“Tabigraph タビグラフ”

香港リゾート地の赤柱(スタンレー) お洒落な街並みが広がる場所へ行ってみた

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

スタンレー赤柱香港

 

 

今回ご紹介するのは香港の中でも少し異色の観光地。

 

どちらかと言えば密集してネオンが輝く街とは異なり、ゆっくりそしてのんびりした雰囲気のリゾート地です。

 

その場所はスタンレー(赤柱)というところです。

 

おしゃれな場所でもあるスタンレーの魅力、良さ、アクセスなどまとめています。

 

 

これを読んだ後はきっと香港に行ったら行きたくなるに違いありません。

 

 

 ※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。

 

 

香港リゾート地の赤柱(スタンレー) お洒落な街並みが広がる場所へ行ってみた

スタンレー赤柱香港 

今回雑多なネオンが輝く香港中心部から少し離れ、リゾート地へと行ってみます。

 

都心とは打って変わって時間が過ぎるのが遅く感じるぐらいのんびりとした地域。

 

まるで香港に来たことを忘れるような風景が広がっています。

 

ネオンもなければ騒音もない。ましてや街の中には欧米人ばかり。

 

 

実は赤柱(スタンレー)はもともとは漁村でした。

 

昔香港がイギリスの植民地下にあった時代に、高級リゾート地として発展し、今で高級住宅が点在し、多くの外国人がここに住んでいます。

 

別に観光客が来てはいけない場所ではありませんのでご安心ください。

 

高級住宅が広がりなおかつ香港感が全くないこの地域は外国の方に好まれます。

 

見た感じお金を持っていそうな人々が多いです。

 

でもそんな地域も観光だけでも十分に楽しめます。

 

スタンレーに来たなら、ぜひ行って欲しい場所を写真とともに紹介していきます。

 

 

スタンレーマーケット(赤柱市場)で買い物巡り

スタンレー赤柱香港

 

スタンレーで買い物といえば、ここスタンレーマーケットです。

 

昼間にオープンしているスタンレーマーケットは様々なものが販売されています。

 

小さい通りの中にいくつもの店が並んでいるので、1軒1軒見ていくのも楽しいです。

 

ではその通りを写真で巡っていきましょう。

  

スタンレー赤柱香港

 

まずはバス停で降りてスタンレーマーケットに向かう通りです。

 

この辺りからお店が両サイドに並びます。

 

スタンレー赤柱香港

 

スタンレーではこのような壁画が多く売られていて、どれも普段見ないようなものばかりです。

 

香港中心部でもあまり見ないので、もしかしたらここにしかないかも?

 

スタンレー赤柱香港

 

スタンレーメイン通りへと入っていきましょう。

 

スタンレー赤柱香港

 

狭い通路に両サイドお店が並んでいます。

 

買い物をする中国人観光客もいました。

 

香港スタンレー赤柱

 

壁画の写真が多いですが、数は少ないですがアパレル、家電・ガジェット系、お土産ようグルメも販売されています。

 

香港リゾート地のスタンレー赤柱

 

アパレルと言ってもこんな感じにまばらに売っているお店や逆に古着を集めたようなお店もありました。

 

後日本人観光客に人気の「花文字」の店もあります。
 
花文字は200年以上の歴史がある中国の伝統工芸の1つ。
 
龍や鶴、魚、鳳凰など風水で縁起がいいとされる絵柄を文字と組み合わせて描いてくれます。
 
自分や家族の名前、好きな文字を選んで注文し、オリジナルの花文字を描いてもらえるので家の中でのインテリアとしても非常に人気です。
 
スタンレーの記念にどうでしょうか。
 

 

単にこのスタンレーマーケット通りをのんびり歩くのも楽しいですよ。

 

私もトートバックを2つ購入。

 

1つあたり1,000円市内ぐらいで値引きしてもらえました。

 

 

決して安いわけではありませんが、せっかくスタンレーできたならという気持ちで買うのがいいかもしれませんね。

 

もしちゃんとしたもの買いたいよという人は、マーケットから少し歩くと「スタンレー・プラザ」というモールがあります。

 

そこで購入されることをおすすめします。

 

 

スタンレーの街並みはまるでヨーロッパ⁈

 

スタンレー赤柱香港

 

買い物もいいですが、1番はスタンレーでのんびりすることです。

 

スタンレー赤柱香港

 

街並みを見てもわかりますが、全く中国感がなくむしろヨーロッパのような街並みです。

 

先ほどもお伝えしましたが昔はイギリスの植民地だったこともあり、彼らのテイストに合わせた建物が多いです。

 

 

逆に観光客からすれば、中国圏に来ているのにこの雰囲気を味わえるのはなんだかお得感がありますね。

 

スタンレー赤柱香港

 

街自体も土地柄もありヨーロッパ圏の人が多く、また香港市内に比べると物価が高い印象です。

 

この黄色のお店「boat house」も人気グルメ点のひとつ。

 

表にあるメニューをみた感じだと普通に食事すると、1人日本円で2,000円は軽く超えます。

 

スタンレー赤柱香港

 

その隣の店には、謎のヤギの置物。

 

リアルすぎて本物かと思ってびっくりしてしまいました。

 

ペットや小さい子供も反応していました。

 

calimax

 

このヤギとかっこいい犬を連れたお兄さんに惹かれたので、このお店に入ってみました。

 

スタウレーで一息するならCali-mexへ

 

Cali-mex スタンレー

 

お店の名前は、「Cali-mex」というお店で、ちょうど先ほど載せた黄色の「boat house」という店の隣です。

 

スタンレー赤柱香港グルメ

 

こちらで注文したのがおしゃんなお酒。

 

スタンレー赤柱香港グルメ

 

