“Tabigraph タビグラフ”

沖縄県宮古島 宮古ブルーと沖縄グルメを求め旅をする 写真で巡る2泊3日擬似旅行を体験 1日目

スポンサーリンク

スポンサーリンク

沖縄県宮古島 宮古ブルーと沖縄グルメを求め旅をする 写真で巡る2泊3日擬似旅行を体験 1日目

 

 

今回記事でご紹介するのはリゾート地でもある沖縄県宮古島です。

 

宮古ブルーと呼ばれるぐらい透き通った海。

 

1番売りでもある自然が堪能できます。

 

そんな宮古島を写真で紹介しながらこの記事を通して擬似旅行を体験してもらおうというのが今回の記事の趣旨です。

 

実際に私が行った同じ期間の2泊3日間を想定して今回の記事を作成しています。

 

3日間に分けて紹介していきまして、今回は1日目の様子です。

 

こんな方にはこの記事がおすすめです。 

  1. まだ宮古島に行ったことない人
  2. 来年以降宮古島へ行こうかなと計画している人
  3. そもそも旅行に行きたいけど行けない人

 

是非この機会に、写真で宮古島を擬似旅行体験してみませんか?

 

私も今年初めて訪れた宮古島初心者なので、初心者目線で読んでもらえると参考になります。

 

 

 ※好きな項目へクリックして飛ばし読みもできます。

 

 

沖縄県宮古島 宮古ブルーと沖縄グルメを求め旅をする 写真で巡る2泊3日擬似旅行を体験 1日目

沖縄県宮古島 宮古ブルーと沖縄グルメ

あなたを沖縄県宮古島への擬似旅行へお連れします。

 

まるでほんとうに沖縄県宮古島に行った気になれるそれがこの記事の目的です。

 

では早速2泊3日間の宮古島への旅に向かっていきましょう。

 

 

沖縄県宮古島へ向けて空港から飛行機に乗ろう

名古屋ー沖縄 宮古島 全日空ANA329 搭乗口

 

さて保安検査場も通り抜けたし早速飛行機へ乗って行こう!

 

沖縄宮古島への直行便のANAへ。

 

約3時間のフライトへレッツゴー!

 

全日空ANA329へ乗ってみた自己評価について

 

機内食はないので爆睡。

 

飛行機からの宮古島の海

 

あれ?気づいたらまた海の上。

 

飛行機からの宮古島の宮古ブルー

 

でも海の綺麗さが全然違うぞー!

 

気づいたら宮古ブルーを見ているのでした。 

 

宮古空港へ到着 レンタカーを借りて島内を散策へ

宮古空港へ到着 レンタカーを借りて島内を散策へ

さて今回ユア・アイレンタカー宮古島店さんで予約していて、空港からレンタカー屋さんへ。

 

意外にも遠く空港から送迎で15分ぐらいで到着。

 

受付をして車を借りたら、早速お腹が減ったのでご飯へ!

  

宮古島へ来たら迷わず丸吉食堂ソーキソバ食べよう

「丸吉食堂」宮古島

 

レンタカー走らせて10分程度で「丸吉食堂」さんへ到着。

 

腹ごしらえに沖縄名物ソーキそばでも食べましょうね。

 

宮古島 丸吉食堂のメニューついて 

 

メニューも4択だしシンプル。

 

当店人気ナンバー1とか書かれたら絶対それにしてしまうよね。

 

宮古島の丸吉食堂の「ソーキそば」はボリューム満点で絶妙な味加減!

 

ということで人気ナンバー1のソーキそば登場!

 

うまそう!いただきます!

 

じっくり煮込んであるお肉が美味しい。そばとスープも絶妙な感じで良い!

 

あっという間に完食。

 

丸吉食堂の食後にはアイスがもらえる

 

デザートの黒糖アイスキャンデーももらえるからいいね。

 

知覚過敏とか硬いのなかなか食べれない人は少し苦労するかも…。

 

でも美味しいんだよ!

 

 

宮古島観光スポットのひとつ伊良部島へ

宮古島観光スポット伊良部大橋へ

 

さてご飯も食べ終わったことなので、宮古島にあるのいくつかの島を巡って行こう。

 

そして1番人気なのがこの伊良部島。

 

よく宮古島紹介の際にここの写真は使われるよ。

 

日本最長の無料道路として有名なのもあるよね。 

 

宮古島観光スポット伊良部大橋へ

 

残念ながらマナー違反の人が多いことや交通渋滞にもなるのが原因で、橋の真ん中で車を停車させて撮影するのができなくなったんだよね。

 

それ期待していただけに残念。

 

だから橋に乗る前にある駐車スペースに停めて、撮影するしかないんだよね。

 

でもこれでも十分綺麗!

