“Tabigraph タビグラフ”

軽い!安い!ボケる!YONGNUO YN50mm F1.8の商品レビュー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

カメラ レンズ

 


カメラを始めると、色々こだわりたくなりませんか?

 

私もカメラを使っていくことで、レンズへの興味を持ちました。

色々なレンズを買った中で行き着いたところが、もっとぼかしたいでした。

 

そこでネットでの評判を見て、これだと思ったレンズは「YONGNUO YN50mm F1.8 単焦点レンズ」でした。

 

本記事では、以下の事についてまとめています。

 

  • YONGNUOとはどこのブランド?
  • YONGNUO YN50mm F1.8 単焦点レンズの性能
  • YONGNUO YN50mm F1.8での実写真
  • YONGNUO YN50mm F1.8メリット、デメリット

 

この記事を読んであなたも「YONGNUO YN50mm F1.8 単焦点レンズ」買ってみませんか?

 

YONGNUOとはどこのブランド?

 

今カメラ業界を賑わせているのが、精力的に新製品を世の中へ投入してきている中国メーカー

それが「YONGNUO(永诺)」です。

 

え?中国のレンズなの?

そう思われた方も多いでしょう。

 

しかし思い返してみたら、どの製品もそうですが日本にある大半のものが中国製品なのです。

 

そしてこのレンズメーカーも中国製ではありますが、非常に精巧にできています。

 

 

軽い!安い!ボケる!YONGNUO YN50mm F1.8の商品レビュー

 

このレンズを見つける際に、色々なサイトを参考にしてきました。

 

そしてその中でこのレンズの評判は、以下のようなことが挙げられています。

 

  • 安い!
  • めちゃくちゃぼける!
  • どんなカメラにも使える!(マウントが色々対応している)

 

以上の3点がよく挙げられていました。

 

 

そんな評判を見たら、一度買ってみたくなりませんか?

そこで私はネット通販Amazonを利用して購入することにしました。

 

YONGNUO YN50mm F1.8

 

実際購入した商品がこちらです。

箱がプチプチの中に入れてある状態で届けられました。

 

YONGNUO YN50mm F1.8

 

箱の中を開けると、簡易的でビニールに入ってくるまっていました。

正直中国製なのでこの辺りの構想の雑は感じました。

 

日本のメーカーならもうちょい梱包材を入れたりするのではないかと思ってしまいました。

 

まあそれはさておき、開封をして実際レンズを持ってみます。

 

基本的にプラスチックの側の為、非常に持った感じは軽いです。

おもちゃみたいな重さの感覚です。

 

これで本当に撮れるの?なんて思ってしまいました。

 

YONGNUO YN50mm F1.8 」は、その製品名通り50mmで開放F値1.8の単焦点レンズです。

 

 

 

よく比較されるのが、正規品のCanonの撒き餌レンズEF50mm F1.8 STMです。

理由としてはほとんどの性能が一緒でよくコピーレンズとも言われているからです

 

値段は「Canon EF50mm F1.8 STM」の約3番の1ですが、引けを取らない性能が魅力でもあります。

 

しっかりとAF(オートフォーカス)にも対応し、性能もちゃんとしています。

一眼レフで手軽に単焦点を味わいたいという方にはうってつけの製品なのです。

 

ちなみに今回私が購入したのは、Canon EFマウントで値段が5,492円でした。(19年7月購入時)

現在は値下がりして5,089円みたいです。

 

Nikon Fマウントは7,109円で購入可能です。

1万円出してお釣りが来るレンズなんて正直ありませんからね。

 

非常にカメラマンとして嬉しい価格帯ですね。 

 

YONGNUO YN50mm F1.8で実際の撮った写真を紹介

 

ここから実際YONGNUO YN50mm F1.8で撮影した写真をチラッと紹介していきます。

 

どれも無加工で撮ったそのままになります。

理由としては撮ったそのままがより伝わりやすいからです。

もっともらしい理由を言いましたが、本音は加工するのがめんどくさいのです。(笑)

 

購入してから日が浅いので、使用回数が少ないですが撮った写真を紹介します。

 

