“Tabigraph タビグラフ”

フィリピン マニラでオススメする1日モデルコースを写真で紹介【時間目安・レビューあり】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

サン・アグスティン教会内

 

灼熱の国でもあるマニラ。

 

そんな国には魅力的なスポットがいくつかあります。

 

フィリピンのマニラを1日で効率よくなおかつ有名スポットを回るためのモデルコースを紹介しています。

 

 

本記事では以下のことについてまとめています。

 

  1. フィリピンマニラオススメモデルコース
  2. モデルコース以外のおすすめスポット
  3. 各スポットの見所

 

マニラへ来たら是非参考にしてみて1日マニラを巡ってみましょう。

  

 

 ※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。

 

フィリピン マニラでおすすめする1日モデルコースを写真で紹介


 

フィリピンのマニラでオススメする1日モデルコースを紹介していきます。

 

今回は実際に私が行った行程を一部組み込んでいます。

 

フィリピンの良さも知りながら、無理もなく観光地を色々と回れるのが特徴です。

 

では時間目安また詳細レビューを含めて解説していきます。

 

 

9:00 AM サンチャゴ要塞

 

サンチャゴ要塞

 

サンチャゴ要塞」は、空港からは最も遠い、イントラムロスの北西の一番端に位置する観光地です。

 

フィリピン革命家の「ホセ・リサール」さんに関する資料も多くあり、戦争地というのもあり過去の現実を多く知れる場所です。

 

日本軍もこの戦争に関わったということもあり、日本人としては知っておくべき場所でもあります。

 

 

サンチャゴ要塞」については以下の記事で詳しく紹介しています。

合わせてご覧ください。

 

合わせて読みたい:サンチャゴ要塞 戦争地後の悲しい場所へ行ってみた【フィリピン マニラ観光 】

 

 

12:00 AM マニラ大聖堂

 

マニラ大聖堂

 

 

フィリピンで最も重要な教会として健在する「マニラ大聖堂」。

 

第2次世界大戦で破壊されてしまいましたが、1954~1958年に再建された教会です。

 

この教会の再建にあたっては、当時の神奈川県知事からの援助があったとも言われています。

 

この教会で注目すべき点は3点です。

 

  1. 建物外観のドーム状の屋根とベル・タワー
  2. フィリピン人アーティストによってデザインされたステンドグラス
  3. 教会の前方の巨大なオランダ製のパイプオルガン

 

 

この3ヶ所は必ず注目してほしいところです。

 

 

マニラ大聖堂」については以下の記事で詳しく紹介しています。

合わせてご覧ください。

 

合わせて読みたい:マニラ大聖堂は神聖で美しすぎる場所へ行ってみた【フィリピン マニラ観光 】

 

 

13:30 PM サン・アグスティン教会&博物館

 

サン・アグスティン教会

 

フィリピン最古の教会で、ユネスコ世界遺産にも登録されている「サン・アグスティン教会」。

 

呼び名は通常は「サン・アグスチン教会」ですが、「セント・オーガスティン教会」とも呼ばれています。

恐らく英語圏の人が読むと違うので、呼び名が2つあるようです。

 

 

実はこの教会2回も壊れてしまっている経歴を持っています。

 

現在の姿は3度目建てられたそのままの姿です。

 

 

現在ある博物館は以前は修道院でしたが、崩壊後博物館となっています。

 

博物館だからと言って侮ってはいけませんよ。

 

有料ですがぜひ払って中に入ることをオススメします。

 

 

サン・アグスティン教会」については以下の記事で詳しく紹介しています。

合わせてご覧ください。

 

合わせて読みたい:世界遺産サン・アグスティン教会を見なくてマニラ旅行とは言えない【フィリピン マニラ観光 】

 

 

16:00 AM ロビンソンプレースマニラ Robinson place Manila 

 

ロビンソン

 

さあ名物の3ヶ所の観光地を回ったので、とりあえず休憩がてらモールへ。

 

マニラで有名なロビンソンプレースマニラという複合施設へ立ち寄りましょう。

 

ららぽーと的な存在のこのモールは、でかいし中は涼しいので休憩にはもってこいです。

 

 

とにかく店が多いのでウィンドウショッピングも食事も楽です。

 

もし食事やカフェをするのに困っているなら個人的にオススメの店を2つ紹介。

 

 

ジョリービー(JOLLOBEE)

 

JOLLIBEE

 

まず初めに紹介するのはフィリピンのソウルフードでもあるジョリービーです。

 

フィリピンの人はこれを食べて育ったと言ってもおかしくないそれぐらい人気のあるファーストフード店です。

 

 

ジョリービー 食事

 

この店の売りでもあるのがこのチキンです。

 

このチキンは正直めちゃくちゃうまいです。

 

例えるとするならばケンタッキーフライドチキンと同等かそれ以上です。

 

 

実際に単品でチキンを購入することもできますが、オススメとしてはこちらのセットメニューです。

 

 

チキンとご飯とフライドポテト、それに加えてドリンクと言うセットでなんと値段は約300円前後です。

 

実際にモール内で食べましたが、ほとんどのお客さんがフィリピン人です。

 

