“Tabigraph タビグラフ”

京都悠洛ホテルMギャラリー お洒落な外資系ラグジュリーホテルへ宿泊してみた【宿泊レビュー】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都悠洛ホテルMギャラリー お洒落な外資系ラグジュリーホテルへ宿泊してみた【宿泊レビュー】

 

 

今回ご紹介するのは、京都にあるお洒落な外観の外資系のラグジュアリーブティックホテル「京都悠洛ホテルMギャラリー」です。

 

京都といえば旅館やビジネスホテルが多いイメージですが、その中で2019年開業に三条大橋東畔にできたホテルになります。

 

 

本記事では20年6月に「京都悠洛ホテルMギャラリー」へ宿泊した様子、館内の様子を紹介していきます。

 

写真が多めで、皆さんが気になる様なところまで紹介しています。

 

 

ぜひ次の京都旅行の泊まる場所の候補として参考にしてみてください。

 

 

※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。 

 

 

京都悠洛ホテルMギャラリー お洒落な外資系ラグジュリーホテルへ宿泊してみた【宿泊レビュー】

京都悠洛ホテルMギャラリー カードキー
 

今回京都府にあるお洒落なラグジュアリーブティックホテルへ宿泊をして行きます。

 

普段は宿泊を安くして観光やグルメにお金をかけることが多いです。

 

でもせっかくなので、今回はいいホテルへ宿泊をしてみました。

 

ホテルのコンセプトとしては、以下の様になります。

 

エントランスでは「遊龍の松」をイメージした豪華な一本松がお出迎え。古都の神秘的隠れ家として京都悠洛ホテル Mギャラリーは日本のおもてなし「やすらぎ」と「くつろぎ」のひとときをご提供いたします。

 

「時空を超えー受け継がれるもの、新しきもの」「現代から近代へ、近代から侍の時代へ」まさに侍の時代が終焉を遂げる1867年(バーの名称にもなっています)頃を彷彿とさせる、和と洋を独創的に融合させたミステリアスな空間をお届けいたします。

 

客室、レストラン、バー等館内随所に散りばめられたモダンでかつ洗練されたデザイン、アートをお楽しみください。 

 

この説明文を見ただけで、こだわりのあるホテルだなと感じます。

 

余談ですが、旅行系ユーチューバーのおのださんも先日このホテルに泊まられている動画をあげられていました。

※ちょうど私が宿泊した1〜2週間後にて。

 

では早速チェックインして行きましょう。

 

 

京都悠洛ホテルMギャラリーへチェックイン 

京都悠洛ホテルMギャラリー入り口

  

では早速ホテルへ入って行きます。

 

先ほどホテルのコンセプトの中で記載があった「遊龍の松」をイメージした豪華な一本松がお出迎えしてくれます。

 

圧倒的な存在感に驚き。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーフロント

 

そしてさらなる圧倒的デザインがこちらです。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーフロント

 

個人的にこの人力車がいいなと。

 

和と洋の融合体とも言える様なこの雰囲気に飲まれながら、ホテルの方が来てくれてチェックインをして行きます。

 

こういうおもてなしに慣れてない田舎者は、緊張してしまいます。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーウェルカムドリンク

 

豪華なフロントのところに座って待ちます。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーウェルカムドリンク

 

チェックインの際にウェルカムドリンクとしてお茶が出され、コロナの関係もあり必要事項の記入と検温がなされました。

 

 

今回の宿泊料金は、クーポン利用で13,150円でスーペリアルームになります。

 

1人あたり6575円とかなりお値打ちに泊まらせていただきました。

 

では早速チェックインも終わりましたのでお部屋に向かいましょう。

 

 

京都悠洛ホテルMギャラリーのお部屋

京都悠洛ホテルMギャラリーのお部屋

 

こちらが今回宿泊する409号室スーペリアルームになります。

 

京都悠洛ホテルMギャラリースーペリアルーム

スーペリアルームのキングサイズベッドになります。

 

 

いやーお洒落ですね、この部屋の特徴はなんといっても窓際にあるこの畳スペース。

 

私の1番お気に入りのスペースです。

 

窓からの景色は少し残念ですが、ブランインドを閉めてしまえば問題なしです。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーのお部屋

 

ここのスペースだけで十分と思ってしまうぐらいの見た目と快適さ。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーのお部屋

 

ミネラルウォーターのサービスとそしてその隣には、「illy製のエスプレッソマシーン」です。

 

illy製のエスプレッソマシーン

 

コーヒーは2回分あり、チェックイン後と翌朝に飲むこともできます。

 

 

京都悠洛ホテルMギャラリーのキングサイズのベッド

 

京都悠洛ホテルMギャラリーのキングサイズのベッド


キングサイズのベッドなので2人でも余裕のあるぐらいの広さです。

 

左サイドにある照明もアクセントがあり可愛らしく、後ろの壁紙もお洒落ですね。

 

個人的に3つもある枕とクッションはよかったです。 

 

京都悠洛ホテルMギャラリースーペリアルームのバスルーム・トイレ 

京都悠洛ホテルMギャラリースーペリアルームのバスルーム・トイレ

 

では続いてベッド横にあるバスルームへ行ってみましょう。

 

え?丸見えじゃんと思われるかもしれませんが、きちんとブラインドがありますのでご安心ください。

 

シャワールーム側のブラインドを下ろせば見えません。

 

