“Tabigraph タビグラフ”

スペイン

ブエリング航空VY2010 スペインアンダルシアへ行くバルセロナーグラナダの飛行機へ乗ってみた【搭乗レビュー】

スペイン国内線 ブエリング航空VY2010 バルセロナーグラナダの飛行機へ乗ってみた【搭乗レビュー】

今回ご紹介するのは日本人に人気の観光地スペインバルセロナから白い村などで有名なアンダルシア地方のグラナダへ行くブエリング航空の飛行機レビューです。

ニッチな航空会社ではありますが、スペインでは数多くのフライトがあります。

今回利用したのは、バルセロナとグラナダを結ぶ「ブエリング航空VY2010」のフライト。

本記事ではバルセロナ・エル・プラット空港からグラナダ空港までの機内の様子や航空会社についてまとめています。

同じ便に乗られる予定、また今後ブエリング航空を乗ろうと考えている人にとってみれば非常に有益なはずです。

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。

スペイン国内線 ブエリング航空VY2010 バルセロナーグラナダの飛行機へ乗ってみた【搭乗レビュー】

スペイン国内線 ブエリング航空VY2010 バルセロナーグラナダへ乗ってみた【搭乗レビュー】

2019年10月、バルセロナとグラナダを結ぶ「ブエリング航空VY2010」へ今回搭乗していきました。

スペインで有名なバルセロナやマドリード以外にアンダルシア地方があり、そこのひとつの場所としてグラナダがあります。

バルセロナを拠点とするこのブエリング航空は地方へ安くアクセスできる様にと2004年に設立されました。

今回安く行けるというのもあり、早朝の7時40分初の便に初搭乗してみました。

スペイン国内線 ブエリング航空VY2010 搭乗前様子

7時40分と割と早い便でしたが利用者も多く、座席番号に応じて3つのグループに分けられました。

私はグループ2で、もちろんグループ1は優先搭乗権を持った方々が入る感じです。

でもこの列も適当であなたはどの列?なんて聞かれることもしばしば。

後近くに搭乗口も多いので、これはグラナダ行きの列ですか?なんて聞かれることもあります。

まあ雰囲気と列の先を見て並ぶって感じですね。

ブエリング航空VY2010の機内の様子・座席について

まずフライトは「ブエリング航空VY2010」の機内について解説していきます。

今回はエコノミークラスでの搭乗となります。

飛行機の座席の配列は、3列、3列のシートになります。

フライト時間も1時間半程度なので、全然問題はありません。

短距離フライトなので、個別モニターがありません

まあ1時間半なので寝てればすぐついてしまいます。

もし退屈でやることないという方には、退屈な機内で過ごすための方法をまとめた記事があります。

こちらの記事も合わせてご覧ください。

合わせて読みたい:【搭乗回数100回超え】私がオススメする飛行機での暇つぶし5選

ちなみに寝る時に欲しい道具ひとつ、私が愛用しているネックピローを機内へ持ち込みました。

ネックピローについてはこちらの記事で紹介していますので、合わせてご覧ください。

合わせて読みたい:快適な睡眠をあなたへお届けするエアーネックピロー【商品レビュー】

飛行機内での時間は人それぞれなので、自分にあった方法を見つけてみましょう。

ブエリング航空VY2010での機内サービスについて

機内サービスですが、余分なサービスを排除して航空券を安くしている会社のため特に何もありません。

必要であれば事前に空港で買っておく必要があります。

1時間半のフライトなので、着いて後でもいいかもしれません。

とりあえず朝なので寝るのが1番いいかもしれませんね。

ブエリング航空の自己評価について

機内でも座席、機内食サービス、キャビンアテンダントの対応などを自己評価として星にて採点をしました。

今後乗る予定がある方、また乗ろうと検討している方がいましたら、参考にしてみてはいかがでしょうか。

座席

☆☆☆

座席につきましては、格安航空の様な激狭な感じはなく180㎝ぐらいの私でもまあ軽く窮屈かなっていう感じです。

特別座りにくいというのはありません。

機内サービス

☆☆☆

機内サービスについては、格安航空というのもあって特に不満等はありません。

