“Tabigraph タビグラフ”

マカオ

ホテルリスボア マカオ5つ星の老舗ホテルへ1人で宿泊してみた【宿泊レビュー】

世界遺産を全制覇をして、達成感を味わった。

遠くには自分が泊まるホテルの隣にある「グランドリスボア」が見えます。

本記事ではそのグランドリスボアの隣にある老舗ホテル「ホテルリスボア」について解説をしていきます。

あなたも老舗ホテルへ一度泊まってみませんか?

遠くから見えるのはお隣のグランドリスボア

無駄に大きいし派手だからほんとにわかりやすい建物なのが「グランドリスボア」です。

その隣にあるのが「ホテルリスボア」です。

もともとこちらが先に建てられていましたが、「グランドリスボア」が建ったことで少し地味な存在になっていまいました。

しかしそれはあくまでも外見だけ、中を見ればあなたも驚くはず。

ホテルリスボアのロビーフロアに圧倒された

ホテルリスボア内

チェックインの為に館内へ入ると、この風景を見て腰抜けそうになりました。

こんな派手なフロント見たことがない。

よくわかららない置物までたくさんある。

感心しながらエレベーターを待つ間、自分が汗だくなことを思い出す。

ボーイさんに多分、

「なんだこのアジア人、汗だくだしびちゃびちゃじゃないか」

と思われたかもしれないがもはや気にしていなかった。

もしかしたら5ツ星だからそんなことすら気にしてないのかも。

ボーイさんにチップを渡し別れる。

部屋に入り見た光景に驚きました。

ホテルリスボア マカオ5つ星の老舗ホテルの部屋を紹介

少しすでに散らかしてしまっていますが、入ってすぐに大きな部屋があります。

ホテルリスボアのベッドルーム

部屋内

ソファも四人掛けれるしっかりとしたものです。

クローゼット

クローゼットもとても一人使えるような大きさでないものが置かれています。

全部撮り切れないぐらいの広さ。

とりあえず一人ではもったいない広さ。

ホテルリスボアのバスルーム

洗面所

海外はシングルルームが日本のように存在しない為、バスルームも二人用の作りになっていました。

そのため洗面台も二人分あります。

そして注目はなんと言ってもこの写真に写っている緑色の小物。

これなんだと思いますか?

img class=”hatena-fotolife” title=”f:id:shinyboy:20180911225007j:image” src=”https://www.travelphotolover.com/wp-content/uploads/2018/09/20180911225007.jpg” alt=”エルメスのアメニティ” />

はい、正解はエルメスのアメニティなんです。

初めてこんなのアメニティを見ました。

さすが5ツ星クラスのホテル、一流品を使ってらっしゃいます。

もう女子が来ればイチコロでしょうね。

もちろん私も使ってみました。

感想はといいますと….。

やっぱり慣れた日本の商品のが使いやすいのその一言です。

と言いいますのも、やはり香水を取り扱っている関係もあり、非常に癖のある匂いがシャンプーやボディソープについています。

海外ならあの匂いねとすぐ想像できるような匂いです。

海外の方は好まれそうですが、薄味、井草の匂いを好む日本人にとってみれば少し合いづらいアメニティでしょう。

※勝手な日本人のイメージ

f:アメニティ

他のアメニティは、ホテルリスボアのデザインが印刷されています。

日本よりアメニティの数が多いのも海外ならではのサービスです。

日本ならこんなのいらないのになーなんて思われたりもします。

シャワーブース

ちなみにこちらはシャワーブースです。

サイドから水を出すことができ、ジャグジーのようなタイプです。

まあ正直そこまで感激するほどのものではありませんでした。

どのボタンを押したらどこから出てくるのかイマイチわかりませんでした。

こんなシャワーブースより何気に感動したのはこちらです。

金色のスリッパ

金色のスリッパ。

日本だと白がメインのスリッパですが、ここはまさかの金色。

記念にこれ持ち帰ってきました。

お隣の派手なグランドリスボアもまた魅力的

エレベータからの景色

エレベータからの景色。

グランドリスボア

お隣さんのグランドリスボアです。

夜になると一層派手になります。

これを撮りにわざわざ外へ出て来る観光客も多いです。

それこそセルカ棒を持ってる人たくさんでした。

私もSJCAMにて自撮りしました。

老舗ホテルのホテルリスボアのカジノも健在

ホテルリスボアのカジノ場

こちらはホテルリスボアのカジノ場。

もともとこちらが先に建設され運営されておりましたが、新たに「グランドリスボア」がオープンにより活気がそちらに奪われてしまいました。

実際リスボアの方では、ほとんどカジノをする人も見かけませんでした。

この二つのホテルは、遊歩道によってつながっています。

そのため行き来することができるんです。

私も10回以上往復しました。

部屋に帰ったり食事したり、お金取りに行ったりと色々。

便利だし活気があるのは「グランドリスボア」なので皆さんそちらでカジノをされていました。

ホテルリスボアの宿泊代金はいくら?

ここまで紹介してきましたが、気になるこのホテルの値段。

今回楽天トラベル にて予約しました。

お値段はなんと1,000ポイント使って一室なんと10,012円。

5ツ星でこの値段は正直破格すぎます。

楽天のクーポンを使えたも大きな要因です。

ただ他の予約サイトとも比較したいよって人は、下記のリンクから検索!

AGODAでガレリア10スクンビットバンコクを検索

Hotels.comでガレリア10スクンビットバンコクを検索

booking.comでガレリア10スクンビットバンコクを検索

EXPEDIAでガレリア10スクンビットバンコクを検索

ホテルリスボアに泊まってみた感想について

今回初めて5つ星ホテルに泊まりましたが、さすがと思うぐらい満足できるホテルでした。

よく口コミではちょっと古臭いホテルなんて書かれたりしていますが、確かに老舗ホテルで深夜特急の本でも出てくるぐらい。

でも老舗だけあり安心感もあり私としては過ごしやすかったです。

またカジノをする上でホテルリスボアとグランドリスボア両方とも行けるので非常に楽です。

部屋の広さも満足できるものでまた泊まってみたいなと思えるホテルでした。

古いと言わるけどやはり5つ星格のあるホテルリスボアは別格だった

正直5つ星ホテルを約1万円で宿泊できてしまうのは超お得です。

日本で5つ星となれば数万円するところをなんと1万円で泊まれてしまうそれがホテルリスボアの魅力です。

古い古いと言われながらも、老舗ホテルだけにきちんと手入れはされています。

それに新しいグランドリスボアともつながっているので、カジノ好きの方でも満足いくでしょう。

カジノと観光両立したい方にはうってつけのホテルです。

ABOUT ME
すずめのぴんぴ
30歳元サラリーマン/旅ブロガー ブログ“Tabigraph タビグラフ” 毎週日曜日19時に更新📖 海外在住経験を経て旅行バカへ変身!ブログでは旅情報、生活情報などを配信中

当ブログはブログ村のランキングサイトへ参加しています!

もしよろしければ下のバナーをクリック応援お願いします!

今後ブログを続けていく励みにすごくなります

⬇️こちらのリンクをクリック⬇️

にほんブログ村 旅行ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村