“Tabigraph タビグラフ”

バットマン復活! 映画「ダークナイト・ライジング」悪からゴッサムを救え(あらすじネタバレあり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ダークナイトライジングレビュー

 

 

あなたの好きな街、慣れ親しんだ地元が突然占拠されて自由がなくなったらどうしますか?

 

今回バットマン史上最強の敵がゴッサムシティーを占拠しにくるのです。

 

 

映画「ダークナイト・ライジング THE DARK NIGHT RISES」悪の作品についてまとめています。

 

あらすじを結末までネタバレもしながら解説していきます。

 

作品概要、キャスト・出演者情報、また私が実際に見た感想や評価を紹介しながら簡単に解説します。

 

 

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。 

 

 

バットマン復活! 映画「ダークナイト・ライジング」悪からゴッサムを救え あらすじについて

2012年アメリカ映画。

 

「ダークナイト」の三部作の最終章となる3作目の映画。

 

前作「ダークナイト」のジョーカーの衝撃から8年後のゴッサムシティが舞台となります。

 

街の正義のために立ち上がりながらも、大悪党ジョーカーの策略によって復讐の鬼になってしまったハービー・デント地方検事。

 

 

CIAに保護されて移動中だったロシアの物理学者レオニード・パヴェル博士が不気味なマスクの男ベイン(トム・ハーディ)に拉致されてしまったのです。

 

裏で動き出した犯罪、そして表の社会では、デントの功績を称えて新たに制定した法律「デント法」によって組織犯罪は激減していき、街に少し平和が戻ってきていました。

 

 

しかし、裏で動き出していたマスクの男が、ゴッサムシティーに現れて街が恐怖へと貶められるのでした。

 

前作の事件により、表舞台から完全に姿を消してきたバットマンが再度街のために立ち上がります。

 

CGを極力使わずに撮影された壮大な映像美と世界観。

 

そして前作をも遥かに超える衝撃のラストに皆さん注目してください。

  

 

 映画「ダークナイト」スタッフ・キャストの紹介

 

監督:クリストファー・ノーラン 

出演:クリスチャン・ベール(ブルース・ウェイン/バットマン)

マイケル・ケイン(アルフレッド・ペニーワース)

ゲイリー・オールドマン(ジェームズ・“ジム”・ゴードン)

ジョセフ・ゴードン=レヴィット(ジョン・ブレイク/ロビン)

モーガン・フリーマン(ルーシャス・フォックス)

アン・ハサウェイ(セリーナ・カイル/キャットウーマン)

マリオン・コティヤール(ミランダ・テイト/タリア・アル・グール)

キリアン・マーフィー(ジョナサン・クレイン/スケアクロウ)

ベン・メンデルソーン(ジョン・ダゲット)

リーアム・ニーソン(ラーズ・アル・グール)

トム・ハーディ(ベイン)

 

 

映画「ダークナイト・ライジング」私がオススメする見どころ

 

表舞台から消え去った街の英雄バットマン。

 

しかし再びゴッサムシティーが悪の手によって危機に落ちてしまうのです。

 

そんな作品で見どころは以下の3つになります。

 

  1. 全ての責任を追ったバットマン
  2. 地獄の監獄からの復活
  3. バットマンの新兵器たち
  4. ゴッサムシティーに訪れる至福と悲しみ

 

全ての責任を追ったバットマン

 

前作にてレイチェルを亡くし、大悪党ジョーカーの策略によって復讐の鬼になってしまったハービー・デント地方検事。

 

ハービーがゴードン警部家へ襲いかかり子供を殺そうとしたときに、バットマンがかばい死んでしまいます。

 

ハービーが殺した人も含めて全責任をバットマンが被り、ゴッサムシティーの表舞台から消えて行ったのです。

 

 

ブルース・ウェインもそれに合わせて屋敷に籠もって、生活する日々となっていました。

 

正義感の強いブルースだからこそできた行動でもあり、彼自身その行為に後悔はありませんでした。

 

普通の人ならそんな行動すらできませんね。

 

 

地獄の監獄からの復活

 

街に突如現れたマスクの男ベイン。

 

その報道を聞いて再びマスクをつけてバットマンとして街の平和に乗り出します。

 

しかし影の同盟で鍛えられたベインは、無敵でした。

 

幾度もなく戦ってきたブルースは体がボロボロでドクターストップもかけられていました。

 

 

ベインと対決をしますがあえなく敗戦、そしてベインが昔いた脱出不可能な地下監獄でもある奈落へ落とされてしまいます。

 

