“Tabigraph タビグラフ”

日本

ロイヤルホテル能登 石川県の大自然の中にある癒しの宿へ宿泊してみた【宿泊レビュー】

ロイヤルホテル能登 石川県の大自然の中にある癒しの宿へ宿泊してみた【宿泊レビュー】

1日目が終了し、宿泊宿のロイヤルホテル能登(旧ホテル名 能登ロイヤルホテル)へと向かいます。

今回連休ということもあり、予約が難しいかと思って居ましたが楽天トラベル で予約することができました。

何よりも金額もそうですが、その後の対応に感動しました。

自身も宿を楽しめましたし、対応も非常によかったので改めて本記事で紹介します。

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。 

ロイヤルホテル能登 大自然の中にある癒しの宿へ宿泊【宿泊レビュー】

石川県の大自然の中にある癒しの宿へ宿泊

能登ロイヤルホテルをいろんな視点で、改めて見ていきました。

【予約内容】

今回の予約内容は以下になります。

プラン内容:2食付きぶり・のど黒・能登牛の四季彩膳バイキング

料金:2名で23,800円(1名11,900円)

ここからクーポンの1000円引きで、一人11,400円になりました。

部屋:和室(喫煙可)

上記の内容にて予約しました。

後日施設から確認の連絡を含めて、電話お頂きました。

その際、神対応をしてもらいます。

ホテルのスタッフさん:お客様備考欄にて禁煙をご希望されておりますが、禁煙のお部屋が空いておりますのでそちらをご案内させていただいてよろしいでしょうか。

私は喜んで「はい!」と返事をして、念のため金額も確認をしましたが据え置きで案内してもらえました。

ネットでは禁煙の場合、多少値段が違いがありました。

その金額さえも気にしない対応に感動しました。

しかもこの連休なので、必ず宿泊される方がいるのでわざわざその対応をしなくてもいいのにその対応をしてくれた施設側へ大変感謝をしています。

おまけに私は公式サイトからでなく、楽天トラベル からなので大変申し訳ないのと追い打ちにクーポンまで使ってしまっている…。

ほんと申し訳ないです。

ロイヤルホテル能登の和洋室「ファミリールーム」の部屋について

ホテル廊下

では客室の変更をしてもらった部屋を紹介していきます。

館内の廊下の雰囲気は、少し年代を感じる部分がありました。 

清潔感はありますので、その点に関しては問題ありません。

部屋に入ってすぐ驚きの光景が広がっています。

ホテルの部屋

若干もう散らかっておりますが、まさかの和洋室タイプになってるではありませんか!

これこの予約の金額では泊まれない部屋です。

金額で言えば一人2000円ぐらいは、高くなる部屋です。

この部屋だと禁煙があったので、最初からそれに変えてくれるつもりだったんだなとまた改めて感謝しました。

順に部屋を見ていきます。

ロイヤルホテル能登の和洋室「ファミリールーム」のベッドのついて

ベッド

まずベットはツインが用意されています。

私はあえて布団を用意してもらいました。

せっかく畳があるし、それもいいなと思ったからです。

トイレとバスルーム

扉の向こうは、トイレとバスルームです。

ここは大浴場も完備されていますが、行くのめんどいとか恥ずかしい人にはちょうどいいですね。

一般的なビジネスホテルと同じ広さぐらいです。

クローゼッt

クローゼットも広々。

元々4人ぐらい泊まる部屋に二人ですからね。

そりゃこれもでかいです。

ざっと適当な写真で説明してきましたが、部屋のくくりとしては「ファミリールーム」という名称にて決められており、部屋全体の広さは36平米です。

当初予約していた部屋は、10平米。

およそ3倍以上の広さの部屋に変更してもらえました。

まあ簡単に広さ説明しますと、お子さんがごろごろしても平気なぐらい広いです。

大人で行くとバク転ぐらいできるんではないでしょうか。

※周辺の部屋に迷惑なので、ぐれぐれもほんとにやらないように。

クローゼット部屋の写真

部屋のイメージ図 

※公式サイトよりそのまま引用した写真。

【大浴場】

大浴場はスマホを置いてきたため、何も撮っておりません。

男性の浴場の中をざっと説明します。

内湯は1か所大きなのがあります。

大人の人数で行けば30人はは入れるでしょう。

そんなにはいるとなかなか見苦しい光景になりますが…。(笑)

また浴場の隅にはサウナルームがあります。

また外湯は1か所あり、人数で行けば大人で14人ぐらいはは入れるのではないでしょうか。

洗い場のスペースもそれなりに数があるので、よっぽど混み合う時間帯に行かなければそこまで待たなくて済むでしょう。

www.daiwaresort.jp

詳しく知りたい方は、公式ホームページへどうぞ!