 

 

牧山展望台から見る伊良部大橋はきれい

牧山展望台から見る伊良部大橋はきれい

 

さて伊良部大橋も渡って伊良部島へ到着。

 

せっかくなら伊良部大橋を綺麗にみたいなってことで、少し走ったところにある牧山展望台へ向かうよ。

 

空から撮るとこんな感じに宮古ブルーに囲まれたすごく綺麗な写真が撮れるみたい。

 

ハイビスカス

 

展望台に行く途中には、沖縄ならでよく連想するハイビスカス。

 

私は沖縄=ハイビスカスを知ったのは、パチンコの「海物語」を打った時に知ったよね。(笑)

 

牧山展望台看板

 

伊良部島は割と大きく、LCC専用になるけど下地空港という空港もあるよ。

 

観光名所は多めになってる。

 

牧山展望台

 

さて牧山展望台へ到着。

 

地味に階段があるからちょいとしんどい。

 

牧山展望台から見る伊良部大橋

 

おー!登ったら絶景が見れたよ!

 

宮古ブルーに囲まれた中に日本最長の無料道路の伊良部大橋。

 

上から見なくてもここからなら綺麗に見えるね。

 

天気がいいとより良く見えるんだろうな、今日は少し雲がかかってるからね。

 

ここは記念撮影におすすめスポット!

 

 

伊良部島にある半円形のビーチ 「カヤッファ 中の島ビーチ」へ

伊良部島にある半円形のビーチ 「カヤッファ 中の島ビーチ」へ

 

さて次は島の左部分へ車を走らせていくよ。

 

そうしたら急に車が多い場所が出てきてなんだろと思ったらビーチ発見。

 

ダイバーさんが多かったことから潜る人用の場所?かなと思ったけど、停車させて見にいくことにします。

 

降りていくと陽気なビーチ管理人?のおじさんが大声でなんか叫んでるよね。(笑)

 

名物の人かな?

 

伊良部島にある半円形のビーチ 「カヤッファ 中の島ビーチ」へ

 

ビーチ自体は円形型で波も高くない比較的穏やかなところ。

 

水も透き通っていて海水浴にはもってこいな感じ。

 

お子さんでも平気そうな浅瀬だからファミリーにもいいかもしれない。

 

伊良部島にある半円形のビーチ 「カヤッファ 中の島ビーチ」へ

 

ただ綺麗だけど撮るものが正直少ないから、こんな感じに撮ったり。

伊良部島にある半円形のビーチ 「カヤッファ 中の島ビーチ」へ

 

こんな感じに撮ったり。代わり映えないね。(笑)

 

伊良部島にある半円形のビーチ 「カヤッファ 中の島ビーチ」へ

 

向こう側には小型の船がいるからあのあたりはかなり深いんだろうなというのは感じた。

 

だから奥の方に行く際は注意必要だね。

※確かロープは貼られてたと思う。

 

 

下地島空港近くにある飛行機が見える17END

下地島空港近くにある飛行機が見える17END

 

さて中の島海岸からさらに奥北へと向かっていくよ。

 

本当なら観光として「通り池」という場所にい行くんですが、あえて池は寄らずにいきます。

 

池を正直どこでも見れるからね。(笑)

 

下地島空港近くにある飛行機が見える17END

 

さて17ENDに到着。

 

ここも変わらず宮古ブルーが見えるので嬉しい。

 

下地島空港近くにある飛行機が見える17END

 

この先が17ENDと言われる場所です。

 

とここまできて気づいたのだが、飛行機が下地空港に着陸する姿を見たいのだが肝心の飛行機の時間を見ていない。

 

さて検索するか…。

 

1時間後だ…。

 

こうならないように事前に飛行機の着陸する時間だけ検索しようね。

下地島空港

 

意地でもと思って撮った下地空港。

 

フェイスの外からじゃ余計に寂しさを感じるね。

 

 

休憩は島にあるカフェがおすすめ ホテル併設のsoraniwa(そらにわ) へ

soraniwa(そらにわ) 宮古島の伊良部島

 

