“Tabigraph タビグラフ”

日本

隠れ名店なみまちベーグル 鎌倉で美味しいベーグルが食べれるお店へ行ってみた【食レポ】

鎌倉なみまちベーグル

鎌倉といえば海と海産物が思い浮かぶでしょう。

でもそんな場所でパンが有名なのはご存知ですか?

実は鎌倉にはめちゃくちゃ美味しいベーグル屋さんがあるのです。

本場の海外のベーグルに匹敵するぐらい美味しい店です。

本記事では海外のベーグルに匹敵するぐらいベーグルを販売する「まちなみベーグル」さんのお店、商品についてまとめています。

これを読めば、あなたも鎌倉に訪れた際は絶対寄って見たくなるに違いありません。

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。 

隠れ名店なみまちベーグル 鎌倉で美味しいベーグルが食べれるお店へ行ってみた【食レポ】

今回ご紹介するのは神奈川県鎌倉市にありますベーグルを販売するお店「まちなみベーグル」です。

鎌倉でベーグルなんて思われる方もいるかもしれませんが、これがまた美味しいんです。

たまたま私も鎌倉へ行く際に色々と調べていたらこのお店について知ることができました。

なかなか鎌倉でパン屋さんというイメージがしづらいですが、意外にもこうした穴場のお店が多いです。

ベーグル好きの私にとってみればめちゃくちゃ嬉しいです。

早速お店へ向かって見ました。 

なみまちベーグルのお店の様子について

鎌倉なみまちベーグル

江ノ電の長谷駅より約5分にあるこちらの「まちなみベーグル」。

一本路地裏に入った場所にあるこのお店は元々築100年の古民家でした。

しかしこのようにして改装を行い、今ではベーグル屋さんとして営業をされています。

古民家だからといって古臭さは全くなく、洗礼されたきれいな作りのお店です。

このお店の特徴は店内にある工房で全て手作りされている完全オリジナルのベーグルです。

北海道産小麦・はるゆたか100%、ホシノ天然酵母、天日塩・シママース、はちみつだけを使用し、良質な素材にこだわり、体に優しいベーグル作りを心がけています。

※まちなみベーグル公式サイトより引用

食材にも意識をされているので、安心してなおかつ美味しいものが食べれます。

店内にはテーブル席もありイートインすることも可能です。

この日はあいにく全席埋まってしまって、待ちの方もいたのでテイクアウトすることにしました。

店内の様子も撮りたかったんですが、他のお客さんもいたので断念。

言葉だけの説明になりますが、非常に雰囲気の良いお店です。

なみまちベーグルのメニューについて

では皆さんの気になるベーグルですが、年間50種類以上を展開されていて季節ごとに15種類あります。

価格も200円前後からあるので、非常にリーズナブルです。

その中で私のオススメは、この4つです。

  1. プレーン
  2. ダブルチェダー
  3. オニオンベーコンチーズ
  4. 明太子クリームチーズ

もし甘いベーグルを食べたいなら、これらがオススメです。

  1. ダブルチョコレート
  2. ミルクティーオレンジ
  3. ミルクティー
  4. キャラメルりんご

正直15種類もあると迷ってしまうので、もし迷ったら私がオススメした4種が良いです。

ちなみにここで購入したベーグルサンドにしてもらうこともできます。

十分ベーグルだけでも美味しいですが、贅沢にいくならベーグルサンドにしてしまいましょう。

スモークサーモンとバジルクリームチーズや鎌倉しらす&カマンベールチーズなど少し変わった具材も使用されています。

最後にドリンクも販売していて、私のオススメは通常のコーヒーです。

焙煎=作品という考えでコーヒーと向き合っている「ROSTRO」の焙煎師、清水慶一氏が手掛けた“なみまちベーグルオリジナルブレンド”。ほどよい苦みとコクが特徴のこだわりコーヒーをていねいにドリップします。

