“Tabigraph タビグラフ”

ホテルWBFアートステイ沖縄那覇 お酒・アイス食べ飲み放題のホテルへ泊まってみた【宿泊レビュー】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ホテルWBFアートステイ沖縄那覇 お酒・アイス食べ飲み放題のホテルへ泊まってみた【宿泊レビュー】

 

 

今回ご紹介するのは、沖縄の那覇にあるチェーンホテルでもある「ホテルWBFアートステイ沖縄那覇」です。

 

WBF(ホワイトベアファミリー)が運営するチェーンホテルでもあり全国に展開されています。

 

特徴あるWBFホテルでもありますが、ここ那覇のホテルはお酒飲み放題、アイス食べ放題と太っ腹のホテルでもあります。

 

 

本記事では21年10月に「ホテルWBFアートステイホテル那覇」へ宿泊した様子、また館内の様子などを紹介していきます。

 

写真が多めなので、皆さんが泊まる際の参考および見て楽しんでもらえるような形で紹介しています。

 

ぜひ宿泊する際の参考にしてみてください。

 

 

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。 

 

 

ホテルWBFアートステイ沖縄那覇 お酒・アイス食べ飲み放題のホテルへ泊まってみた【宿泊レビュー】

ホテルWBFアートステイホテル那覇 外観

 

今回2021年10月に「ホテルWBFアートステイホテル那覇」へ宿泊をしてきました。

 

ここのホテルを選んだ理由はタイトル通りお酒やアイスが食べ放題だからです。

  

そしてもうひとつの理由は、私が個人的にタイが大好きで、このホテルがタイにある孤児たちのための生活施設“バーンロムサイ”と関わりがあったからです。

 

こんなに私と合ったホテルはないのではないかという運命的な思いで予約しました。

 

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇」のコンセプトについての説明がこちらです。

 

「ホテルWBFアートステイ那覇」は、「文化・アートと寄り添うホテル」というコンセプトのもと、3~10階の客室全80室にタイにある孤児たちのための生活施設”バーンロムサイ”の子どもたちが描いた絵を、2階の客室全9室には9名の写真家たちによる作品構成にて、各客室すべてが違う絵柄、レイアウトで構成し、部屋自体がひとつの異空間=旅となるべく構成されたアート・ホテルです。

目に見えないクリエイティブのちからを信じ、新たに「ホテルWBFアートステイ那覇」として、アート、想像する、創造するという想いを込めて子どもたちの絵と、国内外で活躍する写真家たちによる作品との二本柱として展開し、特別な空間が生まれました。

国際通りの喧騒を抜けてホテルの室内に入った途端、各客室の作品が媒介となり、そこに広がる異空間が訪れた人々をさらなる旅路へと導きます。お気に入りの客室で、ぜひ作品と一緒に眠りについてみてください。

※公式サイトより引用

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇 フロント

 

早速チェックインして行きましょう。

 

フロントは特殊な作りで地下1階にあります。

 

エレベーターもしくは階段で下がります。

 

 

今回の宿泊は、楽天トラベル を経由で予約しました。

 

1泊朝食付きで5,900円というお得な価格でした。 

 

ではスタッフの方に説明を受けましたので、早速客室へ向かいましょう。 

 

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのお部屋

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのお部屋

 

早速部屋に向かいます。

 

今回は4階の405号室に部屋になります。

 

部屋に入るとまさかの壁画が像の絵でした。

 

各部屋全て絵が異なり、全く同じ部屋がないのが特徴でもあります。

 

ここでまた像という選択肢が運命的すぎるなと思いました。

※ホテルの人にタイ好きとバレてたかな?

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのお部屋

 

部屋の奥にはソファーがあり、窓からは外を眺めることができます。

 

景観は特に良いわけではありませんが、国際通りに近いので賑わいは感じられます。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのお部屋

 

机も広くここで作業することもできます。

 

個人的には左手に見える鏡があるのは嬉しかったです。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのお部屋

 

上の棚にはコップが2セット✖️2種類あります。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのお部屋

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのお部屋

 

左側は“バーンロムサイ”の子供たちが描いたグラスでもありフロントで販売されています。

 

右側は沖縄らしいオキナワグラスです。

 

両方とも使いやすいです。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのお部屋

 

冷蔵庫はテレビの下にあり、そこそこの大きさはあるので色々と入れれます。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのお部屋

 

またこの鉄のポールなんだろと思ったらハンガーがけでした。

 

ちなみに左のクローゼット内にハンガーはあるので、そこから出してここにかけることもできます。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのお部屋

 

部屋着もありなんと嬉しい上下バラバラのタイプになります。

 

1番リラックスできて楽なので私は嬉しいです。

 

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのダブルベッド

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのダブルベット

 

ベットのサイズはダブルサイズになるので、1人には十分すぎるサイズ感です。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのダブルベット

 

そのベッドの隣には像が描かれているのでベッドにいると結構視界にあって和まされます。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのバスルーム・トイレ

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのバスルーム・トイレ


続いてバスルームに行きます。

 

バスルームとトイレは一緒に作りになっています。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のダブルルームのバスルーム

 

バスタブは少し小さめなので180㎝あると結構手狭になります。

 

ゆっくり浸かるのは少し不向きかもしれませんね。

 

シャワーだけでしたらなんら問題なしです。

 

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のアメニティについて

ホテルWBFアートステイホテル那覇のアメニティについて

 

さてさて女性が気になるアメニティについて触れていきます。

 

このホテルでは以下のようなアメニティがあります。

 

各お部屋

  • 歯ブラシ
  • ボディータオル
  • ハンドソープ

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のアメニティについて

 