がっかり気分で17ENDから帰ってくる途中に行く時に気になっていたカフェがあったのを思い出す。

 

時間的にちょうどコーヒーでも飲みたいなと思っていたし、そこを目指していくことに。

 

ここはホテルが併設されている島のカフェ、soraniwa(そらにわ)さんです。

 

ソラニワホテルアンドカフェは宮古島の綺麗な景色見ながら食べれるのが売り

 

屋内の席は2階席からだと外の風景を綺麗に見えるけど、満席。

 

どうせなら屋外テラス席で自然を感じよう。

 

ソラニワホテルアンドカフェ 島豆腐ティラミスとアイスコーヒー

 

もちろんご飯はあるけど、ソーキそば食べてたしアイスコーヒーと島豆腐ティラミス。

 

島豆腐だしそんなティラミス感ないんじゃないの?

 

そう思って食べたら大間違い、もうほぼケーキのティラミスと変わらないよね。

 

 

絶景の海を堪能できる与那覇前浜ビーチへ

絶景の海を堪能できる与那覇前浜ビーチへ

 

さてお次は島本土に戻って島の左側へ行きます。

 

東洋一の美しさで知られている「与那覇前浜ビーチ」へ行きます。

 

あいにくの天気というのもあり、どのあたりが東洋一の美しさかわからなーい。

 

ほんとはめちゃくちゃ綺麗なんだろうな…。

 

絶景の海を堪能できる与那覇前浜ビーチへ

 

仕方ない、貝殻でも撮ろう。

 

割と綺麗に撮れて満足。

 

絶景の海を堪能できる与那覇前浜ビーチへ

 

さっき見れなかった飛行機がここで見れたよね。

 

これは宮古空港行きの飛行機だね。

 

絶景の海を堪能できる与那覇前浜ビーチへ

 

実際海の綺麗さは半端ないね。

 

マリンスポーツもここで楽しめてジェットスキー、フライボートも楽しめるよ。

絶景の海を堪能できる与那覇前浜ビーチへ

 

あれはバナナボート的なやつかな?

 

おもしろそうだね、ちょいと海入ったら冷たいだろうけど。

 

奥には来間大橋が見えるね、後ほどあそこを渡ろうかね。

 

 

与那覇前浜ビーチから見える橋を渡って来間島の竜宮城展望台へ

竜宮城展望台へ

 

され東洋一のビーチを逆から見てみようではないかということで、来間島にわたり反対側の展望台から見てみよう。

 

ちょうど「竜宮城展望台」という海を見るにふさわしい展望台があった。

 

ハイビスカス

 

でたでた、ここにもハイビスカス。

 

これ見るだけで元気出るのは私だけ?

 

竜宮城展望台からの景色

 

展望台に上がると見えたよ、東洋一のビーチ。

 

いや遠すぎる。(笑)

 

でもここからの景色もかなりいいね、雲があつくなってきたから綺麗さが減ってるけど…。

 

竜宮城展望台からの景色

 

これはずっと見てられる風景だね。

 

家の目の前がこの風景なら最高。

 

 

宮古島の思い出にハンドメイドアクセサリーUTATANE

 

同じ来間島にあるアクセサリー屋さんにも寄ってみた。

 

沖縄らしいアクセサリーからシルバーを使ったシンプルなアクセサリーまでたくさん。

 

迷ってしまって結局やめてしまった、買えばよかったなと沖縄から帰ってきてから後悔したよね。

 

 

観光も買い物も楽しめるホテルライジングサン宮古島へチェックイン

ホテルライジングサン宮古島 外観

 

本日の宿「ホテルライジングサン宮古島」へ到着。

 

題名通り観光も買い物そしてグルメも楽しめる島の中心にあるホテル。

 

人気も高く即予約。

 

ホテルライジングサン宮古島のダブルルームのお部屋 

 

部屋の電気がついていないかっら暗いけど、広々してて快適。

 

ホテルライジングサン宮古島の部屋からの景色

 

これは翌朝の風景だけど、このホテルがこの周辺で1番高いぐらいかな。

 

白い建物ばかりで綺麗。

 

宮古島で飲み歩きするために西里通りへ

 宮古島の飲み屋街

 

さてとせっかく宮古島きたなら飲みたいよね。

 

