“Tabigraph タビグラフ”

“Tabigraph タビグラフ”

旅とカメラをテーマに、会社員が世界を巡る

私がアジアを好きになるきっかけとなった露店スポット「ノイヤンガイ」と「ナンヤンガイ」へ

スニーカー街を楽しんで後、次なる目的地へ。

 

 

その前に長蛇の列になっている店を発見。

何をそんなに並んでいるのだろうとみてみることに。

 

謎のココナッツジュース屋へ

 

ココナッツジュース

 

なんとココナッツジュースの店に出会いました。

 

実際購入をしましたが、目の前でココナッツをさばきミキサーでジュース上にしていきます。

ほんと出来立てほやほやの商品が飲めるというのも新鮮でした。

 

価格はすみません忘れました。

でもコップやボトルタイプによって値段が異なります。

そしてココナッツジュースの後ろの店の張り紙を見てください。

 

飲食男女!

 

どういう意味なんだろ。

非常に気になった瞬間でした。

 

ココナッツジュースを飲みながら進むことに。

で向かった先は、私がアジア圏が好きになった発端というべきところ露店街へ。

 

香港の観光スポットでもある露店街へ

 

香港には有名どころが2か所あり、

女人街(ノイヤンガイ)男人街(ナンヤンガイ)

読んでのごとく女と男。

 

ノイヤンガイには女性ものを中心とした服飾雑貨置いてあります。

 

ナンヤンガイには男性の服電化製品子供用おもちゃなど売られております。

 

ガイドブックには必ずと言っていいほど載っておりますが、いわゆるグレーゾーン的な場所です。

 

と言いますのも、パロディー物がいたる所で販売されております。

 

前回来た2014年の時は、友人たちがサッカーのレプリカのユニフォームを大量買い。

私は興味なかったので、パロディーのラルフローレンのポロシャツを購入。

意外に物が良かったので満足。って買っちゃうのかい。

 

買わずに見ているだけでも十分楽しめるそんなストリートです。

 

早速ノイヤンガイへ行ってみることにします。

 

ノイヤンガイへ行ってみた

 

ノイヤンガイ風景

 

案の定女性ものが中心でしたが、ユニセックス用バック、財布なんかも売られています。

 

イッセイミヤケもどきのバックもありました。

流行りなのかな?本家は正直見たことがありません。

後程ホテルに戻ってみましたが、かなりいいお値段。

だからここで売られているのでしょうね。

 

女性用のアクセサリーなどはいたるところで売られています。

現地の人もいれば、黒人、白人の人がいるなど様々です。

ある意味グローバルな空間ですね。国際交流です。

 

後はコスプレ用の服?ウィッグなんかも。

誰が使うんでしょうか?

 

おしゃれなボトル型の傘なんかも売っています。

香港は気候的に温暖ですが、時たまくるスコールも割と多いです。

 

雨季もあるため、そのシーズンはこういうのを重宝します。

以前書いたグアムでもスコールが多く現地で落ちた民傘を購入しました。

持ってこずに現地で買うのもお土産の一つになるのでお勧め!

 

また進んでいくと、子供用の服なんかも売っていました。

女性が来るからそれに合わせてちびっこのものも売っちゃ的なノリですかね。

 

で実は女性ものの多いこのノイヤンガイですが、一部男性ものもあります。

恐らく彼氏彼女できたカップルなどを狙っているのではないでしょうか。

なので男性も多少楽しめます!

 

だいたい1キロ前後露店は広がっています。

一直線なので割とわかりやすいです!

でもいいの見つけて後でいいやなんて考えているとまた見つけるのは案外大変です。

 

続いて場所を少し移してナンヤンガイへ。

 

ナンヤンガイへ行ってみた

 

ノイヤンガイからは、電車でも行けますし徒歩でも行けます。

せっかくなので今回は徒歩で行くことにします。

 

f:id:shinyboy:20180812214900j:plain

 

当たりも割と暗くなってきて、香港らしさもだいぶ出てきました。

よくジャッキーチェンの映画など見ていると香港舞台の際、点灯する街灯なんかもよく目にします。

あれ生で見るとかなり綺麗です。

 

ということでノイヤンガイへ到着。

 

街の風景

 

少し奥の方から入ったので店によっては、商品をしまい始めているところも。

でもまだまだこれから。通りを見ていきます。

 

ノイヤンガイ

 

写真に写っているように、Tシャツ、ズボン、サングラスなどをはじめとしたファッション関係からおもちゃ関係、小型扇風機などいろいろ販売されております。

 

ある意味まとまりのない通りでもあります。

 

夜市風景

 

ちなみに繁華街に面している表はこんな活気。

まあとりあえず人が多い。

 

そんな時に見つけた店へはいっていく。

店内を見ていると、声を掛けられる。

 

香港に来て初めての買い物へ

 

女店員「ハロー、何か気になるものあるかい」

 

自「....。」

 

とりあえず興味が出る商品があるまで反応はしません。

反応するとどんどん話しかけられてしまいます。

 

で見ているとマフラーを発見。

日本に帰って冬場使えそうな感じのデザイン。

 

女店員「気になるのかい?見てみるかい?」

 

イエス言う前に勝手に袋から出す。

 

赤、青、黒、グレーなど多彩な色がありその中でブルーが一番見た目がよかった。

だがさすが海外、少しほつれがある。

まあその辺も販売してしまうところもすごい。

 

女店員「シルク100%だからいいよ。値段は250香港ドル。」

 

自「250香港ドル....。」

 

って単純に計算したら日本円でおおよそ3625円。

結構する。

でも言えることは、これは絶対シルクではない。

 

もう既に高値を吹っ掛けられたので買う気は失せ、退散することにします。

 

すると例のごとくストップコールがかかる。

 

女店員「いくらなら買うのよ?教えて」

電卓を渡してくる。

 

口頭で自分は100香港ドル(約1400円)と伝える。

 

するとまさかの返しが。

 

女店員「いいよ」

 

えっまじか。これ買わなきゃいけないやつやん。

言い値が通ってしまったので、もう引き下がれず。

 

結局購入。

 

久しぶりの海外で自分の感覚が鈍っていた。

一人旅で香港、初の洗礼を浴びました。

 

さらなる自由な旅へ。

 

 

www.travelphotolover.com

 

  

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村