“Tabigraph タビグラフ”

深夜の飛行機でしっかりと睡眠を取るための快適グッズ4アイテムを紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

機内の様子

 

 

あなたは深夜便に乗ったことがありますか?

 

意外にですが深夜便を飛行機でしっかりと睡眠を取るのが難しいんです。

 

 

私も正直どう深夜便を飛行機でしっかりと睡眠を取っていいかわかりませんでした。

 

 

しかしあるアイテムたちがあれば、そんな深夜の飛行機でもしっかりと睡眠を取れちゃうのです。

 

本記事では深夜の飛行機をしっかりと睡眠を取るための5アイテムをまとめています。

 

 

これを読んであなたも快適グッズを買って乗ってみませんか

 

 

 

 

深夜の飛行機でしっかりと睡眠を取るための快適グッズ4アイテムとは

 

 

基本的に深夜便なら寝ることが基本です。

 

たまに深夜便でも読書したり映画を見たりする人います。

 

 

これから旅先に向かう人ならなるべく早く寝て、体力を回復させて現地で遊びたいですよね。

 

そこで深夜の飛行機でしっかりと睡眠を取るための快適グッズをご紹介していきます。

 

 

①アイマスク

 

深夜便の特徴として、1番気になるのは機内で人が動き回ることです。

 

 

キャビンアテンダントをはじめ、乗客もトイレ等に行くのに機内を歩き回ります。

 

目を閉じているだけでは、人が動いているのがわかる時があります。

 

 

中には深夜便だけど本を読むために読書灯をつけたり、座席モニターで映画を見ている人もいます。

 

そうするとその光が自分の方に来て、目障りになることが多いです。

 

そんな時にアイマスクがあれば、不快な視界をシャットアウトできます。

 

②耳栓もしくはイヤホン

 

目をシャットアウトした後、気になるのが音です。

 

 

人が動く事で、床からの音やゴソゴソ音は非常に気になる方は気になります。

 

そこで耳栓を使う事で雑音をシャットアウトできます。

 

また耳栓じゃなく、眠りにつきやすい音楽を聴きたいという方は、ポータブル音楽機を使用するというのを1つの手です。

 

③ネックピロー

 

視界、雑音をシャットアウト後は、今度は寝る体制を確保することです。

 

狭い座席の中で1番固定しづらいのが首の位置です。

 

窓側の席なら窓に押し当てることができますが、真ん中および通路側の人はそれはできません。

 

寝返りを打つことも難しいので、できる限り負担なく寝たいものです。

 

 

そこでネックピローを使うことで、どんな首の形をしている人でも自分の首に合わせてセットすることができ快適に過ごせます。

 

ネックピローは私が実際購入して使ってみた感想を記事があります。

こちらの記事もご覧ください。

 

関連記事:【商品レビュー】快適な睡眠をあなたへお届けするennkeeo ネックピロー

 

④上着もしくは毛布/h3>

 

さあ最後は、自分の身にまとう服装です。

 

理由として、機内が非常に寒いからです。

 

 

ある程度調整してくれる時もありますが、基本的に寒いと思った方がいいです。

 

特に行先が暑いところから寒いところまたは寒いところから暑いところと気候が違う場合です。

 

イメージとしまして、映画館のようなものです。

 

 

離陸した後とかは機内の気温調整でかわかりませんが、かなり寒くなるイメージです。

 

その後もそこまで寒さは変わらないので、上着もしくは毛布を持参することをオススメします。

 

特にLCCは毛布の貸し出しが有料の場合があります。

 

必要なら無駄なお金をかけないためにも、持って行きましょう。

 

 

また上着も現地で着いた後邪魔になる可能性もありますので、畳めるような素材の上着がいいです。

 

風を通さないような素材のカサカサのタイプのパーカーがベストでしょう。

 

できる限り普段着慣れたものがいいです。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

もう1度おさらいをしておきましょう。

 

  1. アイマスク
  2. 耳栓またはイヤホン
  3. ネックピロー
  4. 上着もしくは毛布

 

 

私もこれを書いた理由は、自分が深夜便で快適に過ごせなかったからです。

 

 

寝れないとその日もしくは、翌日の日の行動能力がかなり低下します。

 

私は能力が低下してしまい、かなり疲れ果ててしまいました。

 

 

せっかく行くなら全力で楽しんで、色々な所を巡りたいですよね。

 

自分もこれからは、このアイテムを所持して深夜便に臨むつもりです。

深夜便へこれから乗る方、ぜひ参考にして見てはいかがでしょうか。