“Tabigraph タビグラフ”

ボンドはここから始まる 映画「007 カジノ・ロワイヤル」 ダニエルクレイグ ボンド始動(あらすじネタバレあり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

007 カジノロワイヤル ダニエル・クレイグ ジェームズボンド

 

 

あなたは007のジェームズ・ボンドの映画をみたことがありますか?

 

今回はその映画の中で6代目となるダニエル・グレイグ主演の作品、「カジノロワイヤル(CASINO ROYALE)」の作品についてまとめています。

 

 

  1. 「007 カジノ・ロワイヤル」概要
  2. 「007 カジノ・ロワイヤル」キャスト
  3. 「007 カジノ・ロワイヤル」のあらすじ
  4. 「007 カジノ・ロワイヤル」私がオススメする見どころ
  5. 「007 カジノ・ロワイヤル」私が見た感想
  6. 「007 カジノ・ロワイヤル」自己総合評価

 

 

映画「007 カジノ・ロワイヤル」のあらすじを結末までネタバレもしながら解説していきます。

 

作品概要、キャスト・出演者情報、また私が実際に見た感想や評価を紹介しながら簡単に解説します。

 

 

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。 

 

 

ボンドはここから始まる 映画「007 カジノ・ロワイヤル」 ダニエルクレイグ ボンド始動 概要について

 

007シリーズのボンド役に前作のピアス・ブロスナムに代わり、ダニエル・グレイグを初めて起用となった映画「007 カジノ・ロワイヤル」。

 

金髪に青い目という今までのボンドのスタイルとは異なり、批判も集中する中で撮影した今作品。

 

 

ライセンス00ナンバーをもらう前の話からスタートします。

 

 

ジェームズ・ボンドといえばクールになおかつ華麗に任務をこなしていく姿が印象的です。

 

しかし今作からは非常に人間味のあるジェームズ・ボンドが描かれています。

 

上司Mから投げられる無理難題をいかにして解決していくかが見所でもあります。

 

 

007 「カジノ・ロワイヤル」 スタッフ・キャストの紹介

 

監督:マーティン・キャンベル

原作:イアン・フレミング

脚本:ニール・パーヴィス ロバート・ウェイド ポール・ハギス

出演:ダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)

エヴァ・グリーン(ヴェスパー・リンド) 

マッツ・ミケルセン(ル・シッフル) 

ジュディ・デンチ(M)

ジェフリー・ライト(フィリックス・ライターCIA)

ジャンカルロ・ジャンニーニ(ルネ・カルロス)

イェスパー・クリステンセン(Mr.ホワイト)

 

 

ボンドはここから始まる 映画「007 カジノ・ロワイヤル」 あらすじについて

 

英国秘密情報部MI6の諜報部員であるジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)

 

 

話の始まりは、内部情報を横流ししているM16局長のドライデン殺害を上司M(ジュディ・デンチ)より指示されるところから始まります。

 

 

00へ昇格するには2人殺す必要があり、M16局長のドライデンとその相棒の2人をチェコ・プラハで始末します。

 

それにより、ボンドは晴れて殺しのライセンス00ナンバーに昇格、007として活動を開始することになります。

 

 


ボンドはここから始まる 映画「007 カジノ・ロワイヤル」私がオススメする見どころ

 

ダニエル・グレイグを初めて起用となった映画「007 カジノ・ロワイヤル」。

 

この作品での見所は、3つあります。

 

  1. 人間味のあるジェームズ・ボンドの姿とスタイル
  2. ボンドガールでもあるヴェスパー・リンド
  3. 宿敵、ル・シッフルとのカジノ対決

 

この観点で意識しながらこの作品を見てもらえると面白いと思います。

 

 

人間味のあるジェームズ・ボンドの姿とスタイル

 

ジェームズボンド ピアースブロスナム

 

前作品まで主演だったピアス・ブロスナムは、クールで高身長そして不死身の感じ。

 

男が憧れるような要素が満載です。

 

 

しかし今作からは非常に人間味のあるジェームズ・ボンドがへと変化します。

 

もちろん不死身な感じは変わりませんが、傷だらけのボンドは今までにはあまりありません。

 

その姿を注目して他のボンド作品を見るとまるで違います。

 

 

またもうひとつはジェームズ・ボンドのスタイルです。

 

見た目の違いは、すぐに見てわかるでしょう。

 

金髪に青い目ということでジェームズ・ボンドのイメージを大きく覆しました。

 

それによって批判もかなり当初を出ていましたが、結果的にその批判も跳ね返した作品にもなりました。

 

そして00ナンバーをもらう前からの作品となるため、スーツスタイルになっている時間が割と短いです。

 

私服姿が多いので、それも今までにない新鮮さがあります。

 

 

ただどの服も似合ってるのがまたいいですね。

 

ポロシャツ、シャツ、タキシード。

 

007 カジノロワイヤル ダニエル・クレイグ ジェームズボンド

 

電車での場面、このスーツ姿に慣れてない感じも00ナンバーをもらいたてってのが伝わってきます。

 

さりげなくオメガの時計をアピールしてくる映画の脚本も好きですけどね。

 

Omega Seamaster Planet Ocean 2900.50.91

 

ちなみに今作で着用していたオメガはこちらです。

 

Omega  Seamaster Planet Ocean 2900.50.91になります。

 

 

服もそうですがもうひとつボンドスタイルで1番見て欲しいのが、ボンドカーです。

 

