“Tabigraph タビグラフ”

台北観光 ネコ好きにはたまらない台湾にある猫村「猴硐 ホウトン」の魅力をふんだんに紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

猴硐にいるネコ

 

 

猫好きの人にはたまらない必見の記事内容になります。

 

日本でも猫島と呼ばれるような島があります。

 

実は台湾では、猫島ならぬ猫村が存在するのです。

 

そんな台湾の台北にある猫村へ猫好きの私が調査へ行ってみました。

 

本記事では以下の事についてまとめています。

 

 

  • 台湾にある猫村「猴硐 ホウトン」とは
  • 猫村「猴硐 ホウトン」で猫とたくさん戯れる方法
  • 猫村「猴硐 ホウトン」で魅力的な猫の写真を撮る方法
  • 猫村「猴硐 ホウトン」までのアクセス

 

 

猫好きならカメラやスマホを片手に猫村へ行ってみませんか?

 

 

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。

 

台北観光 ネコ好きにはたまらない猫村「猴硐 ホウトン」を紹介

 

猴硐にいるネコ

  

今回ご紹介するのは台湾版の猫がたくさんいる猫村です。

 

台北にあるこの猫村ですが、村の名前は猴硐 (ホウトン)といいます。

 

簡単に村のことについて触れていきます。

 

日本統治時代に炭鉱の町として栄えていた光復里(グァンフーリ)地区にある猴硐。

 

しかし猫の繁殖力が強く、100匹以上の猫が現在では生息するようになり、村として猫を大事にしていくような働きがされました。

 

2013年には米国CNNでも世界6大猫スポットに選ばれるなど国内外でも有名な猫の聖地にへと変貌していったのです。

 

その他の選ばれた世界6大猫スポットはこちらです。

 

  1. 台湾・猴硐猫村
  2. アメリカ・ヘミングウェイ博物館
  3. イタリア・ラルゴ アルジェンティーナ広場
  4. トルコ・カルカン
  5. 日本・宮城県 田代島
  6. 日本・福岡県 相島

 

 

実際に猫村「猴硐 ホウトン」へ行ってみた

 

猴硐駅

 

早速噂の猫村へと向かっていきます。

ここからは少し写真を多めに紹介していきます。

 

台北駅からはおおよそ1時間。電車一本で行くことができます。

 

猴硐駅(ホウトン)に到着。

 

駅は見る感じまだ猫感はないなと思っていましたが、よく駅の看板見るとうっすら猫の絵が見えます。

 

そして振り返るとまさかの光景が広がっていました。

 

猴硐駅

 

猫の絵がたくさん!まさかの駅のホームから猫がたくさん出迎えてくれました。

 

猴硐風景

 

電車を降りるために階段を上がり、改札へ向かう途中は猫のオンパレード。

 

猴硐風景

 

猴硐風景

 

いや何だか可愛らしい置き物ばかりですね。

 

猫っぽくないのもいくつかありますが、ご愛嬌ですね。

 

猴硐の中心地

 

さあ駅の改札を出たらネコを探す旅に出ましょう。

 

「猴硐 ホウトン」にいるネコ達と戯れる方法

 

早速猫村のネコたちを探しに行ってみました。

 

その前に一応自分の飲み物をコンビニなどで確保しておきましょう。

 

熱中すると水分不足になりますよ。

 

 

ではまずこちらのエリアを散策していきましょう。

 

猴硐にいるネコ

 

早速歩いていると発見!

 

テーブルの下に隠れている子がいました。

 

猴硐にいるネコ

 

また歩いているとのんびりと日向ぼっこするネコも発見。

 

必死に探さなくても本当にたくさんいるんだなと感じました。

 

猴硐にいるネコ

 

この子は人懐っこい子で、そばに座って写真を撮ってもほらこんな感じ。

 

嫌がる気配が一切しません。

 

むしろ落ち着いて寝てしまってますよ。

 

猴硐にいるネコ

 

そんな子もいれば、こんな貫禄のある猫ちゃんもいました。

 

うん、渋くてかっこいいよ君。

 

猴硐にいるネコ

 

お昼間に行ったのでお昼寝猫もたくさん。

 

この子も人目を気にせずひたすら寝てました。

 

猴硐にいるネコ

 

中にはスカーフをしたネコもいました。

 

おそらく誰かの飼い猫なんでしょうか、同じように放し飼いをされています。

 

でもこの子はちょっとシャイなのかなかなかこっちを向いてくれませんでした。

 

 

こんな感じにいたるところにネコちゃんたちはいます。

 

そのためそんなに気合を入れずに探し回らなくてもすぐ見つかります。

 

もしあなたが戯れたいなら注意する点は以下の3つです。

 

  1. 無理やりネコに近づかない
  2. くまなくいろんな場所を探してみる
  3. ゆっくりとなでなでしてあげる

 

3つを意識しておけば、あなたも猫ちゃんと戯れれます。

 

そしてもしその猫が気に入ってくれたら漏れなく近くに座れて一緒に記念撮影もできます。

※私も猫ちゃんたちとたくさん自撮りをしました。恥ずかしいので割愛

 

ちなみにこのエリアの奥に行くとトロッコなんかも乗れたりします。

 

鉱山として使われていたエリアもあるので、廃墟マニアにはオススメでしょう。

 

