“Tabigraph タビグラフ”

プライオリティパスを使って空港で快適に過ごそう 格安で入手する方法を紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shinyboy:20191112193448j:plain

 

 

あなたは海外旅行された時、空港での待ち時間は何をされていますか?

 

私は今まで空港でボーとするかカフェなどで時間を潰していました。

 

 

実はその時間をより快適にできるカードがあるのです。

 

それは「プライオリティパス」というカードです。

 

本記事では「プライオリティパス」について詳しくまとめています。

 

  • プライオリティパスとは
  • プライオリティパスはどこで使えるか
  • プライオリティパス入手方法
  • プライオリティパスを格安で手に入れる裏技ルート
  • プライオリティパスを実際に利用した感想および回数

 

 

この記事を読めば、あなたも必ず「プライオリティパス」が欲しくなるに違いありません。

 

 

そもそも空港で快適に過ごせるプライオリティパスとは?

 

まずそもそも「プライオリティパス(正式名称 Priority Pass Limited)」とはなんぞや。

 

 

簡単にお伝えしますと、空港にあるラウンジを利用できる会員です。

空港にはいくつものラウンジがあります。

 

 

1番楽に入れるのはゴールドカード提示で入れる空港ラウンジ。

 

次に「プライオリティパス」提示で入れる空港ラウンジ。

 

そのさらに上は上級カード会員(各カード会社が指定するカードの上位カード)提示で入れる航空会社のラウンジの3タイプあります。

 

 

そして通常のゴールドカードで入れるの空港ラウンジとの最大の違いがあります。

 

それは空港での保安検査場を超えた場所にラウンジがあることです。

自分のフライト時間のギリギリまでラウンジでゆっくりできるのが最大の利点です。

 

ゴールドカードで入れるの空港ラウンジは保安検査場前にしかありません。

 

 

そして「プライオリティパス」の公式サイトでの売り文句はこのように書かれています。

 

 

必要な時に必要な場所に

空港の保安検査が終われば、混雑する出発ターミナルから離れて静かなラウンジで搭乗までのお時間をお過ごしください。

プライオリティ・パスのラウンジなら、待ち時間もあっという間に過ぎることでしょう。

 

まさしくその通りです。 

 

 

プライオリティパスはどこで使えるの?

 

この「プライオリティパス」どこで使えるの?

 

 

実は世界で1,300箇所で利用ができます。

もちろんその中には日本の空港も含まれています。

 

 

私が海外に行く際に1番利用している中部国際空港には、3つも利用できる空港ラウンジがあります。

 

このように自分の身近な空港から世界の空港まで幅広く利用できる空港ラウンジがあります。

 

 

ちなみに「プライオリティパス」では入れるラウンジがどこにあるのか、また自分がいる空港で使える場所があるのか。

 

それにつきましては下記にあるアプリをダウンロードすることで検索できます。

 

1発で出るので非常にわかりやすいです。

 

 

Priority Pass™

Priority Pass™

  • Priority Pass Ltd
  • 旅行
  • 無料

 

 

気になるプライオリティパスを入手方法とは

 

では本題に入りましょう。

 

1番皆さんが気になる「プライオリティパス」の入手方法についてです。

 

 

プライオリティパス」については2パターンあり、公式サイトより入手もしくは裏技ルートで丹生するする2つあります。

 

それぞれのパターンについては以下にて解説していきます。

 

 

正規ルートでプライオリティパスを入手する方法

 

プライオリティパス」を公式サイトより入手した場合の金額は以下のようになります。

※日本円換算は1ドル110円で換算しています。

 

 

スタンダート

年会費    :99ドル(10,890円)

ラウンジ利用料:32ドル(3,520円)

同伴者    :32ドル(3,520円)

 

 

スタンダート・プラス

年会費    :299ドル(32,890円)

ラウンジ利用料:10回まで無料 11回目から32ドル(3,520円)

同伴者    :32ドル(3,520円)

 

 

プレステージ

年会費    :429ドル(47,190円)

ラウンジ利用料:何回でも無料

同伴者    :32ドル(3,520円)

 

 

 

これだけ見ると、めちゃくちゃ高いというのが最初の印象でしょう。

1番高い「プレステージ」は日本円で、なんと47,190円もしちゃうのです。

 

いや高すぎでしょというのが素直な感想です。

 

まあこれはあくまでも公式サイトから入会した場合の価格になります。

 

こんなお金出してまで欲しくないよという倹約家の方へ。

 

これから紹介する方法で入会すれば、なんと10,800円で済んじゃいます

 

 

【裏技ルート】格安で入手する方法は楽天プレミアムカード入会!

 

 

あんな大金は出したくないけど、「プライオリティ・パス」が欲しいという贅沢な方へ。

 

そんなあなたにオススメするのは「楽天プレミアムカード」です。

 

 

え?なんで「楽天プレミアムカード」なの?

