“Tabigraph タビグラフ”

台湾

「天津蔥抓餅」台北B級グルメで東門駅近くにある超有名なグルメを並んで食べてみた

天津蔥抓餅

台湾の有名な場所としてよく名前があがるのは台北です。

台北の魅力の1つとして日本人好みのグルメがたくさんあることでもあります。

そんな台北で私がオススメできるグルメの1つが東門駅近くに店を構えています。

本記事では、以下の事についてまとめています。

  • 台北でオススメするグルメ台湾式お餅
  • オススメ店の場所
  • そのお店の商品一覧及び価格

この記事を読んだらあなたもここへ行って食べたくなるはずです。

  

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。

「天津蔥抓餅」台北B級グルメで東門駅近くにある超有名なグルメを並んで食べてみた

台北と言えば日本人が1番馴染みがあり、台湾で1番韓国客が訪れる場所でもあります。

そこで思いつくグルメと言えば、小籠包、牛肉麺、ルーロウファン、胡椒餅、かき氷、タピオカなどなどです。

そんな王道なグルメもありますが、今回ご紹介するのはどちらかと言えばローカル色が強いグルメになります。

しかしローカル色が強いからといって、日本人が行かないと言うわけではありません。

そのお店が、天津蔥抓餅(ティェンシンツォンジュアビン)というお店です。

天津蔥抓餅

このお店で提供しているグルメは、葱をねり込んだデニッシュのような感じの食べ物です。

なんかパンっぽいけどまた違うそれが不思議な食感なんです。

これが蔥抓餅(チョンヅァービン)と言います。

このグルメを求めて、大勢の人達がこの店にならびにやってきます。

実際に私が訪れた時はゴールデンウィークで、列に並んでいる大半の人が日本人でした。

一瞬日本にいるのではないかと錯覚する位いました。

では早速このお店でどんな種類の料理が食べれるのかメニューを見てみましょう。

天津蔥抓餅ではどんなメニューがあるの?

ではこのお店でどんなメニューがあるのか。

実際にメニュー表を見ていただきましょう。

天津蔥抓餅メニュー表

メニュー表を見てもなんだかわからない。

私も見てこれ注文できるのかと思ってしまいました。

全く中国語を読めない方だと正直さっぱり解りません。

そんな方へとりあえず何が書いてあるか日本語に訳してみました。

そうするとこんな内容のメニューというのが判明。

  1. オリジナル(NT$25 約91円)
  2. 卵入り(NT$30 約110円)
  3. 台湾バジル+卵入り(NT$35 約128円)
  4. ハム+卵入り(NT$40 約146円)
  5. チーズ+卵入り(NT$40 約146円)
  6. 卵、台湾バジル、チーズ、ハム入り(NT$50 約183円)
  7. とうもろこし+卵入り(NT$40 約146円)
  8. とうもろこし+チーズ+卵入り(NT$50 約183円)

※おおよそNT$1に対して3,65円で計算しています。

中身によって値段が違っているので、好きな具材が入ったのを選びましょう。

私も読めなかったのでどうしようと悩んでいると、おばちゃんがあらかじめオーダーを取りに行きます。

その時に手元に写真が載ったメニューを持ってこられます。

そのため中国語が読めなくても、写真を見ながらオーダーすることもできます。

おばちゃん英語や日本語はできないので、指差しや英語で数字を伝えるなどすれば大丈夫です。

後は順番を待ち、番になったら会計をして商品を受け取る形になります。

行列の時はオーダーがものすごく入るので、割と待ちます。

そのかわり出来立てを食べることができるので、作るのをみながらゆっくり待っていましょう。

ただおばちゃんがオーダーをとっていきますが、あとで感心したのがよくオーダーを間違えずに伝達して作れているなというところです。

手書きのオーダー表だけだから間違えそうなんですけど、間違えていませんでした。

蔥抓餅(チョンヅァービン)を食べてみた

天津蔥抓餅のお餅

さあ私がオーダーした蔥抓餅(チョンヅァービン)が届きました。

私が注文したのは、6番の贅沢な全部入りです。

中身も様々なバリエーションがあり、合計で8種類売られています。

私が頼んだのは、1番贅沢でもあるんですが全て入ったものになります。

天津蔥抓餅お餅

中身はこんな感じです。

ちょっと見た目いまいちに写ってしまいました。

不思議な食感と見た目ではありますが、中はしっかりと具材が入っているので割とバッツリです。

正直そこまで期待していませんでしたが、この台湾滞在中1番美味しかったかもしれません。

朝ごはんにしては割とヘビーですが、昼ごはんにしては軽め。

でも正直台湾の定番グルメを食べて飽きた人新しいものを開拓したい人にはうってつけ。

全部入りは正直贅沢ですが、せっかくここで頼むならメニューの1番から6番の間ならこの全部入りの6番がオススメ。

2人で旅行できているなら、分けて食べるのもいいでしょう。

天津蔥抓餅への行き方

最後に天津蔥抓餅までの行き方についてです。

天津蔥抓餅は台北MRT東門駅(dongmen station)5番出口近くに位置する永康街内にあります。

駅から2分の距離なので非常に行きやすいです。

天津葱抓餅

住所:台北市永康街6巷1号

電話:(02)2321-1336

営業時間:11:00~22:00

台北B級グルメの天津蔥抓餅は絶対寄って損なし!

私もネットの評判で見かけて行ったお店です。

元々いく予定がありませんでしたが、価格も安くなおかつ美味しいということでいくことにしました。

結果期待以上の美味しさ、そして台湾定番ではないから新鮮さを感じました。

ぜひ定番グルメを食べて飽きた人新しいものを開拓したい人には行ってもらいたい名店です。

ABOUT ME
shinyboy
30歳サラリーマン/旅ブロガー/ ブログ“Tabigraph タビグラフ” 毎週日曜日19時に更新📖 海外在住を経て旅行バカへ変身 ブログでは旅情報、生活情報を配信

当ブログはブログ村のランキングサイトへ参加しています!

もしよろしければ下のバナーをクリック応援お願いします!

今後ブログを続けていく励みにすごくなります

⬇️こちらのリンクをクリック⬇️

にほんブログ村 旅行ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村