“Tabigraph タビグラフ”

絶対横浜ならヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルに泊まるべき【宿泊レビュー】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

横浜インターコンチネンタルホテル

 

 

横浜のホテルといえばどこが浮かびますか?

 

おそらく浮かんだホテルの中のひとつでしょう。

 

今回紹介するのは「コスモクロック21」の観覧車がホテルから見えるヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルです。

 

本記事では以下のことについてまとめています。

 

  1. ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのホテル紹介
  2. ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのホテルへのアクセス
  3. ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの部屋について
  4. ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル部屋で撮れる写真
  5. ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル周辺について
  6. ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルにお得に泊まる方法

 

 

あなたもこれを読んで、観覧車が見えるヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルへ泊まってみませんか?

 

 

  ※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。 

 

 

絶対横浜ならヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルに泊まるべき【宿泊レビュー】

 

コスモクロック21

では早速横浜インターコンチネンタルホテルについて紹介していきます。

 

簡単にヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの情報だけ先に触れていきましょう。

 

場所は、横浜のみなとみらいにあります。

 

最初に紹介したようにみなとみらいの観覧車「コスモクロック21」の近くにある一風変わった形のホテルです。

 

ホテル全体を写真で写すのが大変。

 

 

 

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのホテルへのアクセス

 

ホテルまでのアクセスは以下のようになります。

 

電車の場合、みなとみらい線「みなとみらい駅」下車後徒歩5分です。

 

桜木町駅から徒歩約10分です。

 

 

そうオフィシャルサイトに書いてありますが、自分で歩いてみて最低10分はかかるなという感じでした。

 

特に初めていく方はまず5分でつくことはないでしょう。

 

 

車の場合は「みなとみらいランプ」にて出た後おおよそ2分です。

 

駐車場はパシフィコ横浜地下1階の「みなとみらい公共駐車場」へ停めてください。

 

こちらは普通車1,154台収容可能な巨大駐車場です。

 

 

ホテル専用駐車場ではありませんので、これだけの広さがあります。

 

駐車場はA~Dブロックに分かれていますが、ホテル棟に1番近いブロックはAブロックになります。

 

出来る限りAブロックに近いところに停めましょう。

 

 

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルのホテル紹介について

 

ではここからホテルの解説していきます。

 

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの総客室数は594室と馬鹿でかいホテルなのです。

 

レストラン・バー両方合わせて8箇所もあるので、館内だけで食事を終わらせることができます。

 

海沿いでこの綺麗なホテルでもありますが、周辺に観光地がたくさんあり非常に立地として便利な場所です。

 

 

近くにはロイヤルパークホテルやニューオータニインなど数多くホテルもあります。

 

そんな綺麗な海沿いにある少し外見が変わったヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルへ宿泊をしてみました。

 


ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルの部屋について

 

気になるお部屋について紹介していきましょう。

 

 

今回宿泊したお部屋は、デラックスツイン シティビュー(街側)の部屋を予約。

 

素泊まりで平日宿泊だったので、2名でなんと12,400円で泊まれました。

 

一人当たり6,200円で泊まれるのは嬉しいですね。

 

めちゃくちゃ安く予約できるのもあって今回ここに決めたのもひとつの理由です。

 

早速部屋の中を紹介していきましょう。

 

横浜インターコンチネンタルの部屋からの風景

 

まずこのデラックスツイン シティビュー(街側)の部屋の特徴はなんと言っても観覧車が部屋から見えるところです。

 

これがここを予約したもうひとつの理由です。

 

 

なんか部屋から見えると特別感を感じますが、私の部屋は珍しく観覧車の縦姿が見れました。

 

普通円状が見えるはずが、まさかの縦姿が見れるという面白い部屋です。

 

横浜インターコンチネンタルの部屋風景

 

ベットはツインタイプになります。

 

他の部屋ではダブルサイズのベットもあります。

 

横浜インターコンチネンタルの部屋風景

 

玄関口に戻りまして、クローゼット内を見ていきましょう。

 

使い捨てスリッパ、靴べら、洋服ブラシ、アイロン代とアイロン本体。

 

横浜インターコンチネンタルの部屋風景

 

ここでびっくりしたのは体重計があったことです。

 

買い物しまくってそれの重さを測るためのものなのか、もしくは中華街でどれだけ太ったか測るものなのか謎です。

 

 

横浜インターコンチネンタルの部屋風景

 

その隣にはコップ類、電気ケトル、氷入れなどもあります。

 

基本的にここにあるパック系の飲み物は無料です。

 

では今度はバスルームへ行ってみましょう。

 

横浜インターコンチネンタルの部屋風景

 

バスルームにはアメニティはもちろん固形石鹸があります。

 

バスアメニティの種類を忘れてしまいましたが、珍しくシャンプー、コンディショナーのみ2セット。

 

ボディソープは液状ではなく固形の石鹸で洗う感じでした。

 

黒い袋の中にはドライヤーが入っています。

 

横浜インターコンチネンタルの部屋風景

 

最後に浴槽ですが、180㎝ある私でも余裕で入れる広さです。

 

こちらにも固形石鹸が置かれていました。

 

あと滑りやすいので滑り止めとして浴槽内に入れるゴムのマットも置かれていました。

 

ちょっとした心遣いが嬉しいですね。 

 


ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルで部屋で撮れる写真

 