 

そう思われるでしょう。

 

 

実は「楽天プレミアムカード」に入会すれば「プライオリティ・パス」を無料で手に入れることができるのです。

 

そして入手できるカードは最上級のプレステージです。

 

方法は簡単です。

 

通常のクレジットカード同様に、「楽天プレミアムカード」へ入会をします。

 

今現在楽天カードに入会の方でも、キャンペーンから「楽天プレミアムカード」へ入会すればそれでも楽天ポイントがもらえます。

 

 

入会方法につきましては、今回は割愛させてもらいます。

 

では「楽天プレミアムカード」に入会した後の「プライオリティパス」を入手する流れを説明します。

 

 

f:id:shinyboy:20191112204444p:plain


①まず楽天カードのサイトにアクセスしログインをします。

ログイン後、「申し込みカードサービス」をクリックし、右下の「プライオリティ・パスのお申し込み」をクリックします。

 

 

f:id:shinyboy:20191112204453p:plain

 

②その後「プライオリティパス」について説明があります。

 

ちなみに「楽天プレミアムカード」に入会していれば自動的に送られてくるわけではありません。

 

ここに説明があるように申し込みをしないと届かない上に、2年間しか使えません。

 

 

2年過ぎたら再度この申し込みが必要です。

 

f:id:shinyboy:20191112204503p:plain

 

説明書を一通り確認をしていきます。

 

f:id:shinyboy:20191112204509p:plain

 

③最後に「プライオリティパス」の送り先、またお申し込み理由をクリックします。

新規の場合は新規申し込みをしましょう。

 

 

ちなみに使っていくうちに磁気に異常がきたし読み込みできなくなる場合があります。

その場合は、2つ目の「紛失・破損・改姓等の再申込」を選択しましょう。

 

 

私も磁気が壊れてしまい、申し込みをしましたが約1〜2週間後には届きました。

 

破損や時期が壊れてしまった場合は、すぐに再申込しましょう。

 

 

この後ご自分の住所や勤務先の住所をご確認の上申し込みすれば完了です。

 

 

これで晴れてあなたは「楽天プレミアムカード」の年会費10,800円で「プライオリティパス」の最上級クラスのプレステージを獲得できます。

 

プライオリティパスを利用した感想

 

今回 「楽天プレミアムカード」の年会費10,800円で「プライオリティパス」の最上級クラスのプレステージを獲得しました。

 

実際利用した感想ですが、ハッキリ言って持っていて損は全くありません。

 

今までは空港で時間を潰すのに一苦労で、正直退屈でした。

 

2時間前に空港にいくというのも原則守っていつも行っていましたので、空港で1時間以上は待ちぼうけでした。

 

しかし「プライオリティパス」を取得したことで、空港ラウンジでのんびり過ごせてなおかつご飯も食べれます。

 

早朝便、夜便、深夜便を乗る際には、レストラン代わりとしても利用しています。

 

また何より専用ラウンジを利用する方は、ある程度マナーがいいのがわかりました。

 

お金を使ってわざわざ入っているので、マナーを慎んだ人も多いです。

 

一部勘違いやろうとYouTuberの関係でうるさい時はありますが、それ以外を除けば快適です。

 

 

私が1年間でプライオリティパスを使用した場所と回数

 

 

私は2018年10月に申し込みをし、「プライオリティパス」を入手しました。

 

 

それから何度か海外へ旅をしていきましたが、実際何回「プライオリティパス」を使って空港ラウンジへ入ったか。

 

簡単に下記にまとめてみました。

 

 

1年間で空港ラウンジを使用した回数および使用場所

 

 

  1. バンコク スワンナプーム国際空港
  2. バンコク スワンナプーム国際空港(ラウンジはしご 1と同日)
  3. バンコク スワンナプーム国際空港(別日)
  4. ホーチミン タンソンニャット国際空港
  5. 愛知 中部国際空港
  6. マニラ ニノイ・アキノ国際空港
  7. バンコク ドンムアン空港
  8. ダナン ダナン国際空港
  9. バンコク ドンムアン空港
  10. 台北 桃山国際空港
  11. 香港 香港国際空港
  12. ヘルシンキ ヘルシンキヴァンター空港
  13. バルセロナ バルセロナ・エル・プラット国際空港
  14. バルセロナ バルセロナ・エル・プラット国際空港(別日)
  15. ヘルシンキ ヘルシンキヴァンター空港

 

 

改めて振り返ると、意外にもかなり空港ラウンジを利用しているのがわかりました。

 

合計15回利用しましたが、これを毎回お金を払った場合は52,800円になります。

 

いやいやこんなの払ったら大変なことになりますよね。

 

 

でもこれは全て「プライオリティパス」の最上級クラスのプレステージのおかげで無料です。

 

楽天プレミアムカード」の年会費10,800円は軽く元はペイできてさらに得しています。

 

無料だからこそ入っている空港ラウンジも数多くあります。

 

気にせずに入れるのが「楽天プレミアムカード」の良いところですね。

 

 

気になる楽天プレミアムカードの入会方法

 

 

楽天プレミアムカード」につきましては、以下より申し込みができます。

 

これだけ得できるなら、年に数回行く人には絶対オススメです!

 

 

ちなみにこれだけ「楽天プレミアムカード」について紹介していますが、旅行好きの人には非常にお得でもあります。

 

 

旅行傷害補償の内容がトップクラスで、かなりお得です。

 

お金を払ってまで海外保険へ加入する必要もありません。

 

 

まとめ プライオリティパスがあれば空港で快適!

 

ここまで「プライオリティパス」について紹介してきました。

 

改めておさらいするとしましたら「プライオリティパス」に入手するなら「楽天プレミアムカード」へ入会がマストです。

 

この一言に尽きます。

 

これがあればあなたの旅行がよりいっそう充実するに間違いありません。

 

空港で暇している時間を空港ラウンジで優雅な時間へ変えてみませんか。