“Tabigraph タビグラフ”

広島にきたらやっぱりお好み焼き 「みっちゃん総本店」へ行って広島グルメ食べてみた【食レポ】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

広島にきたらやっぱりお好み焼き 「みっちゃん総本店」へ行って広島グルメ食べてみた【食レポ】

 

 

今回ご紹介するのは広島グルメのひとつお好み焼きが食べれるお店を紹介します。

 

そのお店が「みっちゃん総本店」さんというお店です。

 

井畝満夫(いせ みつお)さんが作られたお店でもあり、広島フードにお好み焼きを定着させたという張本人です。

 

広島といえばお好み焼きのイメージが定着してる中で、改めてそのお好み焼きを食べてみました。

 

みっちゃん総本店」でのメニュー、お店の様子などを紹介していきます。

 

私が食べた料理の写真を交えながら、写真を多めにしています。

 

 

 ※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。

 

 

広島にきたらやっぱりお好み焼き 「みっちゃん総本店」へ行って広島グルメ食べてみた【食レポ】

広島にきたらやっぱりお好み焼き 「みっちゃん総本店」八丁堀店
 

早速広島フードでもあるお好み焼きが食べれる「みっちゃん総本店」さんについて紹介していきます。

 

今回はホテルインターゲート広島に滞在した際の夕食でいきました。

 

そのホテルから1番近かった「みっちゃん総本店」の本店でもある八丁堀店へお邪魔しました。

 

ホテルの様子についてはこちらで紹介しています。

 

よかったらご覧ください。

 

合わせて読みたい:ホテルインターゲート広島 観光、ショッピングにおすすめのおしゃれホテルへ宿泊してみた【宿泊レビュー】

 

 

では話を戻しまして、元々「みっちゃん総本店」は屋台飯として「美笠屋」としてスタートされていて、そこから改名して現在の名前となりました。

 

そして屋台の立ち退きを経て、現在の店舗型を広島駅ビルにオープン。

 

その後今回訪れた八丁堀店を総本店として今に至ります。

 

なので私は調べずに単純にきましたが、原点のお店にこれたということで非常に貴重な経験をできました。

 

 
「みっちゃん総本店」八丁堀本店は人気店で並ぶ

本店というのもあり御飯時ではあったので、流石に並ばずにはすぐに入れませんでした。

 

待っている間に壁に貼ってある食べ方や歴史を写真でパシャリ。

 

「みっちゃん総本店」八丁堀本店ポスター

 

まずは「みっちゃん」のお好み焼きがどんなこだわりがあるのか。

 

これめちゃわかりやすい!初めて食べる人はこんな感じなのを食べれるのかと事前研究できちゃいます。

 

でもこの写真見ると空腹我慢できなくなっちゃうんだよね。

 

「みっちゃん総本店」八丁堀本店ポスター

 

続いてはお好み焼きにまつわるトリビア。

 

お好み焼きのソースもこんなに種類があるのか知らなかったです。

 

ソース日本1の消費はなんとなく想像できますが、1番びっくりはお好み焼きソースがマヨネーズや醤油の半分のカロリーだということです。

 

なんとなく味が濃いからカロリー高いのかなと勝手なイメージがありました。

 

「みっちゃん総本店」八丁堀本店ポスター

 

あとは「みっちゃん」のお好み焼きができた経緯。

 

「みっちゃん総本店」八丁堀本店ポスター

 

冒頭簡単に説明した「みっちゃん」の歴史です。

 

まあこんな看板をじっくりと読んでいたら呼ばれたので、店内に入店します。

 

 

「みっちゃん総本店」八丁堀本店は活気があって楽しい

 「みっちゃん総本店」八丁堀本店店内様子

 

コロナウイルスの関係で、アクリルパーテーションなどが設置されていていつものような感じでは座れません。

 

席にもよりますが、二人組の場合対面ではなく隣同士に座ってパーテーション向こう側に違う組みという感じです。

 

少し気まづいですね。

 

でも店内は活気があり、非常に楽しい。そして私の席からは調理の様子が見れるのでいいです。

 

ひとりならカウンター席もあります。

 

さて今回注文するのは、「お好み焼き  スペシャル」1,150円、「牡蠣焼き」880円、「コウネ」780円「ハイボール」550です。

※全て税抜き価格です。

 

待っている間は目の前は他のお客さんなのであんまり見れないので、とりあえず調理する様子をみています。

 

 

「みっちゃん総本店」で注文した料理の紹介と感想について

 

さてさて調理するのをみてると注文したのが到着。

 

みっちゃん総本店「牡蠣焼き」

 

まず届いたのが「牡蠣焼き」。

 

めちゃくちゃうまそう、やっぱ広島といえば牡蠣ですよね。

 

このボリューム感でこの価格は安い。

 

もう感想は美味しいとしか言いようがありません。

 

みっちゃん総本店「ハイボール」

 

一緒に届いたハイボールが進みますね。

 

なんのハイボールか忘れちゃいました。(笑)

 

みっちゃん総本店「コウネ」

 

続いて届いたのは「コウネ」という牛の肩バラの一部で、前脚の脇の辺りの部位のお肉です。

 

少量しか取れない希少部位で、コラーゲンとゼラチンがたっぷりでジューシーでさっぱりというのが売り文句です。

 

これも下記と同じく広島の名物グルメのひとつです。

 

これは思っている以上にコッテリなので少量でも満腹感がすごい。

 

みっちゃん総本店「お好み焼き  スペシャル」

 

さて最後にお待ちかねのメインディッシュの「お好み焼き  スペシャル」が登場!

 

マヨネーズはセルフサービスなので自分でかけるのですが、私はこんな感じ。

 

みっちゃん総本店「お好み焼き  スペシャル」

 

相方はこんな感じに綺麗にかけれてます。

 

性格の違いですね。(笑)

 

ちなみにこちらはちょっとわかりにくいですが、もち入りです。

 

オプションで自分の好きなものを追加できます。

 

やっぱり原点でもあるこのお店のお好み焼きは美味しい。

 

全国どこでも食べれるけど、やっぱり本場のが1番です。

 

正直この4点だけでお腹いっぱいです。

 

時短営業というのもあったので閉店時間も早いので、早めに退散をしました。

 

みっちゃん総本店」はいろんなメニューあるので迷いますね。

 

一応おすすめは上記3つですが、他にもあるのでよかったら公式ホームページみてみてください。

 

メニュー|お好み焼みっちゃん総本店

 

広島といえばのグルメが堪能できる「みっちゃん総本店」は食の宝庫

広島「みっちゃん総本店」お好み焼き

今回ご紹介したのは広島グルメのひとつお好み焼きが食べれる「みっちゃん総本店」さんでした。

 

お好み焼きはどこで食べても美味しい。でもせっかくなら本場で食べたいという人はここがおすすめ。

 

お好み焼き以外の広島グルメも堪能できるので、割と網羅できます。

 

1泊でくるならぜひどこかの食事で取るのがベスト。

 

お店現在コロナウイルスの関係で、対策もしっかりとされているので安心感はあります。

 

ぜひ広島に来た際は食事先のの候補として行ってみてください。