“Tabigraph タビグラフ”

飛行機内での殺人犯を見つけろリーアム・ニーソン主演映画「フライト・ゲーム」(あらすじネタバレあり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画「フライト・ゲーム」

 

 

あなたがもし飛行機内で殺人予告されたらどうしますか?

 

毎回不運役だけど今回は違う災難に遭う俳優リーアム・ニーソン主演の映画「フライト・ゲーム(英語題名Non-Stop)」の作品についてまとめています。

 

あらすじを結末までネタバレもしながら解説していきます。

 

作品概要、キャスト・出演者情報、また私が実際に見た感想や評価を紹介しながら簡単に解説します。

 

 

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。 

 

 

飛行機内での殺人犯を見つけろリーアム・ニーソン主演映画「フライト・ゲーム」あらすじについて

 

家庭の問題から酒に溺れるビルの現在の仕事は、航空保安官。

 

そんな人生に苛立ちながらも、彼は任務の為に飛行機に搭乗していきます。

 

そんな時に彼の携帯電話に、奇妙なメッセージが届いたのでした。

 

 

その内容は、まるでハイジャックとも取れるそのメッセージが送られてきたのです。

 

20分以内に送金しなければ機内の人を1人殺す。

 

そのメッセージを送ってきた人物を探るべく、上空遥か彼方の密室機内で繰り広げられるサスペンス映画。

 

 

いつも俳優リーアム・ニーソンは何かしら厄介なことに巻き込まれる主人公を演じることが多いです。

 

さあ今度の彼はどんな感じなんでしょうか?

 

 

映画「フライト・ゲーム」スタッフ・キャストの紹介

 

監督:ジャウマ・コレット=セラ 

出演者:ビル・マークス(リーアム・ニーソン)

ジェン・サマーズ(ジュリアン・ムーア)

ベッカ(クイン・マッコルガン)

ナンシー(ミシェル・ドッカリー)

マレニック(シェー・ウィガム)

ジャック・ハモンド(アンソン・マウント)

ザック・ホワイト(ネイト・パーカー)

トム・ボーウェン(スクート・マクネイリー)

 

 

映画「フライト・ゲーム」私がオススメする見どころ

 

1流俳優リーアム・ニーソン主演の今作品。

 

密室空間である飛行機内での殺人予告。

 

飛行機に乗る人ならその遭遇に会う可能性は0%ではありません。

 

むしろ合いたくないです。

 

そんな映画「フライト・ゲーム」ですが、見どころは以下の3つになります。

 

  1. 密室空間で展開される殺人方法
  2. 知らない人から脅迫の怖さ・お金への欲
  3. 飛行機恐怖症の対処方法

 

 

密室空間で展開される殺人方法

 

今回の題材は、密室空間でもある飛行機内での殺人予告。

 

最も怖い密室空間、ただ逆に犯人が誰なのか追跡しやすい空間でもあります。

 

 

しかしこの飛行機内での殺人が実行されていきますが、なかなか犯人の手がかりをつかめません。

 

色々な手を駆使し、自分の存在をバレないよう工作をしていきます。

 

私も正直誰が犯人なのか最後の最後までわかりませんでした。

 

 

この殺人方法も手の込んだもので、喫煙者であるビルが禁煙の機内でタバコを吸わなければ気付きませんでした。

 

 

知らない人から脅迫の怖さ・お金への欲

 

あなたは知らない人から脅されたり、お金のために何かして欲しいと言われたことがありますか?

 

恐らくそんな経験まずないでしょうが、仮にあなたがそうされたらどうしますか?

 

 

主人公のビルもそのうちの1人で、脅されて機内にいる犯人を炙り出すよう行動をしました。

 

普通ならビビってそんなことはできないでしょう。

 

脅されたのは彼1人で、後はお金のために知らない人からの依頼を遂行しようとするハモンド、そして乗客の1人。

 

 

見えない存在からの脅迫というのは、単に怖いだけでは表現を言い表せません。

 

 

飛行機恐怖症の対処方法

 

あなたは飛行機への恐怖症がありますか?

 

主人公のビルは、飛行機が苦手なようで亡き娘よりもらったお守りのリボンを手に離陸を耐えます。

 

もしあなたが閉所恐怖症もしくは高所恐怖症なら同じように何かしらお守りやルーティンを考えてするのがいいでしょう。

 

あなたにとって1番リラックスする方法を考えるのが必然です。

 

 

単純に私は若干高所恐怖症ではありますが、離陸直後の飛行機の不安定さフワッとする感じが苦手な人にも共通します。

 

映画とは少し異なるかもしれませんが、主人公ビルと同様対処方法もあると便利ですね。

 

 

映画「フライト・ゲーム」私が見た感想は?

 

私がこの映画を見て感じたことは、不運な男を演じるのはリーアム・ニーソンしかいないということです。

 

私が初めて彼を映画で見たのは、「スターウォーズ1 ファントム・メナス」で、クワイガンを演じていた時です。

 

不運にも、最後弟子の目の前で敵に殺されてしまったのです。

 

そこから数十年経ち、銀河系の戦士から一点一般人に戻った96時間でも同じく不運の男を演じていました。

 

 

ある意味不運な男を演じたらピカイチでしょう。

 

飛行機内で展開される密室殺人は、最後まで目が離せませんでした。

 

正直最後犯人が登場しますが、え?あなたなの?と思ってしまうぐらい驚きでした。

 

人は見た目によりませんね。

 

 

映画「フライト・ゲーム」の自己総合評価は?

 

最後にこの作品を見て私が独断で自己評価したので締めくくります。

 

映画「フライト・ゲーム」の総合評価は....。

  

☆星4.3

 

映画設定と1流の俳優、これがマッチしていました。

 

飛行機内で信用できる人物は数名のみ。

 

後はメディアの放送により、犯人に仕立て上げられてしまったビルが困難に立ち向かいながら奮闘する姿に魅入られました。

 

1転2転する映画から目が離せません。

 

そして最後にリーアム・ニーソン、あなたはどの役をやらせても強すぎる!

 

 

映画「フライト・ゲーム」無料で見る方法は?

 

映画「フライト・ゲーム」を見てみたいあなたへ。

 

でもお金払ってみるのもなっていう人にはU-NEXTがおすすめです。

 

 

このサイトは、動画見放題サービスを展開しています。

 

約14万本の動画が見放題と70誌以上の雑誌が読み放題という太っ腹のサービスです。

 

初めて加入する人は、なんと31日間の無料トライアルがついています

 

ちなみに無料トライアル以降は、月額料金は 1990円(税別)になります 。

 

申込については下記のリンクより可能です。⬇︎

 

 

ちなみに私もこの映画をU-NEXTで見ました。

 

 

不運な男リーアム・ニーソンの事件解決に目が離せません

 

知らない人物から突然メッセージが届き、そのメッセージ主からは殺人予告。

 

こんな怖いことはありませんよね。

 

もし私がこんな脅迫を受けたなら、お金は1億5,000万ドル要求ですが払えないけど金銭交渉してしまいます。

 

そんなことを考えながら見ているとよりおもしろいかもしれませんね。

 

是非是非見てみてはいかがでしょうか。