ネコ以外にも見所がたくさんです。

 

 

「猴硐 ホウトン」の猫村へ行ってみた

 

鉱山広場(コンビニや資料館がある方)とは別に猫村はあります。

 

そこを行き来するのは駅の上を通っている通路を利用していきます。

 

猴硐通路

 

この通路を渡っていきます。

 

猴硐通路

 

ここももちろん猫尽くし。

 

猫の置物がたくさん置かれていて、なんだか可愛いのばかり。

思わずたくさん写真を撮ってしまいました。

 

しかしこの通路、単なる可愛い通路だけではないのです。

 

実はすごく面白い特徴があり、それは人と猫共通通路なのです。

 

猴硐通路にいた猫

 

人と猫共通通路なので、こんな感じで通路のところで寝ているネコもいます。

 

こんなところもこの村の魅力のひとつでもあります。

 

猴硐案内板

 

先程の側と反対側が村になります。

 

注意点なども書かれていたり村の地図も簡単に書いてあります。

 

猴硐壁画

 

こっちも同じく可愛い絵が描かれていて、これがいいですね。

 

この絵と共に写真を撮るのもいいですね。

 

猴硐にいる猫

 

また村なので本当に生活感もあります。

 

これもこの村の魅力のひとつですね。

 

 

猫村「猴硐 ホウトン」で魅力的な猫の写真を撮る方法

 

さあ最後にこの村へ来たなら、猫との写真が肝心ですよね。

 

さあここで魅力的な猫の写真を撮る方法を解説していきます。

 

魅力的な猫の写真を撮る方法は、この4つ。

 

  1. 猫にそっと近づく
  2. 無闇に触らずネコの様子を見ながら触る
  3. 遠くから望遠でネコの自然な姿を撮る
  4. 最終兵器はネコフードを使う

 

猴硐にいるネコ

 

そっと近づけばこんな感じに撮れちゃいます。

1番の方法で撮りました。

 

猴硐にいるネコ

 

人懐っこいからこんな感じに寄って来てくれることもある。

この写真は2番の方法でこの方々は呼び出しました。

 

そして私は3番の方法で撮りました。

 

 

人が近づいても逃げないネコはたくさん。

 

たまに逃げられちゃうけどその子はシャイなんです。

 

2番の方法で撮りました。

 

猴硐の猫

 

このネコは人懐っこいからなでなでしたらこんなニッコリ顔を見せてくれました。

 

この子は何もしてないので、どれも当てはまりません。

 

猴硐の猫

 

ちょっと遠くにいるネコは、こんな感じで望遠で撮るとカッコよく写りますね。

 

これは3番の方法で撮りました。

 

猴硐にいる犬

 

そそ、犬もちゃんと村にはいますよ。

 

ネコだけじゃないのが面白いところです。

 

猴硐にある資料館も覗いてみた

 

猴硐にある資料館

 

鉱山広場の方には、炭坑時代のことについてまとめた資料館があります。

 

 

 

猴硐にある資料館

 

中にはこのように資料がたくさんあります。

 

写真が中心なのでみやすい印象です。

 

猴硐にある資料館

 

猴硐にある資料館

 

また実際鉱山をしていた場所を見ることもできます。

 

駅から橋を渡って川の反対側に行けば、猴硐坑という炭鉱跡があります。

 

そこで 1人100元(約366円)でトロッコに乗車できることから観光客に人気です。

 

 

トロッコを途中下車してスタッフが当時の様子や道具の説明を中国語してくれます。

 

掘削機や手動トロッコなどは実際に体験することができます。

 

 

ネコに飽きちゃった人、歴史が好きな人。

 

時間に余裕があればぜひこちらにも足を運びたいところでもあります。

 

 

猫村「猴硐 ホウトン」までのアクセス

 

猴硐までの電車

 

最後に猫村「猴硐 ホウトン」までのアクセスについてです。

 

台北駅より行くことができます。

 

利用する鉄道は、台湾鉄道の宜蘭線「台北」駅より乗車します。

 

そして「猴硐」駅下車で下車することで猫村に行くことができます。

各駅停車(區間車)の場合、12駅目になります。

 

台北から猴硐までは、1人56元(約266円)で行くことができます。

 

また電車によってやまた指定座席によって金額が変わります。

 

ちなみに日本と同様特急や急行などもあるので、乗る電車を間違えないようにしましょう。

 

  • 區間車     →各停
  • 自強 莒光   →急行とか快速
  • 普悠瑪 太魯閣 →特急

 

これらをよく見て、電車に乗りましょう。

 

詳しい電車の時間など知りたい場合は下記のサイトより調べることができます。

 

ちなみに日本語表記もあるので、中国語が読めなくても安心です。

 

時刻を調べる・料金を調べる:交通部台湾鉄路管理局

 

 

まとめ 猫村の猴硐 ホウトンはネコ好きにたまらない幸せの村

 

いかがでしたでしょうか。

 

世界6大猫スポットでもある猫村の猴硐ですが、ネコ好きには本当にたまらない村です。

 

実際1日いても飽きない場所でもあります。

 

私自身も半日以上いたので、ここにいると時間を忘れてしまいます。

 

ネコ好きなら一度は日本から近いので訪れてみてはいかがでしょうか。