 

ジュース

 

 

キウィスムージー

 

 

タコス

 

 

壁画 香取慎吾

 

こんな感じになります。

 

使用頻度がまだ少ないので、香港旅行の際の写真ばかりになりました。

最初の2枚は、ボケ感を味わえるのがわかる写真だと思います。

 

まだ下手くそなので、ピント合わせがうまくいっていません。

 

逆に広角にも自分が下がりさえすれば撮ることもできます。

APSCカメラを使用の為、75㎜換算になるので正直風景写真は苦戦します。

 

 

YONGNUO YN50mm F1.8良いところ、悪いところ

 

実際使用してみて私が感じたメリットとデメリットを簡単にまとめてみました。

 

ある意味いいところと悪いところがはっきりとわかるレンズでもあります。

 

このレンズの良いところ

 

とにかく安い!

 

これは冒頭でも説明しましたが、このレンズの最大の魅力はとにかくレンズの価格が安いんです。

 

私が購入した際は、Canon EFマウントで値段が5,492円でした。(19年7月購入時)

正直子供のお小遣い程度で変えてしまうのは超魅力的です。

 

最悪だめならまあ良いやと思えてしまうぐらいの価格です。

なので買って損はありません。

 

手軽に単焦点を味わえる

 

カメラを使っていくうちに写真をぼかしたいと欲は必ず出てきます。

 

だってインスタ映えする写真を見ていると、必ず背景がボケた写真が出てきますからね。

そして何よりその写真を見れば素人なら、カメラうまいね、写真綺麗だねと必ず褒められます。

 

褒められるのは嬉しいですからね。

 

手軽にぼかせるこのカメラは初心者にはオススメです。

 

性能的にCanonのレンズとほぼ一緒

 

最後にCanonの純正として出ている「Canon EF50mm F1.8 STM」とほとんど性能が変わらない点です。

 

唯一羽根の枚数が「YONGNUO YN50mm F1.8 」の方が1枚多いのです。

むしろ良いじゃんなんて思うかもしれません。

 

それ以外はプロのカメラマンも比較していましたが、若干映り方が違うだけでそれが良いか悪いかなんてほとんど判別できません。

 

 

このレンズの悪いところ

 

オートフォーカスが遅い!

 

値段相応かもしれませんが、オートフォーカスは非常に遅いです。

オートフォーカスがあるだけマシといえばそうかもしれませんが、遅いです。

 

なので動いているものに対して撮るのには、あまり適していません。

またオートフォーカスできてもきちんとピントが合わない可能性もあります。

 

実際私が撮っている時もレンズがどの被写体に焦点を合わせれば良いか、迷っている印象がありました。

 

チープ感がある!

 

これも価格相応かもしれませんが、プラスチックなのでチープ感があります。

 

Canonの純正として出ている「Canon EF50mm F1.8 STM」はステンレスです。

なので重量感もあるので高級感はあります。

 

まあこれも悪いところとしてあげてますが、正直割り切れば何とも思いません。

 

夜の撮影が弱い!

 

夜になるとこのレンズは弱いかもしれません。

 

もともとオートフォーカス自体が遅いのもありますが、判別がより一層できなくなります。

オートフォーカスのままカメラを固定して写真を撮ってみましたが、出来上がりの写真はかなり荒れていました。

 

あくまでも昼間の方が安定感はありそうですね。

もしかしたら私の設定が悪いかもしれません。

 

まとめ 格安で最高のボケ単焦点レンズ

 

今回「YONGNUO YN50mm F1.8 」を買ってみて感じたことは、コスパ抜群すぎるレンズでした。

 

これは値段と性能両方で、いいと言うことです。

正直中学生、高校生でも払えるぐらいの価格がこのレンズの魅力です。

 

もしボケる写真を撮りたいならまずはこのレンズでお試しください。

それでハマったらもう少し高いレンズを買ってみましょう。

ニコン用のレンズです。

Canonとは異なりますので、ご注意ください。 

 

私が買ったキャノン用のマウントです。

キャノン使いならこちらをご利用ください。