次にこの デラックスツイン シティビュー(街側)の部屋からはこんな写真が撮れます。

 

写真映えを意識した写真を撮りたいなら、この部屋はオススメです。

 

 

横浜インターコンチネンタルの部屋での撮影

 

ではまずこちらの写真です。

 

私が普段アクセサリーとしてつけているモノたちをオシャレに撮ってみました。

 

窓際がちょうどレザーのソファー状になっているので、こちらで腰をかけて座ることもできます。

 

 

あえてそこに私はアクセサリーを乗せて、撮ると後ろにちょうど観覧車が写るのでオシャレな写真になりやすいです。

 

 

横浜インターコンチネンタルの部屋からの景色

 

ちなみに部屋から写真を普通に撮るとこんな感じになります。

 

これじゃなんとなく微妙ですよね、普通に撮れてしまう。 

 

ヨコハマインターコンチネンタルの部屋とビール

 

何かモノを手前に置くことでこのようにオシャレな写真へと変化します。

 

夜になればライトアップするので余計に綺麗な幻想的な写真へと変化します。

  


ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル周辺の観光地について

 

次にここへ泊まったら周りにどんな場所があるのか簡単に解説していきます。

 

このホテルのアクセスの良さも売りなので、この辺りは余裕でいけます。

 

では紹介していきます。

 

クイーンズスクエア横浜

 

まず紹介するのはこちらの施設です。

 

もしあなたが電車で来た場合ここを通過してホテルへ向かうはずです。

 

商業施設になっていて、数多くの飲食店、ショップが点在する場所です。

 

雨の日でも濡れることなく買い物もできるのでオススメです。

 

 

よこはまコスモワールド

 

よこはまコスモワールドのコスモクロック21

 

次に紹介するのはみなとみらいでお馴染みに遊園地スポットです。

 

こちらで写真によく出てくるのが、コスモクロック21のこの観覧車です。

 

その他乗り物も多くあり、子供たちにはオススメの場所です。

 

屋内にはアーケードゲームもあり、的当てやバスケットシュートなどいろいろあります。

 

カップヌードルミュージアムよこはま

 

次に紹介するのは、世界の食べ物のひとつになっているカップヌードルです。

 

こちらでは工場見学もできますが、実際にあなたオリジナルの世界にひとつのカップヌードルを作ることができます。

 

みなとみらいにきたら絶対夜スポットでもあります。

 

 

横浜ワールドポーターズ

 

次はカップヌードルミュージアムを少し先に歩いた場所にあるショッピングモールです。

 

買い物や食事をもすることができ、観光地っぽいところが飽きたならここもいいでしょう。

 

地元の人の憩いの場所でもあり、休日もかなり混雑しています。

 

 

横浜赤レンガ倉庫

 

横浜赤レンガ倉庫

 

最後に紹介するのは、みなとみらいといえばの場所ここ赤レンガ倉庫です。

 

夜にとよくないレンズを持っていったため、このようにぼけてしまっていますが昼間もいいですが夜がオススメ。

 

このように幻想的な風景が広がるのが特徴です。

 

 

見た目もそうですが中のショップも個性的な場所も多く、横浜お土産ならここで買ってみてもいいのではないでしょうか。

 

横浜赤レンガ倉庫

 

人が入らない角度を狙えばこんな感じです。

 

 

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルにお得に泊まる方法

 

最後にこのヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルにお得に泊まる方法です。

 

これは泊まるのを検討している人には1番知りたい情報でしょう。

 

安く予約する方法は2つあります。

 

 

Yahooプレミアム会員ならYahooトラベルで予約

 

Yahooトラベルでは毎週日曜日に旅!旅!サンデーというキャンペーンがやっています。

 

このキャンペーンを利用すると宿泊代の9%がポイントとしてもらえます。

 

ホテルによってはさらに数%プラスしてポイントがもらえます。

 

そのポイントを予約時にすぐ使うことができるので、すぐにお値打ちになります。

 

正直これは公式サイトより安くなってしまう価格になります。

 

プレミアム会員なら使わない手はありません。

 

 

 

大手宿泊サイト及び旅行会社が不定期に出すクーポンを使って予約

 

もうひとつの方法は、大手宿泊サイトや旅行会社が出すクーポンを利用することです。

 

これは不定期ですがシーズン毎ぐらいのペースにクーポンが発行されています。

 

その割引価格はその度に違いますが、それなりの割引を得れます。

 

1番お得なクーポンは復興割です。

 

国の補助もあるので割引額が高いです。

 

大手宿泊サイトならじゃらんるるぶトラベル楽天トラベル

旅行会社ならJTB日本旅行

 

この辺りが日本の予約サイトで王道でしょう。

 

 

 

 

あとは場合によっては下記の外資系サイトが安い時もあるのでチェック!

 

AGODAでヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルを検索

Hotels.comでヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルを検索

booking.comでヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルを検索

EXPEDIAでヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルを検索

 

 

横浜を満喫できるお値打ちな高級ホテル

 

時期によっては格安で泊まれるヨコハマグランドインターコンチネンタル。

 

なんとなくみなとみらいだと憧れのあるホテルというのもあるので、是非まなと未来へ宿泊機会があった際は泊まってみてはいかがでしょうか。

 

間違いなく泊まって損はありません。

 

むしろ特別感に包まれるに違いありません。