アストンマーチンなんですが、今作の中でギネス記録も受賞した貴重な車でもあります。

 

劇中にクラッシュして回転した回数が、過去最高ということで受賞しました。

 

スタントの方がすごいなというのが正直な感想です。

 

あの車も欲しいなと思いますが、なんせ2,000万円オーバーなので一般市民には全く手が出せませんね。

 

 

ボンドガールでもあるヴェスパー・リンド

 

次に注目して欲しいのが今作のボンドガールでもあるヴェスパー・リンドです。

 

正直この女優さんはめちゃくちゃ美人です。

 

 

それがどうしても伝えたかったというのもありますが、ジェームズボンドが初めて本気で愛した女性としても注目されています。

 

 

残念ながらヴェスパー・リンドはジェームズ・ボンドを助けるために、自分の死と引き換えに亡くなりました。

 

いや無茶苦茶残念でしたが、今後の作品の中でも触れることが多いです。

 

しかし直近の中で1番美人ではないかと感じたボンドガールでした。

 

 

宿敵、ル・シッフルとのカジノ対決

 

最後に紹介するのが今作品の最大の敵でもあるル・シッフルとのカジノ対決です。

 

今作の題名にもなっていますが、今までの作品とは異なりゲーム要素が映画後半で展開されます。

 

ル・シッフルが飛行機爆破の計画が大失敗したで穴埋めとしてカジノをしにいきます。

 

Mは財務省のヴェスパーリンドと共に、ル・シッフルを潰すためにモンテネグロで開催されるカジノへ行くよう指示します。

 

 

タキシードに着替えゲームをプレイするボンドは、また一風変わったボンドへと変化します。

 

 

しかしこのカジノですが、テーブルの上でのカードの攻防だけではないのがまた面白いところです。

 

カードでも騙し合いまた資金の取り合いもありますが、合間にル・シッフルに資金を返すようにと催促しにきたテロリストとの戦い。

 

またボンドが負けが混んで資金が底をついてしまいます。

 

資金追加をヴェスパーに断られてル・シッフルを殺そうと動いた時に、CIAのフィリックスライターが助けでボンドに資金を提供されます。

 

再びゲームを再開しようという時に、ボンドはル・シッフルに毒を盛られます。

 

ボンドは自身のアストンマーティンに乗ると、緊急用の解毒剤を服用します。

 

しかし心臓が止まってしまいますが、ヴェスパーの助けにより息を吹き返したボンド。

 

 

ゲーム再開後すべての金額をかけて、ル・シッフルもすべての金額をかけて戦います。

 

最終的にボンドが勝利し、テロリストへの資金を流すのを防止成功しました。

 

その後の拷問がまた今までのないボンドの姿です。

 

  

ボンドはここから始まる 映画「007 カジノ・ロワイヤル」 私が見た感想は?

 

今作品「007 カジノロワイヤル」を見て感じたことは、このジェームズ・ボンド作品は最高の一言です。

 

 

私も当初金髪に青い目というのが、正直全然しっくりきませんでした。

 

全作品主人公のピアス・ブロスナムが私の中でジェームズ・ボンドという認識がかなり強かったです。

 

 

またダニエル・グレイグが今作をする前の出演作品がトゥームレイダーの作品でした。

 

どちらかといえば映画内ではしょぼい役でした。

 

その役が頭の中にあったので、なんだかなと思ってみ始めました。

 

 

しかし最終的に見終わると自然と、ジェームズボンド=ダニエル・グレイグに変わってました。

 

 

これは他に見られた方も感じたでしょう。

 

ダサいジェームズボンドとは言わせないというのが感じられる最高の作品です。

 

また愛した女性ヴェスパー・リンドが亡くなってしまったのは、少し残念でした。

 

 

007 カジノロワイヤル ダニエル・クレイグ ジェームズボンド

 

しかし作品最後に、決め台詞。

 

私の名前はボンド、ジェームズ・ボンド( bond james bond)。

 

これがシビれましたね!

 

 

ボンドはここから始まる「007 カジノ・ロワイヤル」自己総合評価は?

 

最後にこの作品を見て私が独断で自己評価したので締めくくります。

 

映画「007 カジノ・ロワイヤル」の総合評価は....。

 

 

☆星4.6

 

 

その理由は、前作品主演のピアス・ブロスナム演じるジェームズボンドと全く違うところが良かったことです。

 

見た目も違いますが任務に全うしながら傷だらけになり、なお愛する人まで亡くすそんな姿は今までの作品ではありませんでした。

 

00ナンバーを受け取る前の作品ということで、新たな作品の始動ということで次の作品に期待を込めたのもあります。

 

 

比較として見て欲しいのは、こちらの前作品主演のピアス・ブロスナムが最後に演じたこの作品です。

 

全部見るとわかりますがいろんな面で違いますよ。

 

違うからこそ面白いのです。

 

 

まとめ ダニエルクレイグ初作品のカジノロワイヤルは最高だった

 

いかがでしたでしょうか。

 

ダニエル・グレイグを初めて起用となった映画「007 カジノ・ロワイヤル

 

青目に金髪と今までのイメージを覆した作品となりましたが、これは新たなジェームズボンドの始まりです。

 

正直私は期待を裏切られた作品として、今でも繰り返し見てしまうぐらいです。

 

是非2020年4月10に公開の映画「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」をご覧の前にこちらの作品をご覧ください。