“Tabigraph タビグラフ”

“Tabigraph タビグラフ”

旅とカメラをテーマに、会社員が世界を巡る

海外でお宝探しでもしてみませんか⁈キャットストリートへ

「 文武廟」を後にする。

 

旅の安全祈願をここでもしました。

ほんと何の神社からすら把握してない適当ぶり。

まあこの緩さが私の売りです。

 

さあ次向かうのは、そこまでメジャーではないがガイドブックにも載る場所「キャットストリート」へ。

 

距離で言うとわずか140メートルちょいぐらい。

めちゃめちゃ近い。

けど迷うのが私の特徴。

 

f:id:shinyboy:20180826200054p:image

 

わずか2分のところ!

でもWi-Fiもないし自信を持った行動で、まさかの10分かかりました。

 

 ここに着いたのは16時過ぎ。

 

f:id:shinyboy:20180812214923j:plain

 

いつもこういう風景かはわかりませんが、行った時には閑散としていました。

 

やっている店もあれば、閉めている店もありました。

基本的に路面での露店販売の店と固定の店舗を持ちつつ、店の外まで出している2種類の店舗があります。

 

f:id:shinyboy:20180812214924j:plain

 

通りに来たよという記念の写真。

 

ちょうど白人さんが何かを物色しておりました。

どうでもいいですが、海外へ旅行をするとかなりの確率で外国人の美男美女に会います。

その度にうらやましいなと思う自分です。

 

f:id:shinyboy:20180812214926j:plain

 

売られているものは、写真に写っているような天然石ネックレス・ブレスレット、置物、骨董品、陶器類などなど。

 

若い人にとって見ればどうでもいいようなものばかりがあります。

私も昔は石とか好きでしたが、今はアクセサリーでつけることも少なくなりました。

なので買う気はそこまで起きません。

 

扱っているものがこういうものだと、客層も割と年代が高め。

私が見た感じは40代から上のような人たちばかりでした。

※違ってたらすみません。

 

日本人のお客さんもいました。

ただ店員さんは日本語をしゃべれません

 

買い物は電卓さえあれば値段を聞いたりすることはできますが、それが怖いという方はあまりおすすめできません。

 

この通り全体が売っているものが売っているものだけに、単価としては非常に高めに設定されています。

ブレスレットなんかもその当時だと安いもので150香港ドル(約2175円)。

 

それより上になるようなイメージ。

そういった宝飾品もあれば、家にあるガラクタを集めたような商品ばかりを出した店なんかもある。

 

f:id:shinyboy:20180812214927j:plain

 

この方も店は比較的ましだったが、おじさんがやっているような店は買った後どういう用途で使えばいいかわからないような物もたくさんありました。

 

人によってその商品を見れば、その物の価値がわかるんだろうなという感じ。

私みたいな凡人には到底理解できた代物ばかりだ。

 

見る分にはいいですが、基本的にここで物を買うというのはよっぽどのことがない限りないと思いました。

上環周辺でもし時間が余った際に行く程度でいい感じです

 

f:id:shinyboy:20180812214925j:plain

 

一番端の通りまで行って下を見ると鳩と戯れるおじさん。

鳩使いなのかな?

にしても鳩に人気ですね。

 

f:id:shinyboy:20180812214928j:plain

 

少し通りから外れれば、こんな感じに壁画なんかもあるのでそれを見るがてらでもいいかもしれません。

こういう壁画探しもなかなかおもしろいもんです。

 

そんな感じで行ってみましたが、リピートするほどではありません。

 

一度も行ったことがない人、少しでも興味がある人、冷やかし程度でいいので行くならいいと思います。

 

もしかしたらあなたにとっていいお宝が眠っているかも?

 

 

さらなる自由な旅へ。

 

 

www.travelphotolover.com

 

 

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村