“Tabigraph タビグラフ”

不死身の人間?!映画「亜人」佐藤健・綾野剛の戦闘シーンに注目(あらすじネタバレあり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画 亜人 佐藤健主演

 

 

あなたがもし死なずに何度も生き返る不死身だったらどうしますか?

 

今回は人気俳優が佐藤健が不死身の能力を持った亜人となり、他の亜人を対立する映画「亜人」の作品についてまとめています。

 

あらすじから映画の結末までネタバレもしながら解説していきます。

 

作品概要、キャスト・出演者情報、また私が実際に見た感想や評価を紹介しながら簡単に解説します。

 

 

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。 

 

 

不死身の人間?!映画「亜人」佐藤健・綾野剛の戦闘シーンに注目 あらすじについて

 

その亜人の1人を演じるのは、永井役で出演の人気俳優佐藤健。

 

そしてその亜人と対立することになるもう2人の亜神、 佐藤演じる綾野剛。

もう1人は田中演じる城田優。

 

人気俳優による戦闘シーン白熱の映画。亜人たちの運命はいかに。

 

桜井画門の大ヒットコミックの実写化でもあります。

 

 

病気の妹を救うために研修医となった永井圭。

 

彼は突然の交通事故により死亡するが、直後にすぐに生き返る姿を見られてしまう。

 

それにより不死身の存在「亜人」であることが発覚してしまった永井は政府によって捕獲され、非人道的な実験のモルモットにされてしまうのです。

 

そんな圭の前に、亜人最凶のテロリストである佐藤が出現。

 

実験施設から圭を救出するのだが、佐藤の思想に共感出来ない永井は、やがて佐藤と敵対することになっていくのでした。

 

不死身の存在「亜人」同士の生存を賭けた戦いが、ここに始まります。

 

 

映画「亜人」スタッフ・キャストの紹介

 

監督:本広克行 

出演:佐藤健(永井圭)

玉山鉄二(戸崎優)

綾野剛(佐藤)

城田優(田中)

千葉雄大(奥山)

川栄李奈(下村泉)

山田裕貴(高橋)

浜辺美波(永井慧理子)

宮野真守(IBM 黒い幽霊)

 

 

映画「亜人」私がオススメする見どころ

 

漫画より実写化した今作品。

 

今まで成功した作品もあれば、漫画を超えることができずに駄作と呼ばれてしまう作品も数多くあります。

 

そんな映画「亜人」ですが、見どころは以下の3つになります。

 

  1. とにかく佐藤健と綾野剛に注目しろ
  2. 幽霊のお茶目な仕草
  3. 日本政府の実態をこの映画で感じろ

  

とにかく佐藤健と綾野剛に注目!

 

今作品は有名俳優、女優が集結の作品。

 

中でも今作注目して欲しいのは、2代主人公でもある佐藤健と綾野剛です。

 

最初に佐藤演じる綾野剛に助けられた時は、永井圭演じる佐藤健は非常に弱々しかったのが印象的です。

 

人も殺さない戦いもしないようないたって普通の青年が、佐藤との戦闘を通して成長していく姿が印象的です。

 

 

何よりも顔つきが最初と映画終盤では全く違いますからね。

 

そして奇想天外な表情・行動をする佐藤。

 

不気味さが一層増して、ほんとうにその演技に魅入られます。

 

 

そして2人とも死んだ時に一度以上、上半身裸が映像として出ます。

 

正直男が惚れ惚れするぐらいの肉体が見れちゃいますよ。

 

 

幽霊のお茶目な仕草

 

亜人特有の能力、黒い幽霊とも呼ばれるIBMというのがあります。

 

まるで包帯がグルグル巻きにされた不気味なモンスターですが、亜人が操作出来る人型の黒い物質です。

 

 

これは自分の意思で出せたり出せなかったりしますが、黒い幽霊は一人間のように訓練ができます。

 

映画序盤で黒い幽霊の存在を知った永井が、田舎のおばちゃんの家にいる時に黒い幽霊を出します。

 

ペットのように調教をしようとしますが、これがまたうまくいかない。

 

自由すぎてこの行動がまるで気分屋の動物のようでなんだか面白いです。

 

 

日本政府の実態をこの映画で感じろ

 

最後はこの映画だけではないかもしれませんが、戸崎の指示でSAT特殊部隊を佐藤に対して対抗で出動。

 

見事にSATは全滅してしまい、佐藤の勝ちとなりました。

 

 

その際に戸崎が国のトップへの報告の際に、上の指示はお前がSATの指示してやったと言うことにしろとのことでした。

 

もちろんSAT出動は国のトップから指示が出たため、出動させた。

 

このように押しつけ、濡れ衣を着せる姿はおそらく映画に限らず今の日本で行われているのだろうなと感じました。

 

あんまり考えたくはないけど日本の現実かもしれませんね。

 

 

不死身の人間?!映画「亜人」私が見た感想は?

 

漫画を実写化した中で、再現度が高いと感じた作品でした。

 

そして邦画では珍しく銃の連射のシーンや血が飛び散る映像が多いのも驚きでした。

 

 

なによりも佐藤演じる綾野剛の不気味さがすごく役にあっていると感じました。

 

映画製作側も綾野剛のあの自由さがヒットにつながったとも言われています。

 

芸達者は2代俳優を筆頭に、周りの俳優・女優人もなかなかいい役をされていました。

 

 

不死身の人間?!映画「亜人」の自己総合評価は?

 

最後にこの作品を見て私が独断で自己評価したので締めくくります。

 

映画「亜人」の総合評価は....。

 

 

☆星4.1

 

漫画を実写化した中で、かなり再現度があると感じた作品のひとつです。

 

戦闘シーンといい、黒い幽霊の再現。

 

そして2代主人公の人選がバッチリでした。

 

最近感じたことは佐藤健が出る作品は、必ず標準より上をいく評価が世間的に出ていると感じます。

 

さすが世の女性を虜にしている佐藤健。

 

見た目もそうですが演技の実力もまた1流です。

 

 

不死身の人間?!映画「亜人」無料で見る方法は?

 

映画「亜人」を見てみたいあなたへ。

 

でもお金払ってみるのもなっていう人にはU-NEXTがおすすめです。

 

 

このサイトは、動画見放題サービスを展開しています。

 

約14万本の動画が見放題と70誌以上の雑誌が読み放題という太っ腹のサービスです。

 

初めて加入する人は、なんと31日間の無料トライアルがついています

 

ちなみに無料トライアル以降は、月額料金は 1990円(税別)になります 。

 

申込については下記のリンクより可能です。⬇︎

 

 

ちなみに私もこの映画をU-NEXTで見ました。

 

佐藤健のかっこよさが改めてわかった亜人

 

改めて考えてみるともし自分が死なずにずっと生きる不死身だったらどうしよう。

 

撃たれても生き返る、車に惹かれても生き返る、飛び降りても生き返る。

 

 

こんな人生はどうでしょうか?

 

恐らく嫌になるでしょうね、人助けをするにはいいけど次第に嫌気が差してくるでしょう。

 

なんかそんなことまで考えてしまいますが、佐藤健・綾野剛かっこいいと見ているだけでも楽しめる映画です。

 

是非是非見てみてはいかがでしょうか。