“Tabigraph タビグラフ”

愛する人を亡くしたボンド 映画「007 慰めの報酬」 暴走するボンドに注目(あらすじネタバレあり)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

映画「007 慰めの報酬」ジェームズボンド

 

 

あなたは007のジェームズ・ボンドの映画をみたことがありますか?

 

今回はその映画の中で6代目となるダニエル・グレイグ主演の作品、映画「007 慰めの報酬(QUANTUM OF SOLACE)」の作品についてまとめています。

 

 

  1. 「007 慰めの報酬」概要
  2. 「007 慰めの報酬」キャスト
  3. 「007 慰めの報酬」のあらすじ
  4. 「007 慰めの報酬」私がオススメする見どころ
  5. 「007 慰めの報酬」私が見た感想
  6. 「007 慰めの報酬」自己総合評価

 

 

 映画「007 慰めの報酬」のあらすじを結末までネタバレもしながら解説していきます。

 

作品概要、キャスト・出演者情報、また私が実際に見た感想や評価を紹介しながら簡単に解説します。

 

 

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。 

 

 

愛する人を亡くしたボンド 映画「007 慰めの報酬」 暴走するボンドに注目 概要について

 

007シリーズのボンド役ダニエル・グレイグ2作品目となった映画「007 慰めの報酬」。

 

前作「007 カジノ・ロワイヤル」では愛する女性ヴェスパー・リンドを亡くしたし最後今後の敵の1人となるミスターホワイトを銃で打ったところで終わりました。

 

 

今作品はその話の続きからとなります。

 

前作以上に、人間味のある傷だらけのジェームズボンドが描かれています。

 

 

上司Mから見放されるところもありますが、注目してご覧ください。

 

 

映画「007 慰めの報酬」スタッフ・キャストの紹介

 

監督:マーティン・キャンベル

原作:イアン・フレミング

脚本:ジョシュア・ゼトゥマー ニール・パーヴィス 

ロバート・ウェイド ポール・ハギス

出演:ダニエル・クレイグ(ジェームズ・ボンド)

オルガ・キュリレンコ(カミーユ)

マチュー・アマルリック(ドミニク・グリーン)

ジュディ・デンチ(M)

ロリー・キニア(ビル・タナー)

ジェフリー・ライト(フィリックス・ライターCIA)

ジャンカルロ・ジャンニーニ(ルネ・カルロス)

イェスパー・クリステンセン(Mr.ホワイト)

 

 

愛する人を亡くしたボンド 映画「007 慰めの報酬」 あらすじについて

 

英国秘密情報部MI6の諜報部員であるジェームズ・ボンド(ダニエル・クレイグ)

 

 

話の始まりは、映画最後で今後の敵の1人となるミスターホワイトを銃で打った後の話からスタート。

 

 

イタリアでミスターホワイトの手下から逃げるべく、アストンマーチンで疾走します。

 

このカーチェイスのところからスタートします。

 

 

いきなり会話なしにスタートするこの映画の展開は、グッと引き込まれます。

 

かっこいいアストンマーチンがジェームズボンドのように傷傷でボロボロになる姿が残念です。

 

しかし今後のボンドを暗示するようなところがあります。

 

 

愛する人を亡くしたボンド 映画「007 慰めの報酬」私がオススメする見どころ

 

ダニエル・グレイグ2作品目となった映画「007 慰めの報酬」。

 

この作品での見どころは、3つあります。

 

  1. 復讐心に燃えた傷だらけのジェームズボンドの姿とボンドのスタイル
  2. 謎のボンドガールカミーユ
  3. 愛した女ヴェスパーの彼氏

 

 

この観点で意識しながらこの作品を見てもらえると面白いと思います。

 

 

復讐心に燃えた傷だらけのジェームズボンドの姿とボンドのスタイル

 

前作の「カジノ・ロワイヤル」からですが、非常に人間味のあるジェームズボンドになっています。

 

007 慰めの報酬 カミーユ&ジェームズボンド

 

相変わらずの不死身な感じは変わりませんが、前作以上に傷だらけのボンドになっています。

 

容姿もですが、何より内面的な心の傷が描写された場面も多く出てきます。

 

その姿を注目して他のボンド作品を見るとまるで違います。

 

 

そして何より前作で殺されたヴェスパー・リンドの復讐でもあるかのように、次々と敵を殺していきます。

 

あまりにも手掛かりの人を含めて殺してしまうので、復讐に燃えているのではないかと考えてしまいます。

 

 

またボンドのスタイルも今作は違います。

  

今作ではスーツスタイルになっている時間がかなり短いです。

 

 

割とラフな感じの私服スタイルが多いも今作は多めです。

 

しかしその私服スタイルでも似合っているのがボンドの良さです。

 

ジャンパー、ポロシャツなどなど。

 

 

しかし前作よりはスーツ姿の時は、着慣れた印象があります。

 

ようやく俺もスーツを気に入ってきたかなって感じがしました。

※前作は嫌々感がちょっと伝わってきています。

 

 

