がこちらです。

今回の旅の予定はこんな感じ

1日目 

香港国際空港

クーロン 九龍駅

メトロパークホテルカオルーン

金魚街

スニーカーストリート 花園街

ノイヤンガイ 女人街

ナンヤンガイ 男人街

 

グルメ

好旺角 ジャージャー麺 


2日目

黄大仙廟駅

キャットストリート摩羅上街 上環駅

ハリウッドロード 上環駅

文武廟 上環駅

益発大廈 太古駅 transformerのロケ地

彩虹邸 彩虹駅

 

グルメ

蓮香居 ご飯飲茶

太興 ロースト飯

 

3日目

チムサーチョイ~中環

フェリー乗り場からマカオへ

フェリー乗り場からホテルへ

チェックイン

世界遺産めぐり

買い物

カジノ


4日目

ホテル~フェリー乗り場~空港

 

こんな感じです。

3日、4日目は、割と結構適当な感じです。

まあおおよそで書いたので、そこは気にしないでください。

 

とりあえず着いた初日は、市内もふらふらする計画をしてました。

特に前回2014年来た際に行っていない場所をメインにピックアップ。

 

目的地へ向かいつつもふらふらする。

 

九龍市内を巡ってみた

九龍市内

THE 香港って感じが伝わる写真。

いかにも「ジャッキーチェン」がすぐに出てきそうな風景です。

市内風景

 

なんせ街中は人が多い。

 

香港は遠方へ行く際、経由地としてもよく使われる場所でもあります。

香港自体、魅力のある国なので途中で降りて観光する人も大勢いらっしゃいます。

 

その関係で観光客は年々増えているみたいです。 

路地裏風景

狭い路地のところで、食べ物を買うために並ぶ人々。

この辺りはかなりむさ苦しくちょっと歩くだけでも大変。

 

そんな所を歩いているとこんな店を発見。

fパン屋さん

香港のローカルパン屋さん。

名前は「櫻島」というらしいです。

ちょっと日本人も馴染みやすい名前です。

 

実は香港には至る所にパン屋さんがあります。

そして必ずと言っていいほどあるのがこちら。


エッグタルト

エッグタルトです。

マカオ発祥のデザートですが、お隣の香港でもかなり売られています。

そして味も美味しいですが、何より金額が安い。

 

店によってまちまちですが、だいたい6香港ドルから10香港ドルぐらいです。

日本円で、だいたい87円から140円程度。

某エッグタルト屋は、260円ぐらいするので安いのなら3つ買えてしまうぐらい安いです。

 

肝心のお味の方は、美味しいの一言です。

安いからと言ってては一切抜いていません。

 

日本のエッグタルト屋さんの値段に比べて、安いのでついつい食べ過ぎてしまいます。

 

エッグタルトとおじさん 

そんなエッグタルトと店を撮った際、目線が完璧なおじさんがこちらを見ています。

エッグタルト欲しかったのかな?

 

エッグタルトを食べ、ふらふらしながら最初に訪れた場所がこちらです。

 

金魚街へ行ってみた

 

金魚街です。

 

なんぞやと思う方もいるかもしれないが、読んでのごとく金魚が沢山売られている通りです。 

金魚販売店

 

この街・ストリートには、こんな感じに大量の金魚が販売されています。

 

日本では熱帯魚や出店でしか金魚はいませんが、香港では金魚をはじめとする熱帯魚や動物などをこの通りで販売しています。

 

しかもすごいことに金魚の場合、金魚すくいで取った際にくれる紐付きのビニール袋に大量に入っているのです。

この子ら酸素不足にならないのかなと大丈夫かなと心配してしまいますが、見た目はやっぱり綺麗です。

金魚を販売する女性 

こんな感じに並べられています。

 

ある意味お店の1つのインテリア的な存在になっています。

観光客や地元の人も含め大勢の人でにぎわっておりました。

 

私は単に旅行客で持ち帰ることもできないので買えませんでした。

単に自分の愛用のカメラで撮っただけです。

そんな観光客も割と多かったです。

 

店の風景

買う予定がなかったので値段は聞きませんでした。

金魚なのでそこまでしないのかなと。

 

続いて向かった先はこちらです。

スニーカー好きが集う「花園街」へ

次に向かったのは、「スニーカーストリート(花園街)」です。

 

漢字表記からすると、いかにも夜の街を想像するようなネーミングですが、いたって健全なストリートです。

 

スニーカー好きにはたまらない通りですが、いたるところの店にずらっとスニーカーが並べてあります。

全て正規品の店かどうかは正直怪しいところですが、金額からすれば恐らく正規品なんだろうと思います。

※800香港ドルとか表記はありました。だいたい日本円で11600円ぐらいです。

当時のレート、1香港ドル⇨約14.5円

 

普通に日本と変わらない額で売っているものもある為、私は見るだけでした。

スニーカー好きの人が見れば、これは安いと感じるスニーカーも中にはあるんでしょうか。

 

ストリート系のファッションが好きな方やスニーカー好きな方は是非この通りを行かれることをお勧めします。

写真は店員もいたので、控えました。

 

さあまだまだ、香港散策は続きます。

さらなる自由な旅へ。

 

www.travelphotolover.com