ということで宮古島飲み屋街でもある西里通りへ。

 

ホテルから歩いて20分、普通に歩いて行ったよね。

 

代行運転頼むとかめんどくさいし、行き帰りタクシーとかリッチすぎる。

 

 

西里通りにある「うまりずま」へ

沖縄宮古島で行って欲しいおすすめの居酒屋「うまりずま」

 

おすすめでよく出てきていた「うまりずま」さんへ。

 

沖縄民謡も時間によっては聞けるけど、時間帯早いし飛び込みだからサクッと。

 

沖縄宮古島で行って欲しいおすすめの居酒屋「うまりずま」珍味の盛り合わせ

 

珍味すぎて本土では絶対食べれないものばかり。

 

強烈なのは右上の赤いやつよね。こいつは強敵だ。 

 

沖縄宮古島で行って欲しいおすすめの居酒屋「うまりずま」

 

オレンジの魚や!と出てきたグルクンのからあげ。

 

白身魚でうまうま、酒が進む。

 

 

西里エリアにある「あかがーら」

沖縄宮古島で行って欲しいおすすめの居酒屋「あかがーら」

 

はしごしたかったから次の店へ。

 

今度は沖縄の三線聞きたかったし、時間帯狙って「あかがーら」さんへ。

 

沖縄宮古島で行って欲しいおすすめの居酒屋「あかがーら」

 

お!やってるやってる!三線使ったライブしてるぞー!

 

いいね島唄とか1番盛り上がるよね。

 

まあでもコロナ対策だから手拍子だけ。

 

沖縄宮古島で行って欲しいおすすめの居酒屋「あかがーら」イカ墨焼きそば

 

そうしたらおすすめされてたイカ墨焼きそば登場。

 

これうまいね、沖縄らしいのかは不明だけど美味しい。

 

ライブ堪能できたし1日の観光もかなりできたね。

 

さて部屋に帰って寝よう、おやすみなさい。

 

 

沖縄県宮古島で擬似旅行の体験で行った場所について
 

今回は擬似旅行を体験するということで、少し言葉をフランクな感じで書いてみました。

 

いつもは丁寧な口調だとフランクに書くのは難しいですね。

 

というか擬似旅行というより私が行った旅行感になってしまいました。(笑)

 

じゃあ最後に1日目に擬似旅行で行った観光地、お店などを具体的に紹介していきます。

 

沖縄県宮古島の擬似旅行の体験1日目に行った観光地・お店について

 

中部国際空港

⬇︎

ユア・アイレンタカー宮古島店

⬇︎

丸吉食堂

⬇︎

伊良部大橋

⬇︎

伊良部島 牧山展望台

⬇︎

伊良部島 中の島ビーチ

⬇︎

伊良部島 17END

⬇︎

伊良部島 そらにわカフェ

⬇︎

与那覇前浜ビーチ

⬇︎

来間島 竜宮城展望台

⬇︎

来間島 アクセサリーショップ utatane

⬇︎

ホテルライジングサン宮古島

⬇︎

西里通り うまりずま

⬇︎

西里通り あかがーら

⬇︎

ホテルライジングサン宮古島

 

 

沖縄県宮古島1日目は名所を回りながらグルメを堪能

沖縄県宮古島1日目は名所を回りながらグルメを堪能 

沖縄県宮古島へ行った気になれる擬似旅行をテーマに、今回の記事を書いていきました。

 

コロナウイルスで旅行が自由にできなくなりつつある今。

 

あえて今まで行った場所をこのように紹介して、旅行へ行けていない人へ行った気に少しでもなってもらえるようにという思いがあります。

 

旅行は様々なことを与えてくれます。

 

感動、笑い、悲しみ、嬉しみなど。

 

こうしたひとつひとつの体験を伝えるには1番はこの形かなと私は思っています。

 

また2日以降もお楽しみください。
 

 

soraniwa(そらにわ) 宮古島の伊良部島にある綺麗な景色を見ながら食事できるカフェへ行ってみた【食レポ】 - “Tabigraph タビグラフ”

 

ホテルライジングサン宮古島 観光も買い物も楽しめるホテルへ宿泊してみた【宿泊レビュー】 - “Tabigraph タビグラフ”

 

沖縄宮古島で行って欲しいおすすめの居酒屋「うまりずま」と「あかがーら」を紹介【食レポ】 - “Tabigraph タビグラフ”