FREE TRAVEL 愛用のカメラと共に

FREE TRAVEL 愛用のカメラと共に

会社員が愛用のカメラ達と共に自由気ままな旅へ

絶景秘境の地「下灘駅」。あなたもこの光景を見れば感動すること間違いない。

将来のお金の心配しないようにちゃんとお祈りしました。

これで将来は安泰でしょうかね。

 

 

 

銭形砂絵から秘境の地下灘駅へ

 

実は昔から秘境地という響きも好きでしたが、ただ一回も行ったことがありませんでした。

愛媛に来たこの機会に、有名な秘境地へ行こうとプランの中に組み込んでいました。

 

有名な秘境地というと、なんとなくですが秘境感があんまなさそうですが…。

 

銭形砂絵からは約1時間45分。キロ数で130キロになります。

さすがに県をまたぐとなかなか遠いです。

 

ひたすら松山自動車道を行き、伊予インターで降りて378号線をひたすら進むと着きます。

378号線は片側一車線の追い越し禁止エリアの為、遅い車がいると渋滞になってしまいます。

 

私が行ったその日は車の量も多かったですが、 運送便のトラックが制限速度で走っているので予想以上に時間がかかりました。

※運送便は悪くない。

 

その途中はひたすら海の見える景色なので、それを見ながらのんびりドライブするのはありでしょう。

 

下灘駅とはどんなところ?

そもそも下灘駅とはなんぞやという方がいるかもしれません。

 

下灘駅は四国、愛媛伊予市にあるJR四国予讃線の無人駅です。

 

ホームからは伊予灘を眺めることができ、また鉄道ファンにも人気の駅でもあります。

なぜ人気かといいいますと、いつも電車を見れるわけではないからです。

 

そもそもこの線路をを走る電車自体の本数が少ないです。

でも少ない中で来る電車は通常列車から特別車両など様々です。

 

以前は綺麗がゆえにJR青洲18切符のポスターに3度も選ばれているぐらい有名です。

 

有名どころで言うと、木村拓哉主演の「HERO 特別編」のロケ地にもなったそうです

他にもドラマや映画のロケ地でも使用されています。

 

実際に下灘駅に行ってみた

 

実際にその光景を確かめるべく、いざ駅へ!

 

f:id:shinyboy:20181202150847j:plain

 

なんということでしょう。


匠は人があまり訪れないであろうスペースを利用して、最高の景色を最高の形で見せてくれたではないですか。
※某番組のパクリ

 

すみません、少しふざけました。

 

見ていただければわかると思いますが、目の前がすぐ海です。

もっとも海に近い駅としても有名です。

 

夕日が落ちていく姿もまた感動的に見えます。

 私が想像していたりもはるかにきれいな景色でした。

 

f:id:shinyboy:20180307203213j:plain

 

駅のホーム看板さえもなぜか綺麗に見えてしまうのが不思議です。

 

f:id:shinyboy:20180205223319j:plain

 

そしてミラーを利用して撮った写真です。

見てもわかるかと思いますが秘境駅にもかかわらず、お盆ということでこの人だかり。

 

これを見てしまうともはや秘境感ゼロです。

うーんほんとうの秘境を見たいなら、なんでもない平日に来るしかありませんね。

 

f:id:shinyboy:20181202152216j:plain

 

夏に来るとおまけで向日葵も見れます。

夕日、下灘駅ホーム、向日葵全てをセットにすれば、最高の一枚が取れるに違いありません。

写真愛好家、鉄道マニアなども同じような風景を撮られていました。

 

f:id:shinyboy:20181202152450j:plain


ちなみに私たちはタイミングがよく、あまり来ない電車にも巡り合えました。

あまり来ない電車と下灘駅のセットを狙って撮りに来ている人も中に入るでしょう。

 

事前に調べていない私たちはラッキーでした。

 

 

f:id:shinyboy:20181202151046j:plain



下灘駅の駅舎になります。

この感じを見て分かるように、連休以外は本当に秘境駅なんだなという感じが漂ってきます。

だからこそ何か惹かれる要素が詰まった駅なのでしょう。

 

f:id:shinyboy:20181203213041j:image

 

ちなみにこの日は、駅舎の前でカフェがオープンされていました。

 

f:id:shinyboy:20181203213054j:image

 

カフェも下灘駅をモチーフにしたカップを使用しており、非常に雰囲気がよかったです。

常時出ているのかどうかはわかりませんが、もしありましたら立ち寄って見てはいかがでしょうか。

 

下灘駅までのアクセス

電車の場合、JR松山駅からJR下灘駅まで約45分。

自分がホームから風景を見るのではなく、自ら電車に乗っているということでまた違った景色を堪能することができます。

 

車の場合、JR松山駅から下灘駅まで約1時間です。

先程お伝えしたように、一本道の下道の為道路状況によってはこれ以上にかかる場合があります。

特に夕日を狙ってくる観光客が多いので、夕日を狙う際は早めに来られることがおすすめです。

 

下灘駅に駐車場はあるの? 

私が訪れた時は正直駐車場といえる駐車場はありませんでした。

その為夕日を目当てに来る観光客で場所の取り合いです。

ちなみに私たちは駅までの長い坂道の手前の空き地に停めました。

 

これが正解で、駅付近になりますと通路自体が狭いため車のすれ違いもやや困難です。

大きい車での乗り入れを考えられている方は、坂道手前の場所を確保するのが無難でしょう。

上に行くほど停めるスペースがありません。

※17年8月現在の情報です。

状況が変わっている可能性がありますので、詳しくはホームページにてご覧ください。

 

写真を撮るなら構図がおすすめ

カメラ好きの私からオススメの写真の撮る場所をご紹介。

 

①ホームと海のみのシンプルな写真。

 

②ホームと電車を同時に収める時間帯を狙った写真。

 

③ホームと季節を狙った写真。(夏なら向日葵)

 

④子供目線でのホームとその周辺の景色の写真。

 

⑤ホームと一日の中の時間帯限定の写真。

 

正直100人いれば100通りの写真が出来上がります。

自分のこだわりを貫きながら、ぜひ最高の一枚を撮ってみてください。

 

まとめ

秘境駅として名をはせている下灘駅。

朝日、昼間、夕日どの時間帯でも美しく見えるのがこの駅の最大の特徴です。

今回初めて見ることができましたが、改めて世界に誇れる駅ではないかと感じました。

 

日本には海外に誇れるものが少ないといわれることもありますが、こうしたところが関アに誇れるのではないでしょうか。

一度も来たことのない方は是非一度足を運んでみてください。

そして自分の目で確かめてみてください。