外資系のホテルでよくあるこのシースルーのシャワールームですが、なんのためかはいまだにわかっていません。

 

 

 

京都悠洛ホテルMギャラリースーペリアルームのバスルーム・トイレ


洗面周りは至ってシンプルです。

 

手を拭くタオルとその奥にバスタオルおよびバスローブがあります。

 

左奥にもハンドタオルがあり、その奥にハンドソープとローションがあります。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーアメニティ

 

そして右奥には、少し存在感のあるこの箱。

 

この中にアメニティ類が入っています。 

 

 

京都悠洛ホテルMギャラリーアメニティ内容

 

京都悠洛ホテルMギャラリー女性用化粧品

 

中身はこんな感じで、左上から順番に以下の様なものがあります。

  1. ブラシ
  2. 歯ブラシ
  3. カミソリ
  4. 綿棒
  5. 爪やすり
  6. 袋?(ちょっと覚えていません)
  7. コットン
  8. シャワーキャップ
  9. ソーイングセット
  10. 女性用化粧品(1式)

 

高級なホテルになる程ソーイングセットがあるのですが、1度も私は利用したことがありません。

※この中で1番高いのはおそらくソーイングセット。

 

 

続いてシャワールームに置いてあるアメニティを見て行きましょう。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーバスアメニティ

 

ここで使用されているのは、フランス発ラグジュアリースパブランド「サンクモンド CINQ MONDES」です。

 

もはや英字だけでは読めなさすぎるお洒落な名前。

 

シャワールーム内にあるくぼみのところに置かれています。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーバスアメニティフルセット

 

この部屋にあるアメニティフルセット内容です。

 

これだけあれば女性にとってみれば十分すぎるでしょう。

お部屋内の紹介は以上で続いてお洒落な館内の様子について紹介して行きましょう。


 

京都悠洛ホテルMギャラリーホテル内の紹介 

京都悠洛ホテルMギャラリーの館内の紹介

 

続いてホテル内の紹介についてです。

 

今回素泊まりのプランで予約をしていましたが、特典としてラウンジバーでのウェルカムドリンクを頂くことができました。

 

あんなに安いプランなのに恐縮してしまいましたが、せっかくなので利用せてもらいました。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーの館内の紹介

 

ちょうどフロントの反対側にある「BAR 1867」ですが、既に先客がいらっしゃってカウンター席で談笑されていました。

 

聞き耳をたててはいけないんでしょうが、 もはや違う次元のお話をされていたので関心しかありませんでした。

 

 

今回メニューにはスパークリングワイン、ビール、カクテル、ソフトドリンクなどありましたがせっかくお洒落な空間なのでスパークリングワインを注文。

 

 

京都悠洛ホテルMギャラリーラウンジバー

 

もはや上品の一言ですね。

 

おつまみも金色の皿にもられているので、高級感満載。

 

こういうラウンジにいるとなんだか少しお金持ちになった気分になり、気分が良くなりますね。

※田舎者丸出し

 

 

たとえ特典がついていなくてもこのラウンジバーは利用価値はかなり高いです。

 

ゆっくりさせてもらいましたので、引き続きホテル内を散策してみます。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーのホテルフロント付近

 

ラウンジバーとフロントの間にあるこの空間は1番好きな場所かもしれません。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーの竹林



上から見るとこんな感じのおしゃれな空間が広がっていますが、実はこちらは「54th St. Grill」というレストラン兼朝食会場なのです。

 

京都悠洛ホテルMギャラリーの朝食会場兼レストラン

 

地下1階に行くとまた違った雰囲気を味わえます。

 

ちょうど降りたらいらっしゃいませとお声かけもらってしまい、食べないのに申し訳ないなと思いながら写真だけ撮影。

 

次回泊まった時は改めてこのレストランでご飯を食べようと思います。

 

この階にジムもあるので運動不足の方はここでトレーニングもありです。

 

京都悠洛ホテルMギャラリー案内板

 

1階から5階が客室になります。

 

チェックインが15時でチェックアウト時間は12時までとなっています。

 

 

最後に京都悠洛ホテルMギャラリー泊まってみたいなという方へ

 

京都悠洛ホテルMギャラリーの館内の紹介

 

最後にこの記事を読んで「京都悠洛ホテルMギャラリー」に泊まってみたいなという方へ。

 

他のページへ行って、わざわざ1から検索する必要もありません。

 

以下より予約が可能ですので、都合の良い日を見つけて予約しちゃいましょう。

 

  

京都悠洛ホテルMギャラリー和と洋がコラボした高級ホテル

 

京都悠洛ホテルMギャラリー

  

今回はじめての京都にて外資系ホテルへ宿泊をして行きました。

 

 ここを選んだ理由はおしゃれな内観とそして立地の良さです。

 

三条京阪駅から徒歩2分程度の距離にあるので非常に便利です。

 

京都悠洛ホテルMギャラリー自転車レンタル

 

自転車のレンタルもあります。

 

周りの観光地や飲食店にアクセスもよく宿泊しましたが、私が期待していた以上に快適で素晴らしいホテルでした。

 

皆さんももし京都に行かれた際は、ぜひ「京都悠洛ホテルMギャラリー」へ泊まってみてください。

 

 

また余談ではありますが、今回のこの記事で載せています写真はiPhone11とSAMSUNG GalaxyS10で撮影をしました。

 

お時間がある方はどちらのスマホで撮った写真か考えてみてください。