※まちなみベーグル公式サイトより引用

このようにこだわりのあるコーヒーを販売されているので、ベーグルと一緒に頼んじゃいましょう。

なみまちベーグルを持って海沿いで食べてみよう 

さあ買ったらすぐに食べたくなってしまうので、食べてみることにします。

残念ながら私が行ったときは満席だったので、天気の良い夏だったのでせっかくならで海沿いで食べることにします。

お店が海まで30秒ほどの場所にあるので、どうせなら鎌倉の潮風を浴びながら食べるとなお鎌倉にきた感じがします。

鎌倉なみまちベーグル

海沿いに到着し、ちょうど座れそうな場所があったので着席。

今回はベーグル4種とアイスコーヒーを注文。

写真映えもバッチリ、可愛いロゴが非常に好きになりました。

鎌倉なみまちベーグル

紙袋もおしゃれで良いです。

鎌倉なみまちベーグル

アイスコーヒーも美味しいし、容器もこれだけでおしゃれな感じです。

夏場にはアイスコーヒーが1番です。

鎌倉なみまちベーグル

そして今回食べたのは「ダブルチェダー」のベーグルです。

私の中でベーグルで1番好きな味は、チーズ味。

味はこだわりがあるだけあって、めちゃくちゃ美味しいの一言です。

毎日手作りで作られているので、なおのこと美味しい。

のんびり食べながら海を眺めるのは究極の贅沢です。

もし店内がいっぱいで食べる場所どうしようとお考えの方は、そのまま買って海沿いへいきましょう。

むしろ季節や天気によりますが、なんだか非日常感もあって良いですよ。

海沿いで食べるときは鳶に注意しよう 

最後にもしあなたが海沿いでベーグルを食べるなら、「鳶(トンビ)」には注意しましょう

え?どういうこと?と思われるかもしれません。

鎌倉では鳶が海沿いをよく飛んでいます。

その鳶がたまにではありますが、人が歩いているところへ飛んでくることがあります。

私自身今回2回目の鎌倉のためそのことは知りませんでしたが、たまたま海沿いで食べていたら友人がベーグルを持つ手を鳶に攻撃されたのです。

少し切り傷ができてしまいましたが、それよりも食べていたベーグルが無残にも地面へ。

まちなみベーグルトンビに攻撃された後
まちなみベーグルトンビに攻撃された後

こんな感じで攻撃されるのも嫌ですが、何より鳶に攻撃されて食べていたベーグルを落とされるのは悲しいものです。

もし海沿いでベーグルを食べる際はくれぐれもトンビにご注意ください。

なみまちベーグルに行ってみた感想 

今回なみまちベーグルへ行ってみて、こんなお洒落なベーグル屋さんが鎌倉にあるんだなと感動しました。

元々私自身ベーグルが好きで、よく食べています。

しかしここのベーグルは毎日手作りでベーグルのみ作っているのもあり、他のお店とは段違いの美味しさでした。

何より鎌倉=海鮮というイメージが非常に強かったため、鎌倉でベーグル食べれるなんてという新鮮さと驚きでよりよく感じたのだなと改めて振り返って思いました。

普段ベーグルを食べてない方でも、ここのベーグルを食べればきっとハマるに違いありません。

そして何より雰囲気の良い店内で食べていれば、時間が過ぎるのが早く感じるでしょう。

もしくは私のように天気が良ければ持ち出して、海沿いで食べるのもまたいいです。

なみまちベーグルの営業時間・アクセス

なみまちベーグルの営業時間、アクセスは以下のようになります。

営業時間

9時30分〜16時(定休日なし)

9時30分のオープンから焼きたてベーグルが順次並びます。

サンドやフレンチトーストなどのランチセットは11時〜14時30分(ラストオーダー)となります。

※まちなみベーグル公式サイトより引用

アクセス

江ノ電「長谷駅」下車後、約5分

海沿いまで30秒

公式HP:なみまちベーグル on Strikingly

美味しいベーグルが食べれる隠れ名店は最高!

鎌倉=海鮮というイメージが非常に多いです。

しかしこうした海産物以外の物を販売している隠れ名店がたくさんあります。

そして間違いなく名店の中で1番美味しいのはこのまちなみベーグルです。

家の近くに欲しいそんなふうに思えるお店です。

是非鎌倉へ来た際はちょっと寄り道して寄って見てはいかがでしょうか。

絶対に寄って後悔はしません。

ABOUT ME
shinyboy
29歳サラリーマン/旅ブロガー/ ブログ“Tabigraph タビグラフ” 毎週日曜日19時に更新📖 海外在住を経て旅行バカへ変身 ブログでは旅情報、生活情報を配信

当ブログはブログ村のランキングサイトへ参加しています!

もしよろしければ下のバナーをクリック応援お願いします!

今後ブログを続けていく励みにすごくなります

⬇️こちらのリンクをクリック⬇️

にほんブログ村 旅行ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村