“Tabigraph タビグラフ”

旅行先が決まらないあなたへ!旅行先を決める3つのツールと活用方法を紹介

スポンサーリンク

スポンサーリンク

f:id:shinyboy:20190811093512j:plain

 

 

どこへ旅行したいか決めるのに、困ったことありませんか?

 

長期連休、ゴールデンウィークお盆年末年始急に会社から休みをもらえた時

 

そんな困った経験は私もあります。

 

 

しかしそんな困った時もある3つのツールを使えば、簡単に旅先を決めることができます。

 

 

本記事では、その3つのツールとは何か、また活用方法について詳しくまとめています。

 

 

この記事を読んで、あなたもすぐに旅行へ出てみてはいかがでしょうか。

 

 

 

旅先を決めるための3つのツールと活用方法

 

 

そもそもあなたは国内旅行したいのか。

 

はたまた海外旅行したいのかすら決まってないなんてこともあるでしょう。

 

 

そんな時、旅行先を決めるのに使う方法は大きく分けて3つあります。

 

それぞれの方法は異なります。

自分にあった方法を見つけるのが最善です。

 

 

ではひとつずつ解説していきます。

 

 

インターネットで決める

 

 

インターネットというのは非常に便利なものです。

 

自分がどこかへ出向かずとも、その場で色々な情報を手に入れることができます。

 

 

そんなインターネットをうまく活用できれば、自分の欲しい情報は瞬時にゲット。

より早く旅先を決めることができます。

 

そんな旅行先を決める、きっかけ作りをしてくれる3つのサイトをご紹介します。

 

 

① インスタグラム

 

f:id:shinyboy:20190901151343j:plain

 

 

言わずと知れた写真投稿するサイトでも知られているインスタグラムです。

 

近年、写真映えを意識した写真をたくさん投稿する人々が増えています。 

 

毎日世界各地で投稿されているので、いろんなジャンルの写真及び動画を見ることができます。

 

しかしどうやってこのインスタグラムを使って旅行先を決めるか。

 

それはインスタグラムの機能のひとつであり、おなじみのハッシュタグ#です。

 

 

多くの人が写真投稿の際に、ハッシュタグ#を付けて写真を投稿します。

その理由としてこの写真はこんなことを表現していますよこんなものですよというアピールをするためです。

 

必要な方がキーワード検索すると表示もされやすくなります。

 

 

その機能を利用して例えばハッシュタグ#で「国内旅行」と検索してみましょう。

すると、約717,000もの写真投稿が出てきます。
※19.11月現在の情報

 

 

その中であなたが気になる写真を見て、自分も行ってみたいとなればビンゴ! 

そこがあなたの旅行先になります

 

 

インスタグラムを使って旅行先を探す時は保存機能を使う

 

 

私も実際このやり方で、行先及び旅先で寄ってみたい店や観光地なんかを選んでいます。

 

自分も同じ場所に行きたい!同じ写真を撮りたい!

 

そんな感情になる写真を見つけてみましょう。

 

 

もしそんな写真が見つかったら、その写真を保存をしましょう。

もちろんiPhoneなどのスクリーンショットではありません。

 

正式なインスタグラムでの保存方法です。

簡単でシンプルなのでこの後解説します。

 

f:id:shinyboy:20190921115230p:image

 

①まずあなたが気になる写真を見つけましょう。

 

気になる写真の見つけ方は様々で、検索ワードからする方法もあれば、一覧で表示されるようなものからでも構いません。


f:id:shinyboy:20190921115236p:image

 

②気になる写真を見つけたらクリック。

 

写真の詳細をクリックすると、右横に下に向いたパックマンみたいなボタンを押します。

するとコレクション保存と表示されるので保存しましょう。


f:id:shinyboy:20190921115240p:image

 

③保存したら自分のプロフィールのところに戻り、コレクションを探します。

 

こんな感じに今まで保存して来た写真が一覧で表示されます。

 

自分が行きたい場所、撮ってみたい場所なんかを自由に保存できます。

 

 

それぞれフォルダも合わせて作れるので、グルメ、撮りたい物、行きたいところと分けれます。

※写真を一部インスタグラムより引用しています。

素晴らしい写真の投稿ありがとうございます。

 

 

アカウントさえ作ってしまえば保存することも可能です。

 

 