そしてナチョチップス。

 

タコス

 

ナチョチップス頼んでいるののを忘れて注文したタコスの3点です。

 

正直どれも美味しかったですが。私が飲んだお酒の度数が強かったのかベロベロ。

 

友人も心配するぐらいでした。

 

 

店の雰囲気時代もよく、店員さんものんびりな感じ。

 

時間を忘れてここでひたすら飲むのには最高です。

 

地元の人はちょっとした朝食でこられているのか、この犬を連れたお兄さんもそんな感じでした。

 

入った当初は人もまばらでしたが、1時間も経ったら冒頭にあった写真のように人でたくさんになりました。

 

ここで食べるならナチョチップス、タコスがオススメですが、そのほかにオススメするならハンバーガーです。

 

写真でしかみてないですが、写真で美味しそうなのが伝わってきます。

 

 

 

 

スタンレーはカメラを片手に歩きながら写真を撮るのがおすすめ

 

スタンレー赤柱香港

 

スタンレーの街自体かなり小さく、歩いて回れるぐらいの広さです。

 

元々漁村なので地域自体が狭いです。

 

だからカメラを片手に歩くのに非常に適した場所でもあります。

 

今回また場違いのレンズを持ってきてしまい、EOS 80DYONGNUO YN50mm F1.8です。

 

スタンレー赤柱香港

 

近距離の撮影には向いていませんが、これぐらいのスナップショットにはもってこいです。

 

海外へ旅へ出るといつも思うのですが、こうした何気ないものが何故かオシャレに感じます。

 

スタンレー赤柱香港

 

一部を切り抜くことでオシャレに見えないものもオシャレに感じます。

 

香港スタンレー

 

写真なんて撮り方次第でどうにでもなります。

 

一眼レフでなくてもスマホのカメラでも十分楽しめます。

 

今回上手く撮れているのはかなり少ないので、これぐらいです。 

香港スタンレー

 

普通に撮るとこんな感じに単なる風景写真になってしまいます。

 

ちなみにこれも商業施設で、ファストファッションの店が入っていました。

 

 

スタンレーまでのアクセス方法・値段について

 

スタンレー赤柱香港
 

最後に赤柱(スタンレー) までのアクセスについてです。

 

香港市街地から赤柱(スタンレー)までは地下鉄が通っていないため、バスかタクシーでいく必要があります。

 

タクシーの場合乗車する場所で変わりますが、おおよそ3,000円くらい片道かかります。

 

安く抑えたいならバス一択です。

 

それぞれの駅周辺のバス停からの乗るバスについては、以下のようになります。

 

 

香港島の中環(セントラル)、金鐘(アドミラリティ)からバスの場合

 

バスは複数路線ががそちら方面に出ています。

 

乗車するバス:6X、6、6A、73、66、260番

上記のどれかで大丈夫です。

バスは2階建の大型バス。

 

乗車時間:おおよそ30~40分

 

 

銅鑼湾(コーズウェイベイ)からバスの場合

 

乗車するバス:40番

中環(セントラル)、金鐘(アドミラリティ)と異なり、ミニバスとなります。

 

乗車時間:おおよそ35分

 

 

尖沙咀(チムサーチョイ)からバスの場合

 

乗車するバス:973番

バスは2階建の大型バスとミニバスがあり。

 

乗車時間:おおよそ80分

 

 

降りるバス手は共通して「赤柱村、赤柱村道

 

全てのバスは最終的に同じルートで行くので、マーケットの入り口「赤柱村、赤柱村道」で下車しましょう。

 

ここが1番近いバス停になります。

 

スタンレーまでのバスの値段について

 

値段は乗車したバス停により異なりますが、おおよそ7.9香港ドル(約108円)からになります。

 

快速などあまり停車しないバスなどは、少し高めの10香港ドル(約137円)になります。

 

 

バスに乗車する際は、細かいお金が発生することが多いのです。

 

事前に地下鉄、バスを含めた交通機関で使えるオクトパスカードを作っておくほうがいいでしょう。

 

私が乗車したバスは金鐘(アドミラリティ)駅からのスタンレー行き

 

金鐘(アドミラリティ)駅周辺の様子

 

私は今回金鐘(アドミラリティ)駅からバスに乗車しましたが、バス停が非常にわかりづらく1本逃しました。

 

行かれる際はGoogleMapにて事前に乗車するバスの時間を調べた上で、早めに行かれることをおすすめします。

 

金鐘(アドミラリティ)駅からスタンレー行きバス

 

金鐘(アドミラリティ)駅からは2階建のバスのため、非常機会的です。

 

バスに乗るなら2階建で前方座席が景色がよく見えます。

 

でも取り合いになるので、どうしても前方に座りたいなら早めに行くことが先決です。

 

香港リゾート地の赤柱(スタンレー)

 

スタンレーまで行く途中にこんな感じで山間を抜けていきます。

 

生活感のある場所もなんだかみていると面白いですね。

 

香港リゾート地の赤柱(スタンレー)

 

それを抜けると急にこんな感じのマンションが多くなります。

 

素楽リゾートマンションでしょうか、それ以外にもリゾートホテルも数多くありました。

 

 

香港の繁華街に飽きたならスタンレーでのんびりしよう

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回初めてスタンレーに訪れましたが思っている以上にいい場所でした。

 

私も香港はこれで4度目ですが、繁華街の雑多な感じそしてネオンを毎日見ていると少し飽きてしまうことがあります。

 

そんな時は気分転換に海沿いのリゾート地でもあるスタンレーに来てみてはいかがでしょうか。

 

白人の方が多めなのでなんだか香港に来たのを忘れてしまいますよ。

 

海を見ながらのんびりお酒でも飲んでみましょう。