“Tabigraph タビグラフ”

“Tabigraph タビグラフ”

旅とカメラをテーマに、会社員が世界を巡る

香港国際空港でのトランジット時間を有効に活用する方法。滞在時間別に詳しく紹介

バンコクを飛び立ち、香港に降り立ったのは朝方の10時25分。

名古屋までの帰りの飛行機は、16時15分発。

おおよそ6時間ほど香港で時間があります。

香港空港内

国際ハブ空港と呼ばれている香港国際空港は、色々な国へ飛行機が飛んでいます。

よくどこか別の空港まで行く中継点として利用されています。

それゆえ香港止まりの飛行機も若干高めには設定されている時もあります。

そんな香港でトランジット及びトランスファーがある場合、どのようにして時間を過ごせばいいか。

実際に私の体験談もそうですが、香港滞在時間に合わせた最も有効的な時間の使い方を紹介。

これであなたも香港で無駄な時間は使う心配はありません!

入国審査から荷物受け取りまでの時間

まず入国審査から受託荷物受け取り、税関までで所要時間。

おおよそ荷物ありの場合、最低でも40分~80分かかります。

荷物なしの場合、30分~60分かかります。


ハブ空港だからというのもありますがに、人の多さは半端ないです。

時間帯にも寄りますが、ナゴヤドーム軽く1個はパンパンにはなる人数ではないでしょうか。

※勝手な想像です。

また空港自体が広いので、自分がどのゲートで降ろされるかによって移動時間もかかります。

遠いところですと端から端まで数十分かかる場合もあります。

大手キャリアならそこまで遠いゲートにはされないでしょう。

LCCだと遠くのゲートにされる可能性が高いです。

市内までの電車の時間

エアーポートエクスプレス

また市内までは「エアーポートエクスプレス」に乗って行きます。

主な駅までの乗車時間及び乗車料金は以下の通りです。

空港⇨香港駅 24分

片道110港ドル 同日往復115香港ドル 往復205香港ドル

空港⇨九龍駅 21分 

片道100香港ドル 同日往復105香港ドル 往復185香港ドル
 

空港⇨青衣駅13分

片道65香港ドル 同日往復70香港ドル 往復120香港ドル

 

香港駅を往復しますと、おおよそ50分かかります。

チケット

電車の運行時間は、各駅から早朝の6時前後から走っていて終電は24時過ぎになります。

意外に走っておりますので、電車が動いている時間に空港へ移動するなら電車がオススメです。


この後それぞれ乗り継ぎ時間別にオススメできるアクティビティや行動を紹介していきます。

香港国際空港で乗り継ぎ時間が3時間未満の場合

食事

空港で3時間未満しか時間がない場合は、空港内で過ごすことがオススメです。


上記の時間を見て行きますと、香港市内まで出て帰ってくるまでに荷物なしで最短で行っても1時間30分はかかります。

そうしますと香港駅に着いてものの数十分で帰ってこなくては行けません。

※入国審査が並ぶのも考慮して。

市内へ出るのは、あまり現実的ではありません。

その場合は、空港内でお土産グルメを楽しんで見ましょう。 

国際ハブ空港なので、店は腐るほどあります。

中国料理を少し食べて、体を休めるのもひとつの手です。

入国ゲート内でも楽しめることができますが、一旦一時入国することによってターミナル1及びターミナル2へ出ることができます。

厳選されたお店がずらっと出店しておりますので。好きなお店で食べてみましょう。 

 

香港国際空港

一時入国OR入国ゲート内散策

一時入国の場合、ターミナル散策

 

またプライオリティパスをお持ちの方は、ラウンジでゆっくり食事をしながら休むのもありです。

3時間未満の方は、休息の時間にするのがいいでしょう。

香港国際空港で乗り継ぎ時間が6時間未満の場合

6時間未満の場合は、市内へ出て簡単な観光が可能になります。

 

トランジットの場合、同系列の航空会社の場合最終目的地まで荷物を自動的に運んでくれます。

航空会社が異なるトランスファーの場合は、ロストバゲージになる可能性が出てきますので一旦荷物を受け取りましょう。

 

そして再度次に航空会社へ預けるか、もしくはターミナル1とターミナル2の間にある手荷物一時預かり場(left baggage)に預けましょう。 

6時間未満ならいくつかの観光ルートがあります。

①空港の隣にあるアウトレットで買い物しながらグルメを楽しむ

 「citygate outlets」というアウトレットモールが空港近くにあります。

行き方は空港からはバス、タクシー、電車があります。

電車は東涌駅にて下車 バスでS56で約11分、S1で約20分かかります。

タクシーだと約10分にて到着する距離です。

数多くのお店が入っており、ちゃんとした正規品を安く買うことができます。

有名店も数多く入っておりますので、買い物がしたいって方はお勧めです。

 

