“Tabigraph タビグラフ”

20代で海外へ旅に出るべき3つのメリット 人生の可能性が広げた実体験を紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shinyboy:20190311215647j:plain

 

 

あなたは海外へ行かれた事はありますか?

 

海外へ行った事ない人が描く海外のイメージはこんな感じでしょうか。

 

①怖い

 

②危険

 

③汚い

 

いわゆる3Kと呼ばれる海外のイメージです。

 

でもなぜ行ったこともないのに、そんなこと言えるのでしょうか?

 

ネットの情報?友人の情報?

 

そんなこと思うなら自分の目で確かめればいい

 

これが私の意見です。

 

本記事では、なぜ20代で海外に行くべきか3つの観点からまとめています。

 

これを読めばあなたも必ず海外へ行きたくなるに違いありません。

 

 

 

20代で海外へ旅に出るべき3つのメリットとは

 

20代というのは、男女の平均寿命でいくとおおよそ人生の4分の1を消化した辺りになります。

 

その4分の1の人生の中で、どんなことを経験してきたのでしょうか。

 

 

その経験の中には足りないこと後悔していること逆に良かったこともっとしたいことなど沢山あるはず。

 

 

改めてあなたの人生を振り返り、あえて20代で海外旅行へ行くべき理由を考えてみました。

 

そして出てきた答えが3つです。

 

①選択の視野を広げられる

 

f:id:shinyboy:20190825213231j:plain

 

日本にずっといると、当たり前に感じてしまうことが多々あります。

 

例えばこんなことでしょう。

 

・24時間開いているコンビニ・スーパー

 

・席取りで貴重品を机に置いても取られない

 

・道を聞けば親切に教えてくれる

 

・丁寧な接客

 

 

挙げればきりがありません。

じゃあ他の国では、どうでしょうか。

 

・家族を第一優先。飲食店などのお店を20時には全て閉めてしまう国

 

・席取りする為貴重品を置いて注文しに行って戻ってきたらなくなってしまう国

 

・親切に教えてくれたものの、その後にチップなどを要求される国

 

 

正直日本とは勝手が全く違います。

 

日本で思う常識が海外では通用しないのが当たり前です。

そして考え方の違いにも気づきます。 

 

私のこんな経験を海外でした

 

つい先日の話ですが、カンボジアへ旅へ行った際遺跡を巡りました。

 

遺跡の中を自前のカメラで撮影中、急に男性から声をかけられます。

 

 

ちょっとついてきてと言われいろいろな場所へ着いていきます。

 

ここから撮ると綺麗だよ、ここもここもとどんどんベストスポットを案内されます。

 

私としては綺麗な写真を撮れるので、嬉しく着いて行ってました。

そして最後ここで終わりだよと言われると、手を差し出されます。

 

「チップ!」

 

その一言でびっくりしました。

 

確かにネットの前情報では、そう言ったチップを要求する人が観光地にいるとは頭に入ってました。

 

ただ落とし文句としては、貧しい人への寄付という内容です。

実際にそうであれば寄付はしたいですが、明らかに怪しい人ばかりです。

 

そして今回は、真スポットの紹介というので、全く予想はしてませんでした。

 

親切心で案内してくれたんだなと思いましたが、あくまでも向こうはいいカモがきたと思ったでしょう。

 

最初15ドルといわれましたが、流石に払わず。

なんだかんだ言って5ドルは払いました。

 

日本ならどうでしょう。

観光案内の人がここから撮ると綺麗だよなんて言ってくれる人がいるかもしれませんがお金は絶対取りません。

 

取られるとしたら、カメラを構えて記念撮影1枚1000円と売り出してる人ぐらいです。

 


このように全く考え方が違う為当たり前と思う物事が、実は当たり前ではなかったということが知れます。

 

こういう選択肢があるのだな、またこうすればいいんだなと視野を広げることができます。

そして若い人ほどこうした文化の違いへ順応がしやすい年代になります。

 

 

この経験が仕事観家族観宗教観など関係がないところでも自己成長へと繋がるきっかけになるでしょう。

 


②日本との価値観の違いを知れる

 

お金

 

