“Tabigraph タビグラフ”

台湾

金錦町JinJinDing 台湾で金箔カステラが食べれるお洒落カフェへ行ってみた

金錦町JinJinDing 金箔カステラ

台湾はグルメ王国でもあります。

しかし王道のグルメも飽きてしまって食べ飽きた。

そんな方へオススメするスイーツが食べれるカフェをご紹介。

本記事では以下の事についてまとめています。

  • 台湾で金箔カステラが食べれるカフェ
  • カフェで食べれるもの
  • カフェへのアクセス
  • カフェの感想

あなたもこの記事を読めば絶対行きたくなるに間違えありません。

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。

金錦町JinJinDing 台湾で金箔カステラが食べれるお洒落カフェへ行ってみた

金錦町JinJinDing

では早速台湾の台北にある金箔カステラが食べれるカフェ「金錦町JinJinDing」へ

行ってみましょう。

東門駅もしくは古亭駅のちょうど真ん中にあるカフェです。

駅からは少し歩く必要があります。

だからこそ観光客の方は少なく、どちらかと言えば台湾在住のお客さんが多いイメージです。

このカフェは、日本統治時代のレトロな日本家屋をリノベーションしたお菓子屋さんです。

そのためこのように古民家のような外観となっています。

台北市政府文化局がこのような古民家を残していこうという運動をしているようで、その運動の一環でこちらのカフェも再利用されたようです。

このカフェのリノベーションをしたのは、台南の林百貨、安平樹屋、藍晒圖など有名な観光地を同じくリノベーションをした建築家のようです。

オープンしたのも2019年2月。

私が訪れたのはその3ヶ月後の5月ということで出来立てホヤホヤです。

では早速店内に入っていきましょう。

まず扉を開けて中に入ると、カフェではなくどちらかと言えばショップのような感じになっています。

そのため私は店を間違えてしまったのではないかと感じてしまいました。

しかし店員さんにカフェはありますかと聞くと、ありますよと店の奥へ案内していただきました。

金錦町JinJinDing店内

店内には台湾在住の方と思われるお客さんが何名かまた私のように休暇を利用してきている日本人の観光客も数名もいました。

せっかくなので店内全体が見渡せる奥の席を利用します。

ぱっと見てわかると思いますが、高級感のある内装が特徴的です。

女性しかいないんじゃないかと思われますが、男性お一人様もいましたので男性の方も安心して来れます。

金錦町JinJinDing店内

さっきまで隣に女性観光客2人がいたので食器が残っていますが、こんな感じでおしゃれな照明遣いもされています。

金錦町JinJinDing店内

せっかく来たので店内をカメラを使ってパシャパシャ撮ってみました。

ひとつひとつのオブジェだったり作りがとてもおしゃれで、どこを撮っても絵になるようなそんな場所です。

金錦町JinJinDing店内

古民家を改築してのカフェなので、基本的に木造で作られています。

そこへ照明を入れたり棚を追加したりとかなり工夫された古民家です。

ぼーっとしながら見ていましたが、そろそろ注文しなきゃと思い店員さんを呼びます。

金錦町JinJinDing名物金箔カステラを食べてみた

店員さんを呼びまして、ここへ来たら絶対食べて欲しい金箔のカステラとまた私はいつもコーヒーと言えばアイスなので同時に注文をします。

ここで注意点がひとつあります。

それはこのお店、必ず1人につきワンセット(飲み物と食べ物)注文しなくてはいけません

日本のようにひとつのスイーツをシェアしたりするような事はここの店ではできません。

えーと思われるかもしれませんが、せっかくきたなら1人ひとつ頼むのが当たり前です。

料理が来るまで店内を見渡しながら待つと言うのもここの売りのひとつでもあります。

店内は静かで、のんびりした雰囲気です。

  • お友達とゆっくりと話をする。
  • ガイドブックを広げて次の行先を決める。
  • 本を持ち込んで読む

正直何をするにも快適に過ごせるので、とても嬉しいですね。