そういやどこいきたいんだけっけ。

あれどこにあるんだっけ。

 

忘れてしまいがちですが、これならいちいち検索する必要も無くなります。

 

Instagram

Instagram

  • Instagram, Inc.
  • 写真/ビデオ
  • 無料

 

②RETRIP

 

f:id:shinyboy:20190825165228j:plain

 

 

旅行キュレーケションメディアと題したサイトです。

 

主にテーマ別にまとめた記事が沢山投稿されていて、非常に見やすいサイトになっています。

 

 

例えば「関東グルメ」などと入れると、そのまとめ記事がずらりと出てきます。

 

勿論検索しなくても新規投稿順に記事が沢山出てくるので、面倒な方はまずその投稿を見ていきましょう。

 

 

みながらあれこれってとなった記事があって、びびっときたらビンゴ! 

そこがあなたの旅行先になります

 

ただしこのサイトには、注意点があります。

 

 

ありえない行程が組まれていることがある⁈

 

 

例えば海外旅行などで、飛行時間などの目安が親切に書かれています。

 

初心者に向けたデモ観光ルートなども合わせて書かれています。

 

 

しかし!

一部記事には間違えがあります

 

 

中には到底行くことができないような、不可能な行程表も混じっています。

 

私自身同じ場所を訪れて、似たような旅をしたのもあり違和感を感じました。

 

 

実際他のサイトや口コミなどでもそういった内容の投稿を見かけます。

あくまでも旅の目安にしてください

 

勿論私もたまに利用させて頂いていますので、アンチでこういうのを書いているわけではありません。

 

 

しかしに慣れていない人程、こうした投稿を信じてしまうケースが多いです。

実際に行く際は、自分でルート、飛行時間などを検索してから旅へ行きましょう。

 

 

③とらべるこ

 

f:id:shinyboy:20190811093457j:plain

 

 

最近TVCMでも放送されるようになった、旅行総合サイトです。

 

 

主には航空券をはじめとした、宿泊などを予約するサイトです。 

大手旅行サイトをはじめとした、各サイトの最安値を引き出してくれることで有名です。

 

 

そんな予約サイトでもありますが、その中にとらべるこまとめという記事があります。

 

旅のプロの口コミを活用して、いろんな都市内容をまとめられた記事があります。

 

 

RETRIPと似ている部分は有りますが、またちょっと違った視点で書かれています。

ひいきするわけではありませんが、こちらの方が正確な情報が手に入りそうです。

 

 

ここで見ていいなと感じたらビンゴ! 

そこがあなたの旅行先になります

 

思い当ったらそのままサイトから予約できるのも、このサイトの特徴です。

 

 

上記3つのサイトを確認することで、行き先をだいぶ絞ることができます。

 

友人から旅話を聞いて決める

 

f:id:shinyboy:20190901152003j:plain

 

 

交友関係をつてに旅行先を決めるというのもひとつの手です。

 

歳を重ねるにつれてコミュニケーションを兼ねて、世間話の中からあそこいこかなと決める人が多いと思います。

※勝手な想像です。間違っていたらすみません。合っていたら同意して下さい。

 

 

誰かの体験談を聞くことによって、じゃあ自分が行った場合の想像がしやすいです
それがしっくりぴったりこれば絶対行きたくなるはずです。

 

 

また実際に行った時の感想注意点おすすめスポットなども直に聞くことができます。

 

旅行の計画も1から決めるより断然情報があった方が楽です。

 

 

私も友人からの刺激で実際に旅に出たり、はたまた旅で使うツール(カメラ、旅用品等)を買ったりしました。

 

原始的ではありますが、聞くのも1つの手段として使ってみてください。 

 

本屋に行って決める

 

f:id:shinyboy:20190901152306j:plain

 

 

最後は最もアナログな方法、近くの大きな書店に行き、行先を決めるという方法です。

 

本屋さんに行くと旅行コーナーが必ずあり、だいたい最初に目につくのが「るるぶ」「まっぷる」

 

 

勿論それを1冊丸ごと読むのはいいですが、各県や国ごとで見るのが大変!

 

そんなメンドくさがりなあなたへ向けて、オススメする本があるのです。

 

この本を見れば日本、海外問わず自分の行きたい場所がきっと見つかるはずです。

 

オススメの本はこの2冊