“Tabigraph タビグラフ”

スペイン

スペインバルセロナエルプラット空港「Consigna 」で荷物を預け方を解説

今回ご紹介するのはスペインの有名地のバルセロナの玄関口である「バルセロナ・エル・プラット空港(Barcelona-El Prat Airport)」の中にあるスーツケース、リュックなど荷物で困った際に預ける場所について紹介です。

荷物が邪魔、ホテルに置いておくにはちょっと遠い、国内線利用するけど預け荷物は有料だから持っていきたくない。

そんな方に非常に便利でおすすめできるのが空港内にある荷物預かり所「Consigna(Left luggage)」です。

今回はConsigna(Left luggage)の荷物を預ける場所、方法、料金について詳しく解説します。

これを読めば迷うことなくスーツケースやリュックをスムーズに預けれちゃいます。

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。

スペインバルセロナエルプラット空港「Consigna 」で荷物を預け方を解説

空港の様子

では早速紹介していきます。

バルセロナ・エル・プラット空港には、Consigna(Left luggage)と呼ばれる荷物預かり所が2カ所あります。

それぞれターミナルにひとつずつで、ターミナル1とターミナル2にあります。

利用するターミナルによって決めれば問題ありませんので近くのターミナルの荷物預かり所を利用しましょう。

今回私はターミナル1を利用するため、ターミナル1の荷物預かり所を利用しました。

バルセロナ・エル・プラット空港ターミナル1にある荷物預かり所の場所について

バルセロナ・エル・プラット空港で荷物を預ける場所・方法を解説【荷物預かり所】

空港の到着ゲートをでましたら、真っ直ぐ進んでいきます。

途中以前ご紹介しましたタクシー乗り場、空港バス乗り場に通ずるところがありますが、そこを横目にひたすらまっすぐにいきます。

そうするとこのような看板が出てきます。

バルセロナ・エル・プラット空港で荷物を預ける場所・方法を解説【荷物預かり所】

進んでいくとエスカレーターがありますので、下へ降りていきましょう。

バルセロナ・エル・プラット空港で荷物を預ける場所・方法を解説【荷物預かり所】

そうするとだだっ広いフロアにつきます。

ここは待合所的なところなのかベンチに座っている人もちらほら。

真っ直ぐ奥へ向かいましょう。

バルセロナ・エル・プラット空港で荷物を預ける場所・方法を解説【荷物預かり所】

そうするとこの看板が出てきますので、ここが預け場所になります。

すぐ右側がカウンターになります。

待ち構えられてたので、ちょっと写真が撮りづらかったのでここまでしかありません。

365日24時間いつでも空いているので、出し入れは非常に楽です。

逆にターミナル2にある預かり所は、6時から22時までしか空いていないのでご注意ください。

バルセロナ・エル・プラット空港ターミナル1にある荷物預かり所(Consigna )料金について

Consigna(Left luggage)と呼ばれる荷物預かり所での料金体制は2パターンあります。

簡単にいうとあなたが預けようとしている荷物のサイズによって変わります。

荷物サイズ別に料金以下に簡単にまとめました。

(W)幅×(D)奥行×(H)高さ:210㎝までの荷物の場合

  • 2時間まで:6€(約742円)
  • 2時間以上24時間以内:10€(約1,237円)
  • 7日以上~:1日当たり7.14€(約883円)
  • 14日以上~:1日当たり4.29€(約530円)

※1€約123円での換算の場合

(W)幅×(D)奥行×(H)高さ:210㎝以上の荷物の場合

  • 2時間まで:9€(約1,113円)
  • 2時間以上24時間以内:15€(約1,855円)
  • 7日以上~:1日当たり10.50€(約1,299円)
  • 14日以上~:1日当たり6.50€(約804円)

※1€約123円での換算の場合

バルセロナ・エル・プラット空港にある荷物預かり所はこんな方におすすめ

Consigna(Left luggage)荷物預かり所はどんな人におすすめなのか。

私なりに以下に該当する人はおすすめできます。

☆このホテルはこんな人へおすすめ☆

  • チェックインが始まっておらず、荷物を持ち運ぶのが面倒な場合
  • 日帰りでバルセロナ市内を観光してまた別の都市へ移動する場合
  • 1泊2日で短期間でバルセロナから他の地方へ移動して旅行をする場合
  • 長期でバルセロナから離れて旅行をして再度バルセロナに戻ってくる場合

この4つぐらいに該当する人におすすめです。

ちなみに私の場合は3番目に該当して、1泊2日でグラナダへいく予定があり乗る飛行機がLCCのブエリング航空を利用する予定でした。

別途預け荷物がある場合、追加料金が必要で往復の費用を考えるとバルセロナに置いて行った方が安かったため利用しました。

またグラナダについた後もバス移動があったためスーツケースが邪魔だったので、この結論に至りました。

2日預けても20€(約2,474円)だったので、そこまで高くありません。

利用目的に合わせて空港で預けるのか、もしくは持っていくのか判断しましょう。

バルセロナ・エル・プラット空港で荷物を預けたいならConsigna を利用しよう

バルセロナ・エル・プラット空港で荷物を預けたいならConsigna を利用しよう

慣れない土地で迷いながら重い大きなスーツケースを持ち歩くのはかなり苦痛です。

旅行できたならお金よりもできれば時間の節約、体力消費を軽減するのが1番です。

そんな時にこの荷物預かり所は非常に使えます。

今回空港の預かり所を紹介しましたが、バルセロナ市内にもいくつかあります。

面倒なことはせずにいっそうのこと大きなめんどくさい荷物は預けちゃいましょう。

ABOUT ME
shinyboy
30歳サラリーマン/旅ブロガー/ ブログ“Tabigraph タビグラフ” 毎週日曜日19時に更新📖 海外在住を経て旅行バカへ変身 ブログでは旅情報、生活情報を配信

当ブログはブログ村のランキングサイトへ参加しています!

もしよろしければ下のバナーをクリック応援お願いします!

今後ブログを続けていく励みにすごくなります

⬇️こちらのリンクをクリック⬇️

にほんブログ村 旅行ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村