そんな感じで待っていると、店員さんが料理を運んできてくれました。

金錦町JinJinDing 金箔カステラ

こちらがこの店一押しの金箔カステラになります。

カステラと合わせて日本で言う小豆バーみたいな小豆と砂糖を固められたスイーツも一緒についてきます。

せっかく注文したのでいろいろな角度で1番映える写真を撮ってみました。

金錦町JinJinDing 金箔カステラ 金錦町JinJinDing 金箔カステラ 金錦町JinJinDing 金箔カステラ

実際このお店できれいに撮ると言うのは簡単ですが、表現力と言うのは難しかったです。

私はこの写真を撮るために30枚ほど撮りました。

注文した金箔ステラの味ですが、映えだけでなくフアフアな食感で心が躍るような食感です。

甘さは控えめなので、甘ったるさもありません。

またそれに合うアイスコーヒーがまたなんとも言えません。

これは頼んで正解と自画自賛したのでした。

金錦町JinJinDingはどんなメニューがあるの?

金錦町JinJinDing」ではどんなメニューがあるのか簡単に紹介。

このカフェ「幾何学」をテーマにしています。

そのためここで提供されるスイーツは不思議な形をしたスイーツがばかりです。

その中で私が食べた金箔カステラは普通のデザインです。

ちなみに私が食べた金箔カステラはNT$190(約690円)。

アイスコーヒーは同じくNT$190(約690円)です。

※NT$1が約3.64円で換算しています。

また私が冒頭少し触れたショップというのですが、カフェで食べた一部のスイーツが買えるのです。

参考にカフェで買えるスイーツを紹介。

  • 金箔カステラ 金雀 金箔原味蜂蜜蛋糕 $480/小(約1,745円) $680/大(約2,473円)
  • パイナップルケーキ 經典土鳳梨酥 $200/五個入(約727円) $380/十個入(約1,382円)
  • 竹炭パイナップルケーキ 木樨 竹炭桂花鳳梨酥 $200/五個入(約727円) $380/十個入(約1,382円)
  • 琉璃 琥珀糖 $280(約1,018円)

私は迷わず金粉カステラ大をお土産で購入していきました。

持ち帰る際に縦にしないようにねと注意を受けました。

柔らかいので縦にすると形が崩れてしまうからです。

金錦町JinJinDingまでのアクセス

金錦町JinJinDing」までのアクセスです。

場所は鼎泰豊やマンゴーアイスで有名な永康街から徒歩圏内にあります。

最寄り駅は台北MRT東門駅(dongmen station)で、駅から歩いておおよそ10分です。

鼎泰豊で飲茶を食べた後の休憩や先日紹介した天津蔥抓餅の次に行くのがオススメです。

私は天津蔥抓餅の後に行ったので、スナックからのスイーツみたいな感じでした。

合わせて読みたい:台北グルメ「天津蔥抓餅」東門駅近くにある超有名なグルメと店舗紹介 

金錦町JinJinDing お店情報

住所    台北市大安區金華街84、86號

営業時間  11:00~21:00

公式HP  金錦町 JIN JIN DING

台湾で金箔カステラを食べたいなら金錦町JinJinDingへ!

私もこのお店はネットで知り、古民家という点と金箔カステラというところに惹かれました。

今まで行ったことのない地域へ行ったのもあるのか非常に新鮮でもありました。

定番グルメや定番観光地に飽きてしまった人は、是非少し足を運んで「金錦町JinJinDing」を堪能してみてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
shinyboy
30歳サラリーマン/旅ブロガー/ ブログ“Tabigraph タビグラフ” 毎週日曜日19時に更新📖 海外在住を経て旅行バカへ変身 ブログでは旅情報、生活情報を配信

当ブログはブログ村のランキングサイトへ参加しています!

もしよろしければ下のバナーをクリック応援お願いします!

今後ブログを続けていく励みにすごくなります

⬇️こちらのリンクをクリック⬇️

にほんブログ村 旅行ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村