“Tabigraph タビグラフ”

日本国内で海外に行った気になれる6つのホテルを紹介(随時更新)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スペイン フリヒリアナ

 

仕事が多忙で海外行けないって人いませんか?

 

そんな多忙な人も諦めてはいけません。

 

実な日本国内にはら海外に行った気になれるホテルがあるんです。

 

今回パスポートいらず!

海外に行った気になれるホテルを5ヶ所ピックアップしご紹介します。

 

個人的にここなら絶対海外に行った気になれるそんな場所を選定しています。

 

これを読めば、あなたもすぐに行きたくなるはずです。

そして海外に行った気になれるに違いありません。 

 

 

 

 

日本国内で海外に行った気になれるホテル選定条件とは

 

今回ホテルを選定する上で以下の条件をつけて絞りました。

 

  1. 日本国内全土を対象
  2. 海外風の雰囲気・要素の高いところ
  3. 沖縄県以外から選定

 

 

沖縄県を除外理由は、ほとんどがリゾートホテルというのもありどこもそれなりに海外に行った気にはなりやすいからです。

 

自身も泊まったことがありますが、あまりにもそういう雰囲気の場所が多いので省かせてもらっています。

 

嫌がらせで除外しているわけではありませんので、ご了承ください。

 

ではここから選定した5つのホテルについて紹介していきます。

 

 

ホテル&スパ アンダリゾート伊豆高原(静岡県 伊東市)

 

 

私自身も泊まり、ブログの記事にて紹介しましたホテルです。

 

静岡県伊東市にあるホテルで、姉妹店もいくつか運営しているホテルのひとつです。

 

館内のイメージコンセプトはずばり「バリ島」です。

 

バリ島」を連想させる家具、置物など多数取り揃えられています。

 

実際にそのために備品の買い付けもされたようです。

 

 

ファミリーを始め、カップル、友人、女子会など様々な用途で使用しやすいホテルです。

 

実際に私が訪れた時も、上記のようなグループを多数見かけました。

 

 

温泉も館内および露天風呂があります。

貸切風呂もあるため、究極ののんびりを求める人には最適です。

 

実際に泊まった感想などについては、下記の記事で紹介しています。

合わせてご覧ください。

 

 

合わせて読みたい:ホテル&スパアンダリゾート伊豆高原 まるで海外に来た気になれるホテルへ泊まってみた

 

 

志摩地中海村(三重県志摩市)

 

f:id:shinyboy:20190901225106j:plain

 

三重県志摩市にある施設です。

 

広大な敷地内には各ゾーンがあり、その国をイメージして建物が造られています。

 

伊勢志摩サミットで訪れた、あのオバマ元大統領もご覧になられた英虞湾が目の前に広がっています。

 

 

2018年より、下記2ゾーンが新たにオープンしました。

 

「ミコノルカゾーン」 ミコノス島やメノルカ島をイメージした街並み。

 

「アルハンブラゾーン」 アルハンブラ宮殿のハマムをイメージした作り。

 

 

2018年3月以前は、下記のゾーンのみでの展開です。

 

「カスティーリャゾーン」 マドリードをイメージした街並み。

 

「サルジニアゾーン」 イタリア本島の地中海の島をイメージした街並み。

 

アンダルシアゾーン」 スペインをイメージした街並みです。

 

 

それぞれの再現度が非常に高く、さらにゾーンを増やしたということでより海外感が高まっています。

 

一歩この空間に入ってしまえば、あなたもすぐ海外へ来たような錯覚へ陥ります。

 

私が訪れた時は、この3つのゾーンのみでしたが十分楽しめました。

 

 

宿泊者じゃなくても入れる⁈

 

 

宿泊はもちろんですが、なんと一般の方も入れるサービスもあります

 

駐車場には限りがありますが、伊勢神宮に来たついでに寄るなんてもいいかもしれません。

 

 

ただこのホテルを楽しむなら、絶対ホテルに泊まるべきです。

 

なんて言ったって客室の内装を始め、夜なんかは施設自体雰囲気がとてもいいです

天気がいい日には、星空が見れるなんてサプライズもあります。

 

実際に泊まった感想などについては、下記の記事で紹介しています。

合わせてご覧ください。

 

 

合わせて読みたい:三重 志摩地中海村 パスポートいらずの海外旅行へ 宿泊レビュー 

 

 