そして今作品もオメガの時計をアピールしています。

 

Omega Seamaster Planet Ocean 2201.50

 

ちなみに今作で着用していたオメガはこちらです。

 

Omega Seamaster Planet Ocean 2201.50になります。

 

 

服もそうですがもうひとつボンドスタイルで1番見て欲しいのが、ボンドカーです。

 

今作品でも映画序盤でアストンマーチンが疾走します。

 

しかし映画序盤でボロボロの姿になってしまうのが非常に残念です。

 

 

謎のボンドガール・カミーユ

 

 

映画序盤で登場する謎の女カミーユ。

 

この女優さんはこの前後の作品で非常に脚光を浴びた女優のオルガキリレンコです。

 

 

今作ではボンドガールとして登場しますが、今までと異なり愛の絡みはほとんどありません。

 

どちらかといえばお互い傷だらけの心によって引き寄せられてた仲間。

 

お互いの傷だらけの心を埋めるための復讐というのでマッチしています。

 

 

なので珍しくボンドガールとの絡みは最後のキスシーンのみ。

 

その前にMより強制帰国を命じられ、その際に連れ戻す役目として連れてこられたミスフィールズと絡みがありましたけどね。

 

さすがジェームズ・ボンドですよね。

 

 

愛した女ヴェスパーの彼氏

 

今作では前作でジェームズボンドが初めて本気で愛した女性としても注目されたヴェスパー・リンドの彼氏を探すというのもひとつのポイントになっていました。

 

 

前作でジェームズ・ボンドを助けるために、自分の死と引き換えに亡くなりました。

 

そんな彼女が残した手がかりからひとつずつ探していき、最終的に彼氏と言われている人へ映画終盤で出会います。

 

 

それが悲しいことに敵の諜報員で、その彼氏というのは他の女にも接触していて彼氏になりすまし他国の情報を得ていました

 

 

それまで映画の中で散々手がかりとなる人々を殺してきたジェームズ・ボンド。

 

Mによれば復讐によって殺していたのではないかとも言われていました。

 

しかし最後はMの指示を守り、殺すことなく終わったというのがオチでした。

※でもその映像はないのでもしかしたら殺してたかも?

 

 

ここでヴェスパー・リンドが付けていたアクセサリーを捨てて、ジェームズ・ボンドの心はようやく晴れたのでした。

 

  

愛する人を亡くしたボンド 映画「007 慰めの報酬」私が見た感想は?

 

今作品 映画「007 慰めの報酬」を見て感じたことは、この前作と違ったより人間味のあるジェームズボンドに感動しました。

 

前作でジェームズボンド=ダニエル・グレイグに完璧に自分の中で切り替わっていました。

 

そこの違和感は全くなく、どのようにして愛する人の事を振り切れるかまた彼氏の存在へたどり着けるかというのに注目していました。

 

 

映画内最大の敵でもあるドミニク・グリーンは、直近のボンボ作品の中で最弱かもしれません。

 

戦闘能力がない頭脳派の敵ですが、冷酷な男として描かれているこの姿はなかなか他にいない存在です。

 

世界環境や政治家の汚い姿まで描かれているのは印象的でした。

 

 

前作で疑いをかけられていたマティスに助けを求めてグリーン主催のパーティへと参加します。

 

しかしそのマティスも敵の陰謀により射殺。帰らぬ人となりました。

 

敵なのか味方なのか最後までわからない存在が印象的です。

 

 

愛する人を亡くしたボンド映画「007 慰めの報酬」の自己総合評価は?

 

最後にこの作品を見て私が独断で自己評価したので締めくくります。

 

映画「007 慰めの報酬」の総合評価は....。

 

 

☆星4.2

 

 

その理由は、前作品「007 カジノ・ロワイヤル」とはまた違った要素が多かったからです。

 

 

序盤のカーチェイスからの内通者との戦闘シーン。

 

またヴェスターの復讐に燃えるジェームズボンドと家族の復讐に燃えるボンドガールカミーユ。

 

お互いの復讐心が違った形で見れたのが良かったです。

 

正直ジェームズボンド がここまで傷だらけになるとは、誰も想像していなかったでしょう。

 

しかし愛する人のことを許せて、最後は振り切れた姿は良かったです。

 

 

愛する人を亡くしたボンドの復讐劇は最高だった!

 

ダニエル・グレイグを2作目となった映画「007 慰めの報酬」。

 

愛する人を失ったことかた復讐心に燃えるジェームズボンド。

 

しかし最終的にはここも晴れてようやく自分の苦しみから解放されたそんな気持ちが描かれています。

 

是非2020年4月10に公開の映画「007 ノー・タイム・トゥ・ダイ」をご覧の前にこちらの作品をご覧ください。

 

前作映画「007 カジノ・ロワイヤル」については以下の記事で紹介しています。

ぜひ合わせてご覧ください。

 

合わせて読みたい:ボンドはここから始まる 映画「007 カジノ・ロワイヤル」 ダニエルクレイグ ボンド始動(あらすじネタバレあり)