2度とゴッサムシティーに戻れないようにするためにです。

 

そして街の滅びる姿を映像で見せるつもりでした。

 

しかし不屈の精神でボロボロの体を治し、再び鍛えあげて奈落からの脱出を試みます。

 

2度失敗し精神的なものが原因だとしてされた3度目の挑戦で見事奈落から脱出に成功。

 

そしてゴッサムシティーに戻ってベインと対立します。

 

ある意味あんなところに落とされたらまた戻ろうなんて気になれませんよね。

 

 

バットマンの新兵器たち

 

今回もバットマンの新兵器が登場します。

 

ダークナイトライジング ザハット

 

今作に登場するのは、飛行型の乗り物「ザ・ハット」です。

 

まるで甲虫のような見た目をしていますが、飛行可能な戦闘機です。

 

相変わらず変わった乗り物ばかり乗りますよね。

 

ちなみに前作からの相棒でバイク型の「バットポッド」は一時的に見方となったキャットウーマンに貸し出します。

 

 

バットマンの武器勢揃いですね。

 

 

 

ゴッサムシティーに訪れる至福と悲しみ

 

バットマンが見事ベインを倒し、そして最後が今回の黒幕でもあるタリアも死にます。

 

そして残った核兵器を駆除するべく、バットマンが立ち上がります。

 

自らのザハットにくくりつけて沖まで出て自爆することを試み、キャットウーマンと別れのキスをします。

 

そしてゴードン警部とも別れの挨拶をしますが、その時バットマンが言った言葉にで誰なのかわかります。

 

 

そして沖まで出てザハットとともに自爆し、再びゴッサムシティーに平和が訪れたのです。

 

しかし街の英雄はこの自爆により死に、平和が訪れたものの市民に悲しみもありました。

 

しかしここはブルース、自動操縦しかできない設定だったザハットのデータを書き換えて実は生き延びていたのです。

 

それは最後アルフレッドがその姿を見ていたのです。

 

 

 映画「ダークナイト・ライジング」私が見た感想は?

 

3部作完結の映画でしたが、感想としてはこれほど完成度の高い映画はないの一言です。

 

幾度なく出てくる悪を倒して、街を平和にする。

 

 生身の人間がそんなことなかなかできませんよね。

 

そして何よりこのストーリー性が非常によくどんどん見たくなるような作りです。

 

そして衝撃的だったのが、CGをほとんど使用していないことです。

 

 

 映画「ダークナイト・ライジング」の自己総合評価は?

 

最後にこの作品を見て私が独断で自己評価したので締めくくります。

 

映画「ダークナイト・ライジング」の総合評価は....。

 

☆星4.9

 

正直ここまで完成度が高いとは思っていませんでしたが、3部作の最後にふさわしい映画です。

 

CGをほとんど使わず人間そして実際にバットマンが使う武器も作ってしまうところがまた破天荒な監督だなと感じました。

 

冒頭の飛行機で拉致する場面もCGではなく実際にやっています。

 

後0.1足りなかったのは、最後ロビンがバットマンが拠点としていた洞窟に行くシーンでジョセフ・ゴードン=レヴィット(ジョン・ブレイク/ロビン)が次の作品を作ってくれたらなという期待です。

 

とりあえずバットマンが役者が変わってリメイクのような形で作られていますが、正直クリスチャン・ベールのバットマンがいちばんです。

 

 

映画「ダークナイト・ライジング」無料で見る方法は?

 

映画「ダークナイト・ライジング」を見てみたいあなたへ。

 

でもお金払ってみるのもなっていう人には、U-NEXTがおすすめです。

 

 

このサイトは、動画見放題サービスを展開しています。

 

約14万本の動画が見放題と70誌以上の雑誌が読み放題という太っ腹のサービスです。

 

初めて加入する人は、なんと31日間の無料トライアルがついています

 

ちなみに無料トライアル以降は、月額料金は 1990円(税別)になります 。

 

申込については下記のリンクより可能です。⬇︎

 

 

ちなみに私もこの映画をU-NEXTで見ました。

 

 

アメコミヒーローバットマンの3部作は最高のストーリー!

 

3部作品の最終映画でしたが、まさかの結末にびっくりした人も多いでしょう。

 

私のその1人ですがさすがブルースそこは華麗に逃げていましたね。

 

超人的能力の持ち主もいいかもしれませんが、人間味のあるヒーローはよりかっこいいですよね。

 

是非是非見てみてはいかがでしょうか。