“Tabigraph タビグラフ”

“Tabigraph タビグラフ”

旅とカメラをテーマに、会社員が世界を巡る

ちょっとした休日に羽を伸ばしてみませんか?名古屋から1泊2日で行ける国内旅行を紹介

週末ちょっとだけ非日常を感じたいなと思ったことありませんか?

 

実は愛知県から1泊2日(土日祝日等)で行けるところがあなたが思っている以上にあります。
ちょっとした時間にあなたの休日を充実させてみませんか?
そんなあなたに観光及びゆっくりできるオススメの1泊2日の旅先を一挙ご紹介します。

 

 

新幹線と風景

だいたい愛知県を起点にどこまで行けるか、現実的な距離と時間を含めてリストアップしました。
今回は以下の3項目で絞っての紹介です。

旅の前提状況

・スタート拠点は名古屋発

・朝も苦痛なく動ける午前9時から戻りが翌日に差し支えのない午後20時を目安

・交通移動も片道3時間以内

 

その都道府県内で一番遠くに行ける観光地のある駅名を記載しております。 
※場合によってはもう少し遠く近くまでしか行けない事もあります。


鈍行列車、特急列車などの電車で行ける場所(新幹線除く)

東から西

・静岡(静岡駅)

・長野(長野駅)

・福井(JR福井)

・岐阜(高山)

・三重(賢島)

・滋賀(大津)

・大阪(天王寺)

・京都(京都)

・奈良(奈良)


新幹線で行ける場所

東から西

上記場所プラス

・東京(離島除く)

・群馬(高崎)

・神奈川(箱根湯本)

・石川(金沢)

・兵庫(神戸)

・岡山(尾道)

・広島(宮島口)

・香川(高松)

 

おおよそこのような感じになります。
車はその人の運転技量もありましたので、今回は省かせて頂きます。
またバス及びフェリー等も除外させて頂きました。

上記で上げた場所の中で、私独自の判断でピックアップしましたおすすめスポットトップ5を一挙紹介します。

採用の仕方としてズバリ「観光+ゆっくり」両方が両立できるところを目安にしております。

〜NO.5 大阪府〜

通天閣

海外の旅行者は、絶対ここを外さないといわれている大阪府。

今では海外の旅行者がいないところなんてないぐらい、必ず来る場所としても有名です。
大阪城のシンボルと共に王道は道頓堀周辺グリコの撮影スポットをはじめ、飲食店、アパレル店が軒を連ねています。
グルメに関してはたこ焼き、お好み焼き、串カツとバラエティ豊富。
アパレル店なども最新のトレンド店が多数あります。

また少し電車に乗れば、有名テーマパーク「ユニバーサルスタジオジャパン」もあり何でも揃っています。
日本人でも王道といえる場所です。 

〜NO.4 石川県〜

兼六園

今やアジア圏からの玄関口にもなりつつある石川県。

石川県と言えば数年前に新幹線が開通したことで、一躍脚光を浴びたことで有名です。そして新幹線の玄関口といえば、そう金沢市です。

駅周辺は最新のビルが立ち並ぶ中、少し足を延ばせば日本三大庭園の兼六園、またお隣には金沢城などもあります。

京都の次ぐらいに和を感じることができる場所と言えるぐらい、街並みも景観が損なわれないように綺麗に残されております。

 一時期のブームは過ぎ去ったといわれていますが、まだまだこれからの場所でもあります。

〜NO.3 兵庫県〜

神戸ポートタワー

海外へ来た雰囲気を味わせてくれる兵庫県。

特に兵庫県の中で、代表な場所といえば神戸市
市内はどちらかといえば洋風をイメージした建物が多く、訪れるとなんか少し海外へ来た気分にもなれます。

海沿いに出れば、神戸ハーバーランド、付近に神戸ポートタワー、海沿いへ行く途中には神戸南京町など観光地は沢山あります。

ファッション関連も早くに取り入れている傾向があり、買い物も最先端を走ることができます。

飲食もご当地モノも多く、神戸南京町での中華、明石焼き、「老祥記」の豚まん、そばめしなどいろいろあります。

日本三大夜景の六甲山もここ兵庫県にあります。

〜NO.2 広島〜

宮島
日本の代表格である、日本三景の所在地の広島県。
なんと言っても広島といえば厳島神社が代表的な県です。

グルメに関しては広島焼き、もみじ饅頭、牡蛎、あなごなど様々なご当地物があります。
中心街は路面電車が走る少しレトロな雰囲気がありつつも、活気のある繁華街が非常にあります。 

郊外に出れば、猫で有名な尾道やデニムで有名な児島などまた一風変わった楽しみ方ができるのも魅力のひとつです。

〜NO.1 京都府〜 

清水寺

NO.1はやはり海外からも注目度NO.1旅行者の王道である京都府。

なんと言っても日本の和を最も感じることのできる場所として、一番に挙げさせて頂きました。
京都市内には、王道の金閣寺清水寺二条城など有名どころが沢山です。
また京都府の上部に行けば、日本三景の天の橋立へ行くこともできます。

和を感じつつも中心街へ足を運べばファッションをはじめとするデパートや最新の飲食なども揃っており、トレンドに乗っかることができます。 

ご当地グルメは、にしんそば、豆大福、湯豆腐、千枚漬けなどがあります。
そして意外にもラーメンの有名店「天下一品」の本店がここ京都にあります。

観光は王道のお寺巡りをしつつ、疲れたらお茶屋などで休む。
そんなことが一番可能な京都が栄えある第一位です。

番外編

おしくもトップ5には入らなかったけど、紹介したいところを載せました。
個人的なランキングでもありますので、ご了承の程お願い致します。

東京都

 

海外の方が日本といえばで必ず出る場所、東京都。

 

買い物をはじめグルメなどすべてが最先端ですべてのジャンルが揃っており、何かあれば東京に行けば大丈夫というぐらいです。

どちらかといえば人の多いイメージもありますが、郊外に出ればきちんとゆっくりできる場所もあります。

 岡山県

 

広島のお隣の県の岡山県。

ランクインならずでしたが、倉敷美観地区や黒田官兵衛のゆかりの岡山城など和のテイストの場所が多いです。

またグルメもホルモン焼き、鳥皮丼、きびだんごなど非常においしいものが沢山あります。

岐阜県

 

愛知から近場で同じ東海三県の岐阜県。

 

そんな岐阜県には三大温泉のひとつの下呂温泉に、小京都といわれている高山市と和に溢れた県です。
海なし県としても有名ですが、岐阜県ならではのラフティングによる川下りなんかもできます。

 まとめ

いかがでしたでしょうか。
今後の皆さんの旅行をする上で、参考になれば大変嬉しいです。

また再度お伝えをしますが、あくまでの上記ランキングは個人的に良いと感じた場所をランキングして物になります。

どこの都道府県がいまいちとかいいとかといったことは一切ありません。

その土地によって風土もあり、それがまた旅の醍醐味です。

ぜひ今度の週末に出かけられてはいかがでしょうか。

 

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

 


旅行・観光ランキング