ロイヤルホテル能登の夕食について

食事はプラン通りの2食付きぶり・のど黒・能登牛の四季彩膳バイキングです。

19時30分ぐらいにフロントにて予約しておりましたので、それに合わせて夕食会場へ向かいました。

事前に予約の際に「海鮮」もしくは「肉」を選ぶ形式になっています。

私は海鮮が食べたかったので、海鮮にすることにしました。

ただどういう風な海鮮なのか想像がつきませんでしたが、自身でそれを取に行くように促されてカウンターへ取りに行きます。

鍋

もらってきたのはこれです。

鍋なんですが、これは自ら具を鍋に入れた後の写真です。

自分で具を入れて火をつける方式です。

これがメインで他はバイキング形式です。

おおよそ周りの人を見ると、バイキングのみのプランの方が多かったです。

バイキングの内容は文字だけではありますが、ざっとあった物。

・握り寿司

・刺身

・ステーキ

・天ぷら類

・サラダ類

・麺類

・から揚げ他おかず類

・フルーツ

・ケーキ

私が書けた上の内容は、主に私が取ってきたものだからです。

私は十分満足できましたが、1点だけ気になった事があります。

私たちはよかったですが、恐らく時間通りに来られた方がスタッフさんの人手不足により配膳不足でどのテーブルについていいかわからなくなっていました。

確かに私も自由にと言われたものの、どこが空いていてどこが空いてないかわからなかったです。

連休中なので人手不足なのは仕方ないですけど、せっかくの食事内容なのだからそこは少し改善した方がいいかなと個人的には思いました。

行かれる際は、気持ち早めに行く方がいいかも知れません。

部屋でまたゆっくりして、今夜は布団で寝ます。

おやすみなさい。

ロイヤルホテル能登の朝食について

朝食会場

確か昨日と同じ会場だった気がします。

この通りが確か朝食会場への道です。

朝は一般的なビジネスホテルより種類が多く、私は満足できる内容でした。

こんな食事ばかりしてたら太るなと、少し思ってしまうぐらいです。

ホテルの中庭

部屋へ帰る途中撮った写真。

ホテルの裏側ですが、手入れが行き届いてます。

自然の中のホテルなのでなんとなく気分も爽快になります。

駐車場

部屋からの写真。

駐車場は沢山あるのでよっぽどのことがない限り停めれないなんてことはありません。

そこはご安心ください。

最後にロイヤルホテル能登に泊まってみたいなという方へ

最後にこの記事を読んで「ロイヤルホテル能登」に泊まってみたいなという方へ。

他のページへ行って、わざわざ最初から検索する必要もありません。

以下の項目より各宿泊予約サイトにすぐアクセスできて予約が可能です。

都合の良い日を見つけて、すぐに予約しちゃいましょう。

大自然の中にあるロイヤルホテル能登は満足いくホテルだった

とにかく短い時間ではありましたが、このホテルを堪能させて頂きました。

コストパフォーマンスに優れたこの宿は、またリピートしたいという気持ちになります。

またカップル、ファミリー問わず老若男女楽しめるホテルでもあります。

何よりも親切なスタッフの方がいるというのはかなり良かったです。

ぜひまた石川県に訪れたら泊まりたいと思えるところです。

肝心のホテル全体の写真は撮り忘れました。

ABOUT ME
shinyboy
29歳サラリーマン/旅ブロガー/ ブログ“Tabigraph タビグラフ” 毎週日曜日19時に更新📖 海外在住を経て旅行バカへ変身 ブログでは旅情報、生活情報を配信

当ブログはブログ村のランキングサイトへ参加しています!

もしよろしければ下のバナーをクリック応援お願いします!

今後ブログを続けていく励みにすごくなります

⬇️こちらのリンクをクリック⬇️

にほんブログ村 旅行ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村