“Tabigraph タビグラフ”

“Tabigraph タビグラフ”

旅とカメラをテーマに、会社員が世界を巡る

どれを買おうか迷ってしまう。今治タオル店「伊織」へ再来店。

昨晩はお酒を飲んだ後、すぐに眠りについてしまいました。
それぐらいいい温泉、いい酒、いい食べ物に出会えたのでしょう。

起きて早々私は悩んでいた…。
というのも昨日寄った今治タオルの店の商品が気になっていた。
こんなに気になるのは私の中ではそうありません。
それぐらい良い商品が店に置かれていました。

悩んでてもらちが明かないので、とりあえずお店へ行ってみた。

今治タオル専門店「伊織」へ

開店と同時に今治タオル専門店の「伊織」に入ります。
伊織は全国に店舗を構えており、今治タオルを専門として扱うお店です。 

参考に「伊織」のホームページを載せます。

www.i-ori.jp

 

道後温泉には2店舗あって、IORI COLOR(旧道後本店)道後湯之町店があります。

私は、道後湯之町店に伺いました。

「伊織 道後湯之町店」の店内を紹介

残念ながら写真は撮影しておりませんので、言葉だけで説明になります。

店内は大変広く、非常に清潔感のある店内の作りになっています。
まず入ってすぐは伊織の一押しの今治タオルのハンドタオルがずらりと並んでいます。 柄もたくさんあり、選択肢も豊富なのが特徴です。
朝の9時ではありますが、既にそのコーナーにも人が殺到しており賑わっていました。さすが全国で有名な今治タオルだけあります。

店内奥へ進むとバスタオルやあと日用品なども置いてあります。
右手奥にはスカーフが置いてあり、女性を中心に見られておりました。 

そして私の目的の商品は店内奥にあります。
奥は寝具関係で使われる商品などがずらりと並べられています。
ガウンや寝間着がある中に私の目当てのあの商品が。 

私一押しの商品、「今治タオルシャツ」

その商品がこちらです。

 


そう、今治タオルで作ったシャツなんです。
タオル生地なので、着たらほんと心地好さそうな素材。
値段は安くないものの、自分の心くすぐるアイテムです。

悩んでもらちが明かなかったので、店員さんに言って試着してみることにします。
着てみると、やっぱ着心地最高ー!
タオルに包まれているので、肌にも優しいです。
なおかつ汗をかいてもタオルなのですぐに吸い取ってくれます。

シャツ自体もかなり厚さがあるので、少し肌寒い季節を除けば通年通して着れます。
色は、グレー、ネイビー、ホワイトの3色展開。

いつもならネイビー一択だが、色々振り返るとなんだかんだ選んでいるのはネイビー。結果インナー、アウター、シューズ含めネイビーばかり!
これは皆さん陥りがちのパターンです。
好きなのはわかるけど同じ色合いじゃ味気ないなという前提を踏まえて悩みに悩んだ末に…。
グレーに決めました
いやー早速着たいところだが、流石に洗ってないのでやめました。
※ちなみに今治タオルは洗わなくてもすぐに水を吸ってくれます。

ちょうどキャンペーンで、伊織にて購入したらかき氷がプレゼントがありました。
レシートを屋外のテントにて見せて、早速頂くことにします。 

かき氷

きなこ味のかき氷。意外とこの味美味しかったです。
基本私はかき氷嫌いですが、これはなんか好きでした。
でも食べたのは2口。 

昼間の道後温泉を散策

時間があったので、昼間の道後温泉を散策。 

道後温泉本館

昨日入浴した道後温泉本館
こう見ると建物の全体がかなり大きいです。
そしてこれが宿泊できる旅館じゃないという不思議な感じがしました。 

道後温泉駅

これが昼間の道後温泉駅
夜と昼までは全く見た目が違いますが、両方とも絵になります。
10時半にもなり、いよいよ道後温泉ともお別れです。
名残惜しいですが、今日もまた向かうところがあるので出ることに。

さらば道後温泉!また来るよ道後温泉!

まとめ

道後温泉に来られたらぜひ一度「伊織」には立ち寄ってみてください。
通常のハンドタオルから今治タオル使用の衣類まで幅広く取り扱いがあります。

もちろん現状今治タオル使用の人は買い足しもありですが、まだ使ったことのない方はここで買ってみるのもありかもしれません。

昼の道後温泉散歩も、夜とは違った風景を見ることもできます。
写真スポットも随所にありますので、ぜひカメラスマホを片手に歩いてみてはいかがでしょうか。

 

 


にほんブログ村