B1フロント前のアメニティバー

  • 靴磨き
  • 綿棒
  • ヘアゴム
  • カミソリ
  • 折り畳みブラシ
  • コットン

 

必要があればフロント前のアメニティバーより持っていくことができます。

 

女性にとって見たら嬉しいサービスですよね。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のアメニティについて

 

ちなみに部屋にあるシャンプー類は、「HAZIMARI」というものです。

 

以上がアメニティになります。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のWBFラウンジについて

ホテルWBFアートステイホテル那覇のWBFラウンジについて

 

さてお待ちかねの「ホテルWBFアートステイホテル那覇」のWBFラウンジについてです。

 

ラウンジはフロント横にあります。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のWBFラウンジコーヒー

 

こちらでは24時間コーヒーやお茶をはじめとするドリンクが飲み放題になっています。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のWBFラウンジさんぴん茶

 

沖縄でお馴染みのさんぴん茶も飲めます。

 

また17時から22時の間はこれにプラスしてお酒、アイスなどはじめとする軽食を食べることもできます。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のWBFラウンジアイスクリーム

 

アイスクリームは沖縄ならではの、ちんすこうや紅芋味のアイスを食べることができます。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のWBFラウンジサーターアンダギー

 

そしてこちらもお馴染みのサーターアンダギー。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のWBFラウンジスープ

 

そしてスープはゆし豆腐とアーサー汁。

※日によって内容が変わります。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のWBFラウンジビール、ハイボール、ノンアルコール、泡盛

 

そしてこのラウンド最大の魅力でもあるアルコールたちです。

 

右からオリオンビール、ブラックニッカハイボール、ノンアルコールビール、そして泡盛です。

 

泡盛のみコーヒーと同じく24時間飲むことができます。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のWBFラウンジについて

 

とりあえずやっぱり沖縄といえばということで、オリオンビールとサーターアンダギーを頂きます。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のWBFラウンジについて

 

その後はさらにオリオンビールからのアイスクリーム。

 

好きなだけ食べれるし飲めるのは最高ですよね。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇のWBFラウンジについて


またラウンジ周辺にはこういった絵も飾られてるので、是非見ながらゆっくり味わっていただきたいですね。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇では自転車が借りれる

ホテルWBFアートステイホテル那覇では自転車が借りれる

 

このホテルでは台数限定ですが、自転車を借りることをできます。

 

借りるとMAX4時間まで利用できるので、中心部を中心に巡ることができます。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇では自転車が借りれる

 

私はこの自転車を利用して、美栄橋から3つ先の駅でもあるおもろまち駅にある「Tギャラリア沖縄 by DFS」へ行きました。

 

なかなか距離がありますがいけないことはありません。

 

行きは坂道なので結構しんどいですが、帰りは下り坂なので楽ですね。

 

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇の朝食について

ホテルWBFアートステイホテル那覇の朝食について

 

翌朝は朝食付きプランのため、昨日お酒を飲んだラウンジスペースへ。

 

6時半から10時の間営業をしています。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇の朝食について

 

朝になるとこちらが朝食スペースに代わりに沖縄名物などを堪能できます。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇の朝食について

 

まずは沖縄でお馴染みの沖縄そばです。

 

麺を3種類あり、そのほかに八重山そば本部そばと少しずつ麺の形は太さが違います。

 

どれも共通するのがその美味しさです。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇の朝食について

 

自分でゆがいて食べる感じになります。

 

その奥は鍋料理になり自分で調理して食べるスタイルになります。

 

その隣にはてびちというこちらも沖縄料理でコラーゲンたっぷりの角煮になります。

 

これは美味しすぎて食べ過ぎるところでした。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇の朝食について

 

こちらは漬物などがあります。

 

最初に「ポーたま」という沖縄のソウルフードでもあるポークたまごおにぎりをもらい好きな具材をここに入れていきます。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇の朝食について

 

そのぽーたまがこちらです。

 

私は何を入れていいかわからなかったのでこんぶだね追加しました。

 

実際何も追加しないのでも十分美味しいです。

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇の朝食について

 

ざっとこんな感じのものをもらってきて食べました。

 

ゆっくりと写真撮影するよ予定でしたが、一気にお客さんが増えてパシャパシャ撮れる雰囲気ではなかったのでこれだけになります。

 

実際宿泊者も多かったのでようやくホテルも活気が出てきたかなという印象です。

 

 

最後にホテルWBFアートステイホテル那覇に泊まってみたいなという方へ

最後にホテルWBFアートステイホテル那覇に泊まってみたいなという方へ

 

最後にこの記事を読んで「ホテルWBFアートステイホテル那覇」に泊まってみたいなというあなたへ!

 

他のページへ行ってわざわざ最初から各サイトで検索する必要もありません。

 

以下より各宿泊予約サイトにすぐアクセスできてホテルの予約が可能です。

 

都合の良い日を見つけて、すぐに予約しちゃいましょう!

 

 

ホテルWBFアートステイホテル那覇は国際通り近いしお酒飲み放題なので最高

ホテルWBFアートステイホテル那覇は国際通り近いしお酒飲み放題なので最高

 

今回「ホテルWBFアートステイホテル那覇」へ宿泊をしてきました。

 

はじめてこちらのホテルは宿泊しましたが、私のようにビール好きな方にはほんとうにおすすめです。

 

なんせ沖縄のオリオンビールが飲み放題なんですからね。

 

またこちらのホテルは冒頭説明したようにタイの孤児を支援している施設でもあるので、何かすごくご縁を感じました。

 

また国際通りからもほど近くある場所なので周辺で観光ならびにグルメを堪能したいならうってつけです。

 

これらを堪能したいならぜひ「ホテルWBFアートステイホテル那覇」へ泊まってみてください。

 

あなたも泊まれば満足するに間違いありません。