合わせて読みたい:三重 志摩地中海村 優雅な朝を独り占めできるのは宿泊者だけ 朝するべきこと 

 

 

エーゲ海リゾートホテル ヴィラサントリーニ(高知県土佐市)

 

 

高知県土佐市にありますホテルです。

 

ここのコンセプトは名前の通り「エーゲ海サントリーニ島」の島をイメージして造られたホテルです。

 

忠実に再現されていて、本当に海外に来てしまったのと間違えてしまうぐらいの表現力。

 

再現度が高すぎて、どちらが本家かわからないぐらいの写真も撮れます。

 

 

人気のために、数ヵ月先まで予約が埋まってるなんてことも噂で聞きます。

 

実際私も日程的に行けそうな日にいつも検索をしています。

 

しかし空いていないような状況が続いています。

 

 

ここに泊まるためには、数が結前から予定を空けておく必要があるかもしれませんね。

いずれリベンジしたいところのひとつ!

 

2019年12月には新たに新館がオープン予定です。

 

www.villa-santorini.com

 

写真などはここから見てください。

 

www.instagram.com

 

南紀白浜とれとれヴィレッジ(和歌山県西牟婁群)

 

 

和歌山県西牟婁群にありますホテルです。

 

こちらはドーム型の客室がモチーフのこのホテル。

客室内も異国感のある家具などが多数あります。

 

このドーム型を見ると少しモンゴルに来た気分にもなりますね。

 

 

宿泊スペースには、メルヘンゾーンファンタジックゾーンがあります。

お客様の体質や状況に合わせて、客室を選ぶことができます。

 

アトピーや喘息気味の方にも配慮した客室は、全国をでも稀なホテルです。

 

 

ここも泊まろうと思いましたが、こちらも予約殺到しています。

 

予め日程を空けておくのがベストでしょう。

  

www.toretore-village.com

  

南紀白浜温泉 ホテル川久(和歌山県西牟婁群)

 

 

和歌山県西牟婁群にあるホテルです。

 

とれとれヴィレッジと同じ群にあるということで、ホテルに力を入れている地域なんでしょうか。

 

名前からは全く想像できません。

 

しかし建物の外観は洋風のお城のような造りになっているのが特徴です。

 

 

館内はまるで宮殿にいるかのような造り。

 

日本にいるのをすっかり忘れてしまう光景が広がっています。

 

 

世界各国の一流職人を集結させ造り上げたそうです。

 

「村野藤吾賞」という賞も受賞しているホテルです。

 

どこを見ても、異国に来た風にしか見えません。

 

日本では考えられない洋式のホテルなので非常に貴重です。

 

 

こんな風にに語っておりますが、あくまでも公式ホームページで見た写真だけで想像しています。

 

宿泊料金も施設の造り相応で、かなりいいお値段です。

※1泊1人20,000円~。

 

泊まりたいと思いますが、ここはかなり先になりそうです。

 

www.hotel-kawakyu.jp

 

神戸ホテルフルーツフラワー(兵庫県神戸市)

 

 

兵庫県神戸市にあるホテルです。

 

写真を見てわかるかと思いますが、ホテルの外見といいその手前にある庭園。

 

まるで海外のお城に来たような感覚になる見た目が特徴です。

 

実際建物内に入るとあまり感じませんが、この外見だけでも値打ちがあります。

 

外で写真を撮ってその写真を見せたら、どこに行ってきたのと絶対聞かれるはずです。

 

価格も他のホテルに比べるとお値打ちなので、安く抑えたい人にはオススメです。

 

 

まとめ 日本にもたくさん海外風のホテルはある!

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

5つあげたうち私自身も長期連休が取れないのが現状です。

 

少しでも海外を感じられる場所ないかなと探し始めたのがきっかけです。

 

実際に「ホテル&スパ アンダリゾート伊豆高原」と「志摩地中化村」の2か所泊まりましたが、どちらも異国感を味わえます。

 

そして満足のいくような宿泊でした。

 

おまけにパスポートを持っていなくてもいけるという利点もあります。

 

パスポートない方、また飛行機が苦手な方にもオススメできます。

 

 

やはり海外に行くのは、お金も時間もかかります

 

お金もないし、時間もそんなにない。

そんな人にうってつけのホテル達です。

 

是非次回のお休みの際に、行かれてみてはいかがでしょうか。