むしろ大手航空会社と比べてはいけないので、中立をとって3にしてあります。

往復で15,000円台と考えると、安いですよね。

キャビンアテンダントの対応

☆☆☆

もちろんバルセロナからの便なので日本人キャビンアテンダントはいません。

かといって不自由は全くありません。

国内線なので紙も書く必要ありません。

ブエリング航空VY2010での預け荷物について

最後にブエリング航空VY2010の預け荷物についてです。

どれだけの荷物が無料で預けれるのか気になるところでしょう。

以下で簡単に紹介していきます。

無料受託手荷物

手荷物(hand luggage):大きさ55x40x20cm 、重さ10kgまで無料になります。

機内持ち込み手荷物

預け入れ荷物(check-in luggage):有料で荷物1つ23kgまで(OptimaクラスとFamilyクラスは料金に含まれています)です。

基本的に預け荷物は有料になりますので、もし大きなスーツケースをお持ちの方は滞在日数など比較して持っていく行かないの判断をされることをおすすめします。

ちなみ私はグラナダ3日間滞在し、預け荷物の料金と空港でスーツケースを預ける料金を比較して空港に預けて行きました。

もしスーツケースを預けるなら、以下の記事でまとめている場所がおすすめです。

合わせて読みたい:バルセロナ・エル・プラット空港で荷物を預ける場所・方法を解説【Consigna 荷物預かり所】

ちなみに航空券の種類によって選択することができる項目が変わってきます。

Basic

  1. 手荷物(10kgまで)

※安い分選択肢が少ない!

Optima

  1. 手荷物(10kgまで)
  2. 座席選択
  3. 航空券の即時発行(Instant Boarding Pass/Click&Fly)
  4. 手荷物預け:23kgまでの荷物1個

TimeFlex

  1. 手荷物(10kgまで)
  2. 座席選択
  3. 航空券の即時発行(Instant Boarding Pass/Click&Fly)
  4. 自由度の高い便変更とキャンセル
  5. 優先搭乗(グループ1に設定される)
  6. チェックイン時にファストトラックを利用可能

ブエリング航空を安く予約する方法

どうせならブエリング航空へ安く乗ってみたいですよね。

そんな贅沢な方に向けて、私がおすすめする安く乗る方法についてここで解説していきます。

方法は1つです。

  1. スカイスキャナーで各予約サイトを比較

スカイスキャナーで各予約サイトを比較

今回は1択で、飛行機ツウなら知っている飛行機総合予約サイトスカイスキャナーす。

各20社を超える予約サイトの最安値を紹介してくれます。

飛行機単体での予約なら間違いなくここが安いです。

ちなみに20社ほど出てきますが、その中でtrip.comを利用して今回いきました。

その他の予約サイトは公式サイト含めて少し難があるとの事なので、迷ったらtrip.comを利用しましょう。

アンダルシア地方のグラナダへスペインから行くならブエリング航空を使おう

アンダルシア地方のグラナダへスペインから行くならブエリング航空を使おう

今回初めてブエリング航空を利用しましたが、電車を利用するなら確実に早い飛行機をおすすめします。

値段も比較的に安くなおかつ便利なので、スペイン国内を周遊するにはうってつけです。

荷物が少しネックにはなりますが、バックパッカーなんかは荷物ひとつなので特に心配ありません。

私自身もスーツケースをバルセロナの空港に置いてきてリュックサックひとつでいきました。

どうしても荷物を持って行きたい方は、OptimaもしくはTimeFlexの航空券を購入しましょう。

ABOUT ME
shinyboy
30歳サラリーマン/旅ブロガー/ ブログ“Tabigraph タビグラフ” 毎週日曜日19時に更新📖 海外在住を経て旅行バカへ変身 ブログでは旅情報、生活情報を配信

当ブログはブログ村のランキングサイトへ参加しています!

もしよろしければ下のバナーをクリック応援お願いします!

今後ブログを続けていく励みにすごくなります

⬇️こちらのリンクをクリック⬇️

にほんブログ村 旅行ブログへ

PVアクセスランキング にほんブログ村