香港国際空港

City gate outlets

香港国際空港

②香港駅まで出て、香港駅周辺の観光を楽しむ。

エアポートエクスプレスで香港市内へ出て見ましょう。

電車で香港駅まで一本。

香港駅周辺には香港の中心とも言える中環駅(セントラル駅)があります。

隣接しているので移動に関しては、非常に楽です。

 

また以前記事にて紹介しました上環駅も近くにあります。

ここには、有名な文武廟、キャットストリート、ハリウッドストリートなど観光地が目白押し。

内容については以前の記事をご参照ください。

 

www.travelphotolover.com

 

www.travelphotolover.com

 

www.travelphotolover.com

 

香港国際空港

香港駅

中環駅OR上環駅の観光

香港駅

香港国際空港

③九龍駅まで出て、九龍島の街並みを楽しみながらグルメも楽しむ。

f:id:shinyboy:20180812214853j:plain

ジャッキーチェン主演の映画など香港といえばだいたい映る光景は、九龍島です。

夜の電飾などは非常に綺麗で、「THE 香港」を象徴するシンボルともなっています。

その周辺を散策しながら中国料理を堪能するのもありです。

帰りは香港島へスターフェリーで渡り、香港国際空港へ戻ってくると香港の良いところをギュッと凝縮した旅になります。

www.travelphotolover.com

 

香港国際空港

九龍駅

タクシー及びバスでモンコック周辺へ

街を観光しながらグルメを堪能

スターフェリーで香港島へ

徒歩で香港駅へ

香港国際空港

香港国際空港で乗り継ぎ時間が10時間未満の場合

 

10時間あれば、がっつり観光して楽しめます。

10時間あれば、いくつかの観光ルートがあります。

①香港駅からビクトリアピークへ登り山頂から香港を一望。

ビクトリアピーク

香港を一望できるビクトリアピークは観光客にも人気です。

天気にもよりますが、恵まれた天気ならとても綺麗に見ることができます。

※2014年の時は曇りでした。
 

ビクトリアピークから降りてきたら、下の建物内で中国料理に舌鼓。

もしくはセントラル駅付近で食事をするのもありでしょう。

選択の幅が広がるので自分がしたいように決めれます。

少し余裕を持って空港に帰れば、お土産も買えます。

 

香港国際空港

香港駅

中環駅からタクシーOR徒歩

ピークトラム駅

ピークトラム山頂へ

ビクトリアピーク散策

ピークギャラリア内で食事

タクシーOR徒歩で香港駅へ

香港国際空港

②世界のディズニーランドの香港ディズニーランドを堪能する。

 

ディズニー好きには絶対外せないスポット。

ディズニー好きに言わせれば、香港が最もキャラクターとの距離感が近いみたいです

それもそのはずなんと香港は世界最小のディズニーランドなんです。

でも小さいからとはいえ、侮れないのが香港。

他のディズニーランドにはない楽しみ方ができるみたいです。

 私のトランジット内容はこんな感じ

いかがでしたでしょうか。

トランジットとはいえせっかくなら香港を楽しむのも1つの手です。

中国とは言えど、少し違った感じがまた良いです。

私のトランジットはといいますと、かなり寂しいトランジットになりました。

簡潔に書きますとこんな感じです。

 

香港国際空港

香港駅

キャットストリート

両替

香港駅

香港国際空港

 

正直前日に食べた激辛カオマンガイのせいで、おなかの調子が悪すぎ。

何をするにも腹痛があったので、結局あんまり食べもせず観光もできず。

結構最悪でした。


エッグタルト

唯一街中で食べたのが、エッグタルトです。

これだけはどうしても譲れなかったので、食べました。

やっぱり香港のエッグタルトはおいしい!そして安い!

日本で食べたくなくなってしまうぐらいです。

後は空港でバカ高いサンドイッチとコーヒーを食べて飲みました。

空港で食べるにはそこそこお金は必要みたいですね。 

まとめ

香港に来てみた感じたことは、改めてグローバルな国だということです。

入国審査の時もそうですが、いろんな人種の人が集まりやすい場所でもあります。

それゆえにいろんな言語も聞けて、最先端をいけるそうなイメージです。
 

ただバンコク帰りだからかもしれませんが、やけに香港の物価が高く感じました。

空港で食べたサンドイッチとコーヒーが、1,200円したのは今でも驚きです。

というより高すぎでしょ!って感じです。

 

でもそんな高い香港ではありますが、私は好きです。

時間があればまた来たいと思えるそれが香港です。 


旅行・観光ランキング

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ
にほんブログ村