一部私のような旅行者もいましたが、9割型はフィリピン人です。

 

大人気のある店なのです。

 

ジャンバジュース(JUMBA JUICE)

 

JAMBA JUICE

 

次に紹介するのはフィリピン発祥のお店ではありません。

 

こちらのお店は私が以前住んでいたことがあるアメリカ発祥のフルーツジュースです。

 

 

現在日本では出店されていません。

 

近隣の国だと、韓国の釜山やここフィリピンのマニラなどで店舗を展開しています。

 

ジャンバジュース

 

フルーツをミキサーにかけて作るこのフルーツジュースは、その辺のフルーツジュースとは比べ物になりません。

 

また暑い国で飲むとよりこういった冷たいものが身に染みて、美味しく感じます。

 

 

サイズ自体も選ぶことができこちらのサイズは真ん中のMサイズです。

 

お値段も400円前後なので非常にお手頃です。

 

ロビンソンモール内

 

このモール自体がかなり大きく、4階建てになっています。

 

4階建てではありますが、横の広さはかなりあり正直私も迷子になってしまう位でした。

 

地図を見ながら必ず確認をしてお店へ向かいましょう。

 

 

ちなみにトイレはありますが、紙は用意はされていません。

もしフィリピンでトイレ行かれる際は、ポケットティッシュを持参することを強くオススメします。

 

 

トイレ前では自販機で10ペソでティッシュを購入することもできます。

 

しかし機械によっては故障していてうまく稼働しないのもあるのでお気をつけ下さい

 

 

 

 

20:00  オーシャンパーク

 

水族館

※イメージ 

 

こちらもインストラムロスの南側にある有名な水族館です。

 

近年マニラでは有名な観光スポットとしても人気があります。

 

東南アジア最大級でもありますが、日本では見たことがあるようなトンネル型の水槽はなんと25メートルの長さもあります。

 

その他日本同様にショーもありますが、注目すべきはアクティビティです。

 

この水族館では非常にアクティビティが多くそれが目玉になっています。

 

例えば一部だけ紹介しますが、こんな感じのアクティビティがあります。

 

  • サメ・エイとのふれあい(Sharks & Rays Encounter):5歳以上 550ペソ
  • アシカのトレーナー体験(Be a Sea Lion Trainer):7歳以上 800ペソ
  • シーウォーカー(Aquanaut Voyage):150cm以上 995ペソ
  • 人魚体験(Mermaid Swim Experience):5歳以上 350ペソ
  • 人魚やイルカとふれあい(CG)・写真撮影(Augmented Really Encounter):チケットによって含まれる
  • 水族館の仕組みを見るツアー(Back of the House):チケットによって含まれる

 

 

え?って思われるのがいくつかありますが、その中でもサメとエイのふれあい、アシカのトレーナー体験、シーウォーカーです。

 

 

日本の水族館では考えられないような体験ができるのが海外ならではの良さです。

 

 

またチケットは4つの種類に分けられていて、それぞれ見れる場所が異なります。

 

チケットの値段は以下のような感じです。

 

  • MARIN VOYAGE15 /995ペソ(2,090円)
  • SEA BREEZE EXPRESS11 /760ペソ(1,600円)
  • OCEAN MADNESS5 /650ペソ(1,360円)
  • DEEP SEA RUSH6 /590ペソ(1,240円)

 

それぞれのチケットによってできること見れるところが限られています。

 

目的の部分を探してからチケットを購入しましょう。

  

 

営業時間: 月〜金 10:00〜20:00  土日祝 9:00〜20:00

 

 

23:00 ホテルゆっくり

 

1日いろいろと歩きまわったので、最後は宿泊するホテルでゆっくりしましょう。

 

海外のホテルは日本のホテルと違い、豪華なところがたくさんです。

 

ゆっくり過ごして次の日に備えましょう。

 

 

これらの場所を簡単に巡りたいならGRABを使おう

 

これらの場所を巡るならタクシーがオススメです。

 

しかし空港にはタクシーがたくさんありますが、ぼったくりが多発しています。

 

 

1番料金も確実で送迎してくれるのは、東南アジアでよく使われているアプリ「GRAB」です。

 

 

指定の場所を選択し、近くを走っている個人タクシーが迎えにくる仕組みです。

 

あらかじめおおよその値段が分かるので、ぼったくられる心配もありません。

 

東南アジア必須のアプリなので、この際ダウンロードしておきましょう。

 

Grab App

Grab App

  • Grab.com
  • 旅行
  • 無料

 

もしそんなアプリを使用したくないよって人は、クーポンタクシーもしくはホテルタクシーを利用するのがオススメです。

 

それ以外のタクシーは絶対ぼったくられます。

 

 

まとめ フィリピン1日旅行ならこのルートがベスト!

 

いかがでしたでしょうか。

 

実際マニラに初めてきても楽しめる場所はたくさんあります。

 

しかし初心者こそ注意して欲しいのが、治安は決して良くありません。

 

昼間はいいですが夜になれば辺りも暗くなり、スリやひったくりもあります。

 

銃自体持つことを許可されているので、そのあたりは注意して楽しみましょう。