物の価値というのは、人それぞれです。

 

日本人にとってみれば非常に貴重な価値のある物が、海外の人にとってみれば大した価値がない物かもしれません。

 

 

ここである有名ユーチューバーが、有名部族へ訪問する動画がありました。

 

 

その際にプレゼントとして某高級ブランドのスニーカーをプレゼントしました。

その部族の方は喜んでいましたが。

 

しかしその喜びはブランドの靴をもらえた嬉しさではありません。

自分が生活をしていく中で、より快適に過ごせる靴がもらえたという喜びでした。

 

部族の方は、裸足もしくは草鞋を履いています。

それが足全体を覆う靴になったことで、危険なものから保護できるという利点が生まれたのです。

 

今回物で例えましたが、このように価値観というのは全く違ってきます。

 

お金が大事と思うところもあれば、お金よりも家族と過ごす時間の方が大事なんて考える国もあります。 

 

③若い人ほど自由な時間がある

 

砂時計

 

若い人ほど、自由な時間はあります。

 

学校という枠組みにいき、勉学を受けている学生。

 

企業に勤めていれば、新人若手の扱いを受ける社会人。

 

 

この頃というのは、責任を負うということはをそこまでありません。

そのため、自分の時間を作りやすい期間です。

 

 

企業において、新人が急に責任のある仕事を任せられたりする企業を多々あります。

 

そうすると仕事中心の生活になり自分の時間(プライベート)というものがなくなっていきます

そうすると、旅はもってのほかできません。

むしろ休養時間もありません。

 

 

それなら時間のある、学生時代、企業に勤めの方は新人・若手の間に海外を見るべきです。

 

もちろんアジアなど日本から比較的近い国は、行こうと思えば割とすぐにでも行けます。

 

ただそれよりもっと遠い、アメリカヨーロッパなど飛行機移動がかなり長くなる地域は正直難しいです。

 

色々調べれば方法はあるかもしれませんが、簡単には行けません。

時間がある時こそ行ってみる、国内旅行感覚で行って欲しいです。

 

私の学生時代は正直印象が薄い

 

私は学生時代、正直何をしたかあまり記憶にありません。

特に大学生活は非常に印象が薄いです。

 

唯一卒業旅行で、香港マカオタイに行ったことぐらいは覚えています。

でもそれは大学生活のほんの数ヶ月。

 

 

そんな薄い印象で大学生活を終えるなら、海外へ行き色々な国を見ればよかったとかなり後悔をしています。

 

社会人に入り、自分の人生の可能性が広げた

 

そんな私は企業へ勤めるようになり、日を見つけては海外へ行くようにしています。 

 

企業に勤めてから行けた回数は、ここまで8回。

 

行った国は、台湾韓国香港マカオタイカンボジアベトナムフィリピンスペイン

 

学生時代も行ってまた社会人になっていっている場所は、単純に楽しかったというのもあります。

しかし学生時代とは異なり、社会人となれば見る観点も変わってきます。

 

街の中の様子、お店の様子、働く人の様子。

様々なことを考えながら見るようになるので、非常に考えさせられます。

 

 

だから再度言えるのは後悔している人は、今からでも遅くは全然ありませ

 

海外へどんどん出て様々な刺激を受けてきましょう。

 

そして今なら体力があるので無理も効きます

そして今なら失うものはほとんどありません

そして今なら語学だって習得しやすいです

 

時間を有効活用して自己成長へと繋げていきましょう。

 

まとめ

 

f:id:shinyboy:20190917211731j:plain

 

いかがでしたでしょうか。

 

改めてもう一度振り返ります。

 

20代で海外へ旅に出るべき3つのメリット。

 

①選択の視野を広げられる

 

②日本との価値観の違いを知れる

 

③若い人ほど自由な時間がある

 

 

今すぐに言えることは、海外に出ても何も損はありません。

  

出ないで後悔するより、出てイマイチだったと感じる方が1万倍いいです。

 

今ある時間を有効活用しながらあなたの人生の可能性を海外で広げてみませんか。

 

もしかしたらその旅からあなたは